忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
1 2 3
28 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

14 2006 / 09
コン・コン・・・
「石塚様。下のパーティルームで皆様がお呼びです。」 ドアの外から先ほどのパーサーの声がいたします。そろそろ会もお開きなのでしょう。
「わかりました。すぐに下ります。ありがとう。」
その声は、石塚専務のお声でした。
「支度はできましたか?」
「はい。」 振り返ったわたくしの視線の先には、扉に向かったままで立たれた石塚さんの背中が見えたのです。
わたくしのお願いを聞いて、ずっと振り向かずにいてくださった・・大きな背中が。
「お待たせしました。」 わたくしはその背中に縋る様に寄り添ってお声をおかけしたのです。
「ありがとう、祥子さん。素敵だったよ。もっとずっと独り占めしたいが、もう岸につくらしい。また、逢ってくれるね。」
「ふふふ、わたくしでよろしければ。」
「ありがとう。じゃ、行こうか。」
「どうぞ、先に戻ってくださいな。わたくしは少し遅れてまいります。」
いや、かまわないのに・・・石塚さんの表情はそうおっしゃっておりました。でも、わたくしがなぜそう言うのか一番ご存知なのです。
「わかった。」 一言のもと頷かれると、竹上建設 石塚専務の表情で特別室の扉を開かれたのです。

祥子からの手紙ー15

わたくしが1階のパーティ会場に戻った時、石塚さんは段上でスポットライトを浴びてらっしゃいました。
「それでは、皆様のご発展を祈念いたしまして一本締めをさせていただきます。よぉーっ。」
パァン!! 会場全体に全員の手締めの音が響きました。

”日の出桟橋に着岸いたしました。スロープの用意ができるまで、いましばらくこの会場でお待ちください。“ 女声のアナウンスが流れます。
弦楽四重奏が低く奏でられるなか、石塚さんとお父様・お兄様の三人はパーサーに先導されてお見送りのために先に会場を出られました。
”それでは、出口に近い方から順にお進みください。”
80人近いお客様が、ゆっくりと花火とフレンチディナーに彩られたパーティ会場を惜しむように下船してゆかれるのです。
スロープにさしかかるところで、偶然にもわたくしのとなりに長谷川さんがいらっしゃいました。
黙って、隣を歩かれて・・・別れ際にわたくしの方を見ることもなく一言だけおっしゃったのです。
「必ず連絡する。待っていてください。」
そのまま、3人の部下の方達と先に進まれてゆきました。

わたくしは、人の流れに逆らわずにゆっくりとスロープを下りたのです。
一番下には、迎えて下さった時と同じ様に竹上建設のトップ3が並んでらっしゃいました。
「ありがとうございました。とても楽しかったです。」
そうご挨拶をして失礼しようとしたわたくしに握手を求める形で、石塚さんが思わぬ言葉を囁かれたのです。
「送れなくて申し訳ないが、祥子さんのための車を用意してあります。それで、帰ってください。」と。

わたくしのための車?
不思議に思いながら、ゲストハウスを出たわたくしはその意味をすぐに理解したのです。
そこには、セルシオと望月さんが待っていらっしゃったのですから。
PR
13 2006 / 09
最後のプログラムが迫っているのでしょうか。
一段と激しく華々しく上がる花火は、わたくしの理性を振り切って溺れさせる官能の深さを示しているかのようでした。
「はぁぁん・・いいのぉぉ・・・いしづかさぁぁん・・・あぁ・・しょうこ・・おかしくなるぅぅぅ」
「ああ 一緒におかしくなるんだ!祥子!!」
わたくしのむき出しの背中に石塚さんのワイシャツが多いかぶさり、両手が送り込まれ続けた淫楽に疼くGカップの二つの乳房を握りつぶすのです。
「逝くんだ!!祥子!」
グイ・・・引き上げられた上体は、石塚さんの塊をそのまま花びらの狭間を深く・いっそう奥まで責め上げたのです。
「やあぁぁぁ・・・・」
追い上げられ、あおのけた目の前の夜空にマグネシウムのプラチナの光の花が幾重にも乱れ開いてゆきます。
「あぁぁぁ・・い・・いっくぅぅぅ・・・」
耐えきれない快感に思わず瞑った瞼の中で・・・煌めく花火はその残像をわたくしの脳裏に焼き付けていったのです。
「んっ いくっ」
絶頂に硬直して締め上げつま先立つわたくしの蜜壷から塊を抜くと、石塚さんは白いヒップの丸みへと熱い・・粘液を迸らせたのです。

「祥子さん」 膝を付きそうになるわたくしを支えると、抱きしめるようにして特別室の中へと連れて行ってくださったのです。
花火の終わりに合わせる様に、この船は日の出埠頭へと動きはじめておりました。
まだ、上り詰めた余韻から抜け出せないわたくしは、半分脚をもつれさせるようにしてエアコンの効いた室内へと戻ったのです。
「これを使いなさい。」 わたくしに冷やされたおしぼりを数本渡すと、石塚さんは専用デッキに置いたままの二人の衣服を取りにいったのです。
おしぼりで・・・淫らな行為の後始末なんてできませんでした。持ってきたバッグからティッシュを出して、石塚さんの精液とまだ溢れているわたくしのはしたない蜜を丹念に拭ったのです。
白く濁る愛液は・・・わたくしの太ももをガーターストッキングを濡らすほどに滴っておりました。
冷たいおしぼりで、首筋と胸元を拭ったところで石塚さんが戻ってらっしゃいました。
「これで全部かな。」 長谷川さんへの嫉妬と激情に駆られた様に、わたくしのワンピースをランジェリーを剥ぎ取ってゆかれたのです。デッキチェアに放り投げるようにして折り重なっていた衣服はそれでも全てが揃っておりました。
「はい。これで全部です。あの・・・」
「なんだい。祥子さん」 石塚さんは・・・塊を拭おうとしたわたくしの手を拒否して、わたくしを見つめました。
「身支度しますから、こちらをごらんにならないでくださいな。」 時間はもう・・たぶんほとんど残されてなかったでしょう。石塚さんのためにも、素早く身支度をしなくてはなりません。
「わかってるよ。安心しなさい。」 そうおっしゃる石塚さんにこくん・・と一つ頷くと、遮るもののない特別室の中で、わたくしは彼に背を向けてハイレグのパンティに脚を通したのです。
船窓をレインボウブリッジが通り過ぎてゆきます。もう桟橋に到着するまでいくらも時間がありません。わたくしは手早くブラを身に付け、ワンピースを纏ってからパーティバッグの中の手鏡を覗いたのです。
ほんの少しだけ、激しい淫戯にやつれた風情が目元に残っていたのです。ドレスとともに渡された眼鏡をかけてカムフラージュして・・・どなたにも気付かれないことを祈るばかりです。
12 2006 / 09
「ここに、手をついて。祥子さん」 石塚さんはご自身が掴んでいたわたくしの両腕を離すと、目の前のデッキの手すりに置くのです。
「ゆるして・・・こんなところで・・・いや」 いまは見えるところに他の船はおりません。でも、もう少しすれば、この船もそして他の船も移動をはじめます。どこの誰に・・・こんな恥ずかしい姿を目撃されないとも限らないのです。
「言ったでしょう。僕は誰に見られたっていいし、誰かにみせびらかしたいくらいなんだ。残念ながら、今夜はみんな空の響宴に目を奪われているけれどね。」
石塚さんの脚がわたくしのパンプスの間に押し入れられ、左右に・・少しずつ開いてゆくのです。
「今夜はもうあまり時間がありません。僕に祥子さんの蜜を舐めとらせて逝きたいですか?それとも奥まで突き上げられて逝きたいですか?」 なんて・・・破廉恥な選択肢でしょう。わたくしがどちらも選べないと知っていてこの方はこんな風におっしゃるのです。
後に立つ石塚さんに、腰を突き出したはしたない姿勢を取らされたまま、彼を見返ってふるふると顔を横に振ることしかわたくしには出来ませんでした。
「いい景色ですね。僕だけのものにできるなら、ここをいつもすべすべにしておいて上げるのに。あの時の祥子さんの花びら餅、とても綺麗でしたよ。」
「いゃぁぁぁ・・・」 シチュエーションに気を取られて、わたくしは漆黒のしげみに囲まれた花びらもヌメ光る真珠も・・姫菊さえも全て石塚さんの視線に晒していることを忘れていたのです。

動揺して落としそうになる腰を、石塚さんは逞しいその腕で支え頽れることを許してはくれないのです。
「選べないのなら、僕が選んであげましょう。 ん・んっ」
「ああぁぁっ・・んん・・」 石塚さんのごつごつと太い塊が・・・後からわたくしの花びらにめり込むように・・・押しいってくるのです。
「大丈夫ですよ、声を殺すことはありません。もっと、感じなさい。」
「はぁぁん・・はぁう」 くちょ・くちゅ・くちゃ・・・ わたくしの花びらからの水音も・・・全ての光と音の狭間から・・巻貝のような耳を犯すのです。
たとえ花火がどれほど上がろうとも、わたくしのはしたない喘ぎは波音を隔てて・・・長谷川さんのいらっしゃるデッキへと届いてしまうかもしれません。
わたくしを、空想の縄で・・・ワンピースの上から縛めていらしたあの方の耳へ。
「こんなに濡らして、まだこんなに締め付ける。こうして独り占めするのは はじめてだが、なんて いい・んだ。」 躊躇なくわたくしを追い込む石塚さんの抽送は・・・スターマインの数え切れない花火が開く数だけ・・・克明に数え上げているかのようでした。
「ああぁ・・・ゆるしてぇぇぇ・・・」
「だめだよ まだだ」 花火の身体を震わせるリズミカルな音が、火薬の匂いが・・・水面に映る極彩色の造形がわたくしを昂らせてゆくのです。そして石塚さんの凶暴なまでの塊も・・・
「おねがい・・・ぁあぁああぁぁ・・・いっちゃうぅぅ」
「祥子 逝け!!何度でも そら もっと深く」
「はぁぁぁん・・やぁぁ・・・」 突き上げられる度にくずおれそうになる腰を・・・幾度も・・・石塚さんの腕は掬い上げ・・・わたくしの胎内に彼の形を刻み込もうとするように・・・奥へ奥へと・・突くのです。
「またぁぁ・・・ん・・・んぁぁぁ・・・」 間断なく上がる花火の音は宙に投げ出されたGカップの乳房もその先端さえも震わせ、石塚さんの塊の送り込む淫欲と呼応して・・・わたくしをこれでもかと追い上げます。
巨大な神の手とわたくしを愛しているという男性に、感じやすい身体を同時に愛撫されつづけているようなものでした。
11 2006 / 09
「今夜の祥子さんのフェロモンは濃くて、たまらない。」
耳元に近づいた唇はそのまま敏感な首筋を通って・・・ストラップが中途半端に引っかかる肩先へ・・・落ちかけたブラのカップのせいで半分ほど露になった乳首へと這っていったのです。
「あぁぁん・・・だめ・・ぇ・・」
「さっきまで一緒にいた長谷川氏のせいかな。」
「ちがう・・わ・はぁぁん・・」
どきっといたしました。
長谷川さんとお話した僅かな間、あの方のS性はわたくしの中に潜むものをを刺激しつづけていたからです。そのせいで・・・濃く溢れてしまった・・・としか思えなかったのです。

「いしづか・・さ・んが・ぁはぁん・・こんなふうに・・なさる・か・ら・・んん」
石塚さんはハーフカップブラを少しづつずらしながら・・・わたくしの感じやすい乳房に口づけをしつづけます。
声が・・・淫らな響きを帯びた声が・・・スターマインの連続する破裂音と遠い岸からのざわめきにかき消されてゆくのです。
「可愛いことを言うね、祥子さんは。」
「あうっ・・・」 かりっと・・・左の乳首を甘噛みするのです。わたくしははしたなく身を震わせてしまいました。
その瞬間、わたくしのブラは石塚さんの手に引き抜かれ・・・そしてワンピースの上へとふわりと投げられていたのです。
「や・・・見られちゃうわ。」
周囲には、先ほどいたパーティルームの先あたりには何艘かの屋形船が見えました。
でも、この専用デッキからは目につく船はありませんでした。岸からも・・・目視できないほどに離れております。
それでも、漆黒の波と夜空に挟まれた空間に真っ白な肌を・・・黒のガーターベルトと極薄の黒のストッキングだけを身に纏って・・・晒しているのはわたくしを羞恥の茨の上に横たえているのと同じでした。

「僕は、みせびらかしたいけどね。祥子さんのような素敵な女性を独り占めして、こんな風に自由にさせてもらっているところをね。」 向かい合う様にして、乳房をねぶっていたわたくしの身体を・・くるりと海側へと回すのです。
「ぃやぁ・・・」 両腕を後に大きな石塚さんの手でひとまとめにされて、波に合わせてたゆん・・と揺れるGカップの乳房を、さらに突き出す姿勢をとらされてしまったのです。
「こんなに男を狂わす身体と知性。この茂みを奪った夜にもいいましたが、僕は本気で祥子さんが欲しいんですよ。」 さほど長くはない茂みを・・・石塚さんの右手がむしり取るように強く掴むのです。そしてその指を・・・ご自分の鼻先へ・・
「だ・・めぇぇ・・」 わかっておりました。わたくしの身体がすでに茂みの根元を潤すほどに・・・蜜を溢れさせていることを。あんな風になさったら、石塚さんの指先にはわたくしのぬめる滴がたっぷりとまとわりついてしまったはずです。
「今夜は、ここで紳士的に振る舞って二人きりでロマンティックに花火を楽しもうかと思っていたんです。」
「あぁぁっ」 ぺろっ・・石塚さんの舌がご自身の右手の指先を舐めてゆきます。
「でも、僕の招待したパーティで30分もしないうちに他の男を虜にしている祥子さんを見て気が変わった。」 カチャ・・・
「祥子さんの心だけじゃなくて、身体を確かめて・・・証を残したくなる。」 ジィィィ・・・ぱ・さっ・・・
わたくしの背後から石塚さんのスラックスが立てる・・・小さな・音。花火の騒音の中なのに何故かくっきりと二人の間に響くのです。
10 2006 / 09
「おっしゃらないで・・・そんな・・こと」 たった一枚のガラスがなくなっただけで・・・わたくしの羞恥は一層激しく襲いかかるのです。
チチッ・・・
次々と上がる花火の身体の芯を振るわすような大音響の下で、石塚さんはわたくしの耳元でこんなはしたないことを囁かれるのです。
「祥子さんの口から聞かせてほしいな、いまどうなっているか。」
「だめで・す・・・っ・・」
わたくしの髪ごと右手で捉えるようにして、石塚さんは再びわたくしの唇を奪ったのです。
チィィィィ・・・・・
「ん・・んん・・・・」 舌を絡めるような口づけをしながら、石塚さんの左手はワンピースの背中のファスナーを引き下ろしてゆくのです。
ドォォン・・・ ひと際大きな花火が頭上で花開きます。
「・・ぁ・・ゃぁ・・・っ・・・」 腰の頂きまでファスナーを引き下ろすと、左肩からレースの連なりを引き下ろすのです。
「・・・ぁ・めぇ・・・ん・くぅっ・・・」 わたくしの髪を右手から左手に持ち替えて、開いた右手でワンピースの右肩を落とします。肩線で止められていたアンダードレスごと、レースのワンピースは自らの重さでわたくしの身体の上をするすると滑り落ちていったのです。
「ああ、今夜にぴったりだね。そのランジェリー。」 墨を流した水面を映したような漆黒のレースはわたくしの白い肌を一層くっきり浮き立たせていたのです。
ドォォン・・・ 質量のある音が覆うものを奪われた肌を襲うのです。

石塚さんは、わたくしの身体の前面を特別室から漏れる明かりに晒すように、足許に落ちたレースのドレスを踏まない様に、手すりに沿ってダンスのようなステップでくるりと身体を回したのです。
足下に優雅な円を描くレースをさっと取り上げ、少し離れたデッキチェアの上へと放り投げます。
「だめです、こんなこと。誰かに見られてしまうわ。」 石塚さんはその場でわたくしを抱きしめたまま、その腕の輪をするすると腰から肩まで上げてゆきました。
「大丈夫だよ。皆花火しか見てないよ。このデッキはこの船の他のデッキとは逆に向いているからね、祥子さんが大きな声を上げなければ誰も来ない。」 石塚さんの言葉を証明するようにスターマインに切り替わった花火は、引っ切りなしに破裂音と煌めく明かりを夜空に広げては消えてゆきます。
わたくしの白い肌は空を移す様に色を変え、黒のレースのランジェリーがくっきりと浮び上がるのです。両腕で我が身を抱く様に露になった身体を隠そうといたしました。
ハーフカップのブラが押し上げる、白い乳房に注がれる石塚さんの視線さえ・・・わたくしを羞恥で熱くいたします。
「祥子さんが教えてくれないからいけないんですよ。」
「あっ・・」 プチっ・・・ ハーフカップブラの背中のホックが外されてしまいます。押し込められたGカップの乳房の重みで自然と落ちそうになるブラを、わたくしは咄嗟に両手で支えたのです。
「ふぅぅん」
「あっ・・・あぁぁっ・・だめですぅぅ・・」 わたくしのガードがなくなったハイレグパンティは石塚さんの手で太ももの中ほどまで・・そして脚元まで・・・引き下ろされてしまったのです。薄く脚を覆う黒のストッキングを愛でるかの様にわたくしの両脚を捕まえて・・・腰を下ろした石塚さんは正面のわたくしの茂みを見据えたのです。
真っすぐに見つめていたのは・・・10秒にも満たなかったと思います。
すぐに立ち上がると羞恥に逸らせたわたくしの耳元に唇を寄せて囁くのです。
「元通りのしなやかな茂みが綺麗ですよ。」と・・・。
その声は決して大きくはなかったのですが、花火の音の中でやけにはっきりと・・・わたくしの中に響いたのです。そして・・・
忍者ブログ × [PR]