忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
1 2 3 4 5 6
21 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

男性はわたくしの両脚を放すと、改めてキスをして下さったのです。
「ぁふぅ・・ん・・」
「よかったよ、祥子。逝く君も綺麗だった。」
「ありがとうございました。感じてくださって・・うれしい。・・ぁっ」 わたくしの中に全てを吐出した男性が・・・おさまらない締め付けに・・抜けていったのです。
「恥ずかしいよ、こんなに出してしまった。」 男性は苦笑いをして、二人の蜜を拭うためのティッシュを探していらっしゃるようでした。
「わたくしが・・・」 まだ、気怠い快感の残る腰を曲げて・・・唇を男性の塊へと近づけたのです。そして・・・舌を・・唇を・・・わたくしの哀しみを慰めてくださった男性への感謝を込めて、塊を清めたのです。
「ほんとうに、祥子は極上のMだ。」 芯に残る精液までを拭ったわたくしの唇に・・・男性はもう一度キスをしたのです。
「シャワーを浴びておいで。」
「いえ、あの・・・このまま、あなたから頂いたものを抱きしめたまま、今夜は眠らせていただいてもいいですか?」 男性に抱きしめられたまま、小さな声で囁いたのです。
「いいよ。祥子は、可愛いね。」 わたくしにサイドテーブルから取り上げたティッシュを差し出して、男性はわたくしの我がままを許してくださったのです。
「もう、お眠り。朝も近い・・・。」 空はまだ暗かったのです。でも、その色は奥に陽の明るさを秘めた暗さでした。 
男性の腕の中で、ゆっくりと落とされてゆく照明に・・・微睡みが訪れるのをわたくしは拒否することはできませんでした。


祥子からの手紙ー14
『わたしを愛するなら、わたしの淫らさまでも愛しなさい。』
映画に出て来た主人公の母親は、息子にそう言っておりました。
愛すること・・・愛されること。
その難しさをわたくしは心から愛した男性に思い知らされ
いまもまだ次の愛する方を定めることができずに
彷徨い続けているのです。

わたくしを、わたくしのままにお伝えし解り合うために
もっと自分自身を知る必要があると
昨晩お逢いした男性は教えてくださったように思います。

男性は、仲畑です・・・と
翌朝、朝食のテーブルで自己紹介をしてくださいました。
声優さんをなさっていてご一緒に見たあの映画の父親の声の吹き替えを
DVD化に際して担当することになっているそうです。

また逢えるといいですね。
とても私好みの女性ですよ、祥子さんは・・・
仲畑さんはそうおっしゃいました。
それでも、わたくしたちは連絡先を交換することなく
朝のホテルでお別れしたのです。

二人の感性が一緒なら、またいつか映画館で逢えるからね。
そう笑った仲畑さんはやはり上品な紳士でした。

今日も暑い一日になりそうです。
一度着替えに戻って、午後には打ち合わせが待っています。
笑顔で今日を迎えられたことに感謝して・・・
それでは、いってまいります。
PR
ギシ・・・
「君は本当に従順な極上のMだよ。私のS性をこれでもかと刺激してくる。何も言わなくても白いヒップを高く突き出したこの姿が、その証拠だよ。」
「ああぁぅっ・・・」 男性は指を引き抜くと、一気に昂りを押し入れたのです。
ねじれた・・ごつごつとした形と大きく張り出した先端が・・・幾度もの快楽に晒されて絶頂を味わった胎内を遠慮なく押し広げてゆくのです。
「くっ・・・締まる。こんなに濡れているのに。」 視界を奪われるのは、これほどまでに他の感覚を研ぎすますものなのでしょうか。わたくしの身体は、男性の塊の感触を胎内で掴もうとでもするかのように・・・いつもよりも強く求めているようでした。
「ぃぃいい・・ぁはぁぁん・・・」 わたくしの中を、ごつごつした塊が不規則に抉り嬲ってゆくのです。その感覚はまるで幾人もの方に同時に犯されている時のようでした。
「祥子、いいよ。ああ、いい。」 男性の腰の動きは、お見かけした年齢とは思えないほどに激しく躍動的でした。突き上げる度に違うポイントを刺激し・・・掠れているわたくしの声を・・なお・・淫らに引き出すのです。

「逝きそうだ・・・あぁ。」 突然に奥まで入っていた塊を引き抜き、男性はわたくしを仰向けにしたのです。
「祥子の顔を見て逝きたい。」 目隠しのスカーフをむしり取ると、男性はわたくしの瞳を見つめながら一気に奥まで突かれたのです。
「あぁぁぁ・・・やぁぁぁ・・・」 突然に与えられた視界は、わたくしの想像よりもずっと明るかったのです。男性の塊はわたくしの中に納められ・・・より奥へと・・抽送を繰り返しているのです。
「ふふ こんなに揺らして私を誘惑するね。」
「ああぁぁん・・・」 男性の腰の動きにあわせて揺れる左の乳房を掴むと、堅く立ち上がった乳首をねぶり甘噛みするのです。
「ほんとうに敏感な身体だ。こうするたびに・・」 舌が乳首の先端をねぶってゆきます。「私のものをくいくい締め付ける。たまらないよ。」
「ぁぁぁああ・・・はぁう・・」 もう一方の乳首を甘噛みされて・・・わたくしはもうゆとりを無くしていたのです。真っ白く蕩ける絶頂はもうそこまで来ていました。

「あぁぁ・・・いきますぅ・・・」
「わかった。一緒に逝こう、祥子」 男性は上体を起こすと、わたくしの両脚を肩に担ぎ上げ、腰の動きを凶暴なまでに早めたのです。
奥までを・・・全ての淫楽のポイントを刺激する塊に・・・わたくしは追い上げられてしまったのです。
「祥子いいよ ああいきそうだ」
「ああ・・いくぅぅ・・・いっちゃうぅぅ」
「逝くよ、祥子!!祥子!いくっ・・」 うっ・・ 男性は激しく突くと、最奥で腰の動きを止めて・・・熱い精を放ってくださったのです。
ひく・・ひくん・・脈打つ動きは・・・わたくしの身体なのか、男性の塊なのかすら・・・わからなくなるほどの快感が四肢の先まで駆け上っていったのです。
「君はなんて女なんだ。あんなに綺麗に泣くのに、途轍もなく感じやすくて・・・こんなに性戯にも長けている。昼は淑女で、夜は娼婦・・・か。」
「いや・・・そんな風におっしゃらないで。」 ギシ・ギ・シ・・・ 男性がベッドを降り・・わたくしを覆っていた羽布団を剥いだのです。
「避妊具がないな。君を抱きたいが・・・」 男性の手がバスローブの紐にかかったのです。
「あの・・」
「なんだい。」
「ピルを飲んでいます。妊娠の可能性はありません。抱いて・・・ください。」 改めてこんなことを問われたことも、口にしたこともありませんでした。暗黙の了解のように・・・わたくしを抱かれた方達とはこの方は何かが違いました。

「わかった。嬉しいよ。」 はら・・・重みのあるローブの前が開かれます。温もっていた乳房の熱がふっと甘い香りを伴って室内に広がってゆきました。
「君の好きなふうに抱いてあげるよ。どうされたい、言ってごらん。」
男性はまだわたくしに触れてはいらっしゃいません。ただ、その視線がわたくしの身体の上を這っていることは・・・わかりました。
「おねがいです。逝く時にわたくしの名前を呼んでください。」
「わかった。なんて呼べばいい?」
「祥子です。」
「しょうこ・・・君にぴったりの名前だね。」
「ありがとうございます。」
「祥子、綺麗だよ。」
わたくしの肩を前に倒すと、両腕から一気にバスローブを抜いたのです。そして力任せに男性の方へと引かれました。

「あっ・・・」 腰を曲げ・・・横様にベッドへと転がされたわたくしの背中の窪みに男性の舌が這ったのです。
「ぁあぁぁ・・・っ・・・」 舌はわたくしの背中をゆっくりと・・・背骨を確かめるかのように這い上がってくるのです。肩甲骨の端を右・左とまぁるくたどって・・・今度は首筋へ・・・。
くちゅぷ・・・
「はぁぁっ・・・」
「さっき綺麗にしてあげたのに、もうこんなに濡れているね。」 男性の声が耳元でします。
「やぁぁ・・」
「祥子はフェラチオをするだけで、こんなに濡れるのかい?」
「ちがぁい・・ま・ぁ・・すぅぅぅ・・」 否定の言葉がなんの説得力も持たないことは、わたくしが一番解っていました。いまの男性の舌戯だけで・・・こんなに溢れさせたわけではなかったからです。
「ああ、もうこんなだよ。」
「ああぁぁ・・・だめぇぇ・・」 男性の左手の指は小指と薬指が真珠を・・・中指と人差し指が花びらと蜜壷を・・・親指が・・・姫菊を・・・その全てが蜜に塗れていることを思い知らせるのです。
「また、溢れてくる。祥子は欲しくて我慢ができないのかな。こんなに、よだれをたらして、だらしないね。」
「ごめんな・・さぁぃぃぃ・・」 男性の言葉は先ほどまで口にふくませられていたあの塊の感覚を思い出させたのです。はしたなく・・・また・・・新たな蜜が湧き出してしまうのを、止めることはできませんでした。
「仕方ないね。四つん這いになりなさい。」 男性は指を秘所から抜くことなく・・そう命じるのです。
「・・はぁぁ・・ぃ」 わたくしは、上体を俯せ・・・腰を・・・男性の手に繋がれたまま後に高く掲げたのです。
シャァァァ・・・ 浴室で水音がします。きっと、男性がシャワーブースでシャワーを浴びてらっしゃるのでしょう。
室内には、まだシャンソンが低く流れています。
どれほどの時間が経っているのか・・・目隠しをされたままのわたくしには、見当もつきませんでした。でもこの長い・・いえ、短い時間の内に、今夜はじめてお逢いして、わたくしの哀しい恋心を慰めてくださった紳士を信頼しはじめていたのです。

水音が止まりました。

パタ・・ン・・・ 浴室の扉が空いて。
「待たせたね。」 男性の声と体重が同時にわたくしの左側にやってきました。
「いいえ、そんなこと。」
ん・・・ 男性の唇が重ねられたのです。それは・・淫らなほどのディープキスでした。視界を奪われた上に、男性の両手で耳を塞がれたわたくしには、甘噛みされすすり上げられる唇の音も、絡め合わせれる舌の音も、注ぎ込まれ吸い上げられる唾液の音も・・・エコーを掛けた様に・・・脳内に響いたのです。
「はぁぁ・・ん・・」
「本当に、君は従順だね。私がいない間いくらでもその目隠しを外すことができたはずなのに、そんなことを考えもしなかったようだ。命じたらそのままで待っている。きっと私が1時間戻らなければ、1時間そのままで待っているんだろう。」 わたくしに被いかぶさっている男性の身体には・・・いまは何も身につけられていないようでした。
「こんな愛奴を持ってみたいものだ。」 ぎしっ・・・男性が立ち上がり、次にベッドの上に乗られたのが・・・マットレスの軋みでわかりました。そして、わたくしの口元に男性の昂った塊が触れたのです。

ぺちゅ・・・ 男性の言葉を待たずに、わたくしはその先端に舌を這わせました。
男性の求めている行為はこれしか考えられなかったからです。
ぺろぉ・・ぺちょ・・・ 舌先にたっぷりと唾液を乗せて、先端からくびれの裏側へ・・・そして脈打つ胴を順に茂みに向かって舐めてゆきます。
ぺちゃ・・・ 顔をあおのけて・・・塊を頬に乗せるようにして男性の皺袋にも・・舌を這わせます。
ちゅぅく・・・ やさしく中のまぁるい珠ごと吸い上げて・・・右・左と・・舌でころがします。
ぺろぉん・・・ もう一度・・今度は皺袋の付け根から先端に向けて・・・昂りの裏側を舌を左右にそよがせながら戻ってゆきます。
くちゅ・・・ そうしてからはじめて先端を含んだのです。くびれのすぐ下を唇の内側で締め付けて刺激してから・・・ずぅっと喉奥まで一気に含んだのです。
くぽぉ・・くちょ・・・ 男性の塊は、その細身の身体に似つかわしくないほどに猛々しいものでした。長さがあるというよりも・・・ごつごつと血管が浮き出しねじくれた・・・イメージだったのです。
「上手いね。いいよ。気持ちいい。」 それまで、黙ってわたくしになすがままにさせていた男性がはじめて言葉を発しました。と、同時にわたくしの頭を掴んで、今度は男性が腰を動かしはじめたのです。

「男の身体を良く理解しているね。フェラチオが一般的になって、舐めたり・口に含めばそれでいいと思っているだけの女も少なくないが、君は違う。こんなフェラチオは久しぶりだよ。」 わたくしの頭をベッドヘッドに押しつけ、上顎を喉奥を遠慮なく突く男性の塊は・・・男の快感の証を滲ませはじめていたのです。
わたくしは、口内では舌を塊に絡め続け・・・そしてはじめて左右の手を・・・男性の柔らかな袋とその奥のすぼまりへと這わせたのです。
「ああ いいよ。その指も いい。このまま、君の口に逝きたくなってしまう。」 左の中指をすぼまりと皺袋の間を優しく押しつつ往復させてゆきます。右の手のひらは片方の袋を指先はもう一方の袋を同時にやさしく包んでおりました。
唇も舌も左右の手も、まったく別の意志を持っている様に・・・動いておりました。
「ここまでだ。」 塊が口内でひくひくと脈打ったと思った途端・・・わたくしの頭は引きはがされました。
「ちょっと待ちなさい。」 バスタブの中に膝下までの湯につかって立っているわたくしに、男性が声を掛けたのです。
少し離れる足音がして、次に戻ってらしたときに男性の腕にはタオルがありました。
「ここに腰掛けるんだ。」 わたくしを後ろ向きにバスタブの縁に腰掛けさせると、長い髪をタオルで器用に包んでくださるのです。
「ありがとうございます。」 失念しておりました。背中の中程まである長い髪がこのままでは酷く濡れてしまいかねなかったのです。
「これでいい。ゆっくり、腰を下ろしなさい。」 男性の手に縋って、わたくしはバスタブにゆったりと身を長らえたのです。
「なにかあれば呼びなさい。」
「はい。」 もう30分以上も縛られていた両手首を、わたくしは湯の中で揉みほぐしておりました。程よい温度の湯は、幾度もの羞恥と淫楽に疲れた身体を優しく癒してくれました。

男性は、バスルームの戸を開けたままで無言で幾度も出入りをされていたようです。
ホテルの部屋に入ってすぐのカーペットは・・・わたくしのはしたない体液で濡れそぼっている筈です。それをきっと綺麗にしてくださっているのでしょう。
じゃぁぁ・・・ しばらくしてから今度は洗面台に水音がいたします。ぱちゃぱちゃと・・タオルを洗われているのでしょうか?
そんな音が止まって数分。

「待たせたね。」 男性の声がいたしました。
「申し訳ありません。全部していただいてしまって・・・。」 わたくしは、湯に浸かり忘れかけていた羞恥が蘇ってきたのです。
「いいんだよ。私が命じてさせたことだからね。さ、湯が冷めてしまう前にでよう。」 男性が浴槽に入ってこられたのです。わたくしの揃えて伸ばした脚の両脇に足を置いて・・・わたくしの手を掴まれたのです。
「ゆっくり立ってごらん。」 男性の腕に引き上げられる様に、ゆっくりと浴槽の中でわたくしは立ち上がりました。
男性が何を身に着けてらっしゃるのか、何も身に付けてらっしゃらないのか・・・わたくしにはわかりません。濡れたからだを、彼に触れさせない様に、細心の注意を払うことしかわたくしにはできませんでした。
「こっちだよ。」 男性に導かれて足を下ろしたバスタブの外には、バスマットが敷かれていました。
「そのまま。」 ふぁさ・・・。大判のバスタオルがわたくしの肩に掛けられ・・男性の手で全ての水滴が拭われてゆきます。
「わたくしが、自分で・・・」
「いいんだ。」 両手から背中・・・腰へ。前にまわって二つの乳房を持ち上げる様にしてたゆんとした下辺まで。そして太ももの狭間の茂みへ。
「おねがい・・・」
「これも、お仕置きだよ。勝手に潮を吹いて私に始末をさせたんだからね。もっと脚を開きなさい。」
「あぁ・・・」 男性の手がタオルを繰って、太ももの内外からふくらはぎへ・・・。足首を掴まれて足裏まで・・。見えていても男性の手で拭われる恥ずかしさが消えることはないでしょう。それ以上に見えないことは、男性の視線がどこを彷徨っているかがわからない・・・不安と羞恥を煽り立てるのです。
それでも、男性の手は極めて事務的にわたくしの身体を拭って行ったのです。
髪を覆ったタオルを外し、わたくしの肩に備え付けのバスローブを掛けると、両手を通して前を重ねウエストで紐を縛ってくれたのです。
「さぁ、部屋で待っていてくれないか。」 わたくしの手を取って、部屋へと戻るのです。5歩・6歩・・・。
「ここだよ。」 腰を下ろす様に言われたのは、ベッドカバーを外したベッドの上でした。
「寒くはないかい。」
「はい。」 わたくしの上体をベッドヘッドに持たせかけて、足元には羽布団を掛けてくださいます。
「すぐに戻ってくるからね。」
「はい。」 男性の手がわたくしの肩を叩くと、すっと気配が離れていったのです。
忍者ブログ × [PR]