忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お待たせしました♪
第二巻/21:00と第三巻/シースルーナイトが
明日から配信されるそうです。

第二巻には、<うたかたの夢><21:00>が収録されています。

表紙はコレ!

あらすじ
第3話 うたかたの夢 あの蝉時雨に包まれた夏の夜はまだ終わっていなかった。
蝉時雨の降るジャズライブからの帰り道。初めて出会った黒衣の男性にパンティを奪い取られた祥子は、誰にも言えないままひとり夜更けの地下鉄で帰ることに。車内では見知らぬ二人の男性からの更なる辱しめが待っていたのです。
第4話 21:00 夜の美術館で同じ作品に興味を引かれて出会った好みのタイプの男性はカメラマン。抗えない声の魅力に祥子は次第と引き返せない羞恥とへと追い込まれてゆくのです。新しい男性との淑やかな時間が美術館の閉館と共にはじまります。
祥子を前に高ぶってゆく男性の牡の本能と、抗えないままのぼり詰めてゆく祥子の官能を女性の言葉で語り尽くす、話題の第二巻。


第三巻には、<過ぎし日の残り香><シースルーナイト>が収録されています。
プラス書き下ろし<モノクローム>

表紙はコレ!

あらすじ
第5話 過ぎし日の残り香 以前の会社の元上司からの突然の電話。和やかなはずの個室ディナーは元上司の差し出した写真と言葉で次第に淫らな空間へと変えられてしまうのです。
第6話 シースルーナイト 16歳年下のセフレは若くても祥子の身体を知り尽くした男。元上司の行為にショックを受けた祥子は憂鬱な気分を変えたくて年下のセフレにメールをします。「お願い今夜逢いたいの」と。その1通のメールが予想もしない羞恥と恥辱を呼び込むことになると思いもせず。
プレゼンテーションのために選んだ上質な透けるシルクを重ねたワンピースが、祥子の一夜をセンセーショナルに変えてしまうのです。
オペラピンクのランジェリーに登場した3人の男性が登場する書き下ろし短編―モノクロームを含む待望の第三巻。


今回は、どちらの巻も随分加筆修正しています。
アップ当時にはなかったいろいろな変化を踏まえたり、もっと淫らにしたり。
ぜひお手に取ってごらんになってください。

配信先は以下の通りです。
オペラピンクのランジェリーをお求めになられた方は、同じ書店に並ぶと思いますのでそちらから探してみてください。
書名:21:00 シースルーナイト
著者名:加納祥子
出版社:アットマーククリエイト

で検索をしていただけるとHITします。

明日から配信予定
 ケータイ恋愛小説pink
 ケータイノベルズ
 TOP BOOKS
 いまよむ for Android
 Mobi-book
 BOOKSMART Powered by Booker's
 BOYS倶楽部
 どこでも読書
 エルパカBOOKS
 honto電子書籍ストア

月末から配信予定
 コンテン堂
 ひかりTVブック
 紀伊國屋BookWebPlus
 GALAPAGOS STORE
 セブンネットショッピング
 漫画全巻ドットコム
 NEOWING
 BookPlace
 BookLive 読むコレ
 ブックパス
 SonyReaderStore

よろしくお願いします。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ × [PR]