忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
9 8 7 6 5 4 3 1
21 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バーの階段は急で、強い3杯のお酒をいただいたわたくしは少しふらついてしまったんです
「あっ・・・」手すりを掴もうとした手を髪を撫でた男性に取られ、そのままキスされてしまいました
「危ないね 酔ってるんだよ」指を愛でていた男性は背後からわたくしのお胸をやわらかくその手で包み込むのです
「いやぁ・・・」車の手配をしていた男性が階段を上がって来て・・・スカートのスリットから入れた手でわたくしのお尻を掴まれたときは、思わず・・・キスの合間から思わず細く声を上げてしまいました
「ここがいい?それとも僕たちと一緒に来るかい?」
いつ誰が入ってくるか・・・帰ろうとするお客様がいるかもしれないバーの階段でなんて  わたくしは唇を塞がれながら首を縦に振る事しかできませんでした

  
バーの外にはハイヤーが待っていました
慇懃な運転手にドアを開けられてわたくしは二人の男性の間に座らされました
「いつもの部屋に行く」そう3人目の男性が運転手に告げると、静かに車は走り出しました

「祥子さんでしたね もっとリラックスしたらいいのに さっきみたいに」そういって髪を撫でていた男性はわたくしのお胸を・・・さきほどの愛撫でもう堅くなりはじめた先を手のひらで押しつぶすようにするのです
「声が聞きたいのに 黙っちゃったね どうしたの」わたくしの指を愛でていた男性はそのすべすべした手をスカートの奥にひそませてガーターストッキングの上の太ももに触れて・・・微妙な力加減でわたくしの脚を開せて指でTバックのラインを奥へとなぞるのです
「もうこんなにして はしたないね」そう言って彼にわたくしの愛液で濡れた指のニオイをががれ目の前で指をしゃぶられて味を批評され、Tバックを食い込まされて
「いや・・・こんなところでしないで・・」運転手の目を気にして小声で抵抗するわたくしに
「彼が気に入ったなら一緒に来てもらってもいいんだよ」と助手席の男性が運転手の肩をたたきながら言うのです「4人の男に可愛がられてみたいのかい?」
「おねがい 止めてください 許して・・・んぐぅぅ」
わたくしの哀願の声をキスで塞ぐ様にして車はホテルの地下駐車場に入ってゆきました

ホテルのエクゼクティブフロア専用のエレベーターの中から激しい愛撫は始まっていました
3人の手が唇が同時にわたくしの身体に襲いかかるのです
「ここのエレベーターはセキュリティがしっかりしているから」 「そうだね シースルーエレベーターじゃなくて祥子さんは残念かもしれないけれどね」 「そうじゃないから ほらもうこんなに感じるほど僕らに嬲られているんだ うれしいだろ」口々にそう言いながらTバックを引き上げられてわたくしははしたなく喘いでしまいました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]