忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
11 10 9 8 7 6 5 4 3 1
24 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「はじめてなんですね いや意外でした こんな熟した身体なのにもったいないな」いつの間に持って来たのか冷たいローションがわたくしの狭間に・・・滴り落とされました
「いやぁあ・・・」 「大丈夫ですよ 無理に痛くなんてしませんから 祥子さんとはこれきりじゃないでしょう 時間をかけてゆっくり柔らかくしてあげますからね」ほとんど抵抗がなくなった男性の指が一本アナルに滑り込んできたのです
「あぁぁぁ・・・・だめぇぇぇ」思わず出てしまった声はいままでよりも一段高い声のトーンになっていました
「よかった 感じてくれているんですねぇ祥子さんは ゆっくり動かしますよ」男性の指がゆっくりと深く浅く抜き差しされるんです 「だめですよ 力を抜かないと・・・そう・・・そんなふうに いやらしい喘ぎ声を上げるんです 力がぬけますから もっと」 「あぁぉぁ・・・はぁぁん・・・」「ほぉっさすがですね 祥子さんは 綺麗ですよアナルの中まで」指をするっと抜き出して眺めた男性がほかの二人にまで指を差し出すようにして言うのです 「いやぁぁ おっしゃらないで・・そんなこと」
「ああ 綺麗ですねぇ なかなかそこまで嗜みのいい女性もなかなかいませんからね どんなに着飾っても ふふふ」 すべすべした手の男性がわたくしの顎に手をかけ顔を男性のほうに向けわざと視線を合わせる様にしてそう言います わたくしは・・・羞恥心に視線をそらせることしかできませんでした

「僕も祥子さんの声にそそられているんですよ そろそろ僕のことも楽しませてくれますよね」そらせた視線の先の男性はわたくしにボクサーパンツだけの引き締まった身体を晒していました 既に大きく立ち上がったものを顎を上げたわたくしの前に差し出したんです
「先ほどからその唇がね 僕を誘うんですよ さあ」
「ちょっと待ってくれないか」背後の男性がそう言うと ぬっと2本の指をアナルに予告もなしに差し入れたんです  「はぁぁぁ・・・・いやぁぁぃぃぃぃ・・・」 「柔らかくなりましたね すっと飲み込みましたよ 僕の太い指を2本とも 祥子さんのアナルはふふふ」
「いけないやつだな 初日からそんなことをして でも止めてくれてよかったよ 唇を楽しんでいて噛み切られるのはいやだからね」そういうとはじめての刺激にもだえるわたくしの唇をすべすべした手の男性のものが犯しはじめたんです
「むぅぐぅぅ・・・ぴちゅぁぁ・・・あぁぁぁ・・・」わたくしのはしたない唇と舌はたくましく大きいものに触れさせられて まるで別の生き物の様に動きはじめてしまいました
「お上手ですね その姿では頭を動かすことができないでしょうから少し乱暴ですけれど我慢してくださいね」両手を後に引き上げられて戒められたままのわたくしの頭をその手で掴みゆるやかに・・でも確実に前後させるのです
「いいですね 唇と舌が別々に動いて アナルを指で犯されながらの口戯とは思えないですね 美味しいですか・・・祥子さん」はじめての圧倒的なアナルへの快感に蕩けている理性を頭の上からの声が揺り動かします 喉奥までおおきなものを差し入れられ答えることもできないことを承知で男性はわざとわたくしに質問をするのです
「美味しいみたいですね 喉と舌がそう動きましたよ ああ素敵だ」そういいながらわたくしの唇から男性自身を抜き 上半身を持ち上げて顔をそむけることすら出来ない様に両手でつつんで視線を合わせながら囁く様に・・・「キスが美味しいはずです 祥子さんは唇も性器なのですからねぇ」
「いやぁぁぁ・・・」
「さぁ 僕のも一緒にその唇で味わってもらおうか」髪を愛でていた男性の熱く堅いものも同時に顔の前に差し出されたのです 「2本一緒に舐めるのもはじめてかな 祥子さんは」
「はじめてですぅぅ・・・ゆるしてぇぇ・・あぁぁぁ」 「いや祥子さんの口は名器だからねぇ 君も満足できるとおもうよ」 唇につきつけられる2つの熱い固まりに舌を這わせるしかありませんでした
「舌が厚くてやわらかくて ん・・・いい感触ですよ 祥子さん 唇の奥まで感じたいものですね」  「頼むよ 祥子さんの口を独占させてくれないか」最初の時と全く違う荒々しい仕草でわたくしの髪を掴んで隣の男性に言うのです
「ええ 僕は堪能しましたから どうぞ」すべすべした手でわたくしのほほを撫で微笑みながらすっと男性は身を引きました
同時にアナルを責める2本の指もすっと抜かれたんです 
「僕もシャワーを浴びてくるから ふたりで祥子さんを頼むよ」思わず腰を振ってしまうわたくしを眺めながら男性はローションに濡れた手をハンカチで拭いながらバスルームに消えていったんです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]