忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

06 2007 / 04
「おねがい・・で・す どちらも・・かんにん・して・・ください」
「どちらも、だと」
「は・い・・・どうか・・・」
はぁっ・・・ 大きく高梨さんが息を一つ吐く音が聞こえました。
ため息とも、乾いた笑いともとれないその音を、わたくしは酷く不安な想いで聞いていたのです。
「祥子、わがままが過ぎるようだな。」
「ぁぁ・・・」
冷静に落ち着き払って口にされた声に、わたくしは高梨さんの落胆を聞いたような気がしたのです。
今日の昼間、まるで新婚夫婦のように二人で過ごしたあの時間が・・・たった一つのことを拒否したばかりに全て台無しになってしまったような・・・ふたりの関係に二度と消えない疵がついてしまったかの様な・・・後悔が押し寄せたのです。
「もうしわけありません・・・おまかせ・・いたします。ご主人様のお好きな様に・・なさってください。」
明日、車のシートに座る事すら苦痛になるかもしれません。凍えた夜気の中に、淫らな姿を晒してしまうことになるかもしれません。
それでも、わたくしは高梨さんとのいまの関係に疵を付けることがこわかったのです。
とっさにわたくしの中から溢れた言葉は、ベッドに押し付けられ、左に背けた唇から思わず・・・出て来たものでした。

「今夜は全部俺に任せるというんだな。」
「・・・はい。」
「どんなことでもか。」
「・・・はい。」
「いいんだな。今夜は祥子の口から、拒否の言葉が出ても聞かないぞ。俺の思う通りにさせてもらう。」
「・・・はい おねがい・・・」
「なんだ?」
「きらいに・・ならないで・・・・ゆずるさん」
後手に手錠を掛けられ、首を僅かしか持ち上げる事ができないようにリードを留め付けられ、ベッドに上体を倒した姿で・・・わたくしは小さな声で最後の言葉を口にしました。
今夜、このまま全てを解かれて客間に追いやられるよりも、せっかく深まった二人の間の時間をもう一度どうしても取り戻したかったのです。
ぎしっ・・
高梨さんの左膝がベッドに乗ってすぐ、彼の手がわたくしの髪を撫でているのに気づいたのです。
「祥子のことを嫌いになったりはしない。わかったね。」
「はい・・・」
小さく頷いたわたくしを確認したからでしょう。ベッドの上から、高梨さんの気配は消えてゆきました。

次に聞こえた高梨さんの声は、わたくしの真後ろからでした。
「それじゃ、優しく拡張をしてあげよう。」
「ぁっ・・・」
彼の腕に少しだけ持ち上げられた腰を覆っていた長襦袢が一気に背中へと捲り上げられたのです。
ベッドの端に俯せのまま脚だけを下ろす姿になっていたわたくしは、今夜湯文字も付けずにいた下半身を、高梨さんの目の前に露にされてしまったのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
おかえりなさい。
この時期の京都は、ほんとうにお客様が沢山だったのでしょうね。
わたくしも、八重桜を見たいと思いながら・・・今年もまだ行けずにいます。
暑くなる前に、今年もまたいっておきたいものです。
祥子 URL 2007/04/10(Tue)21:20:21 編集
祥子様
京都へ行ってきました。っていうか帰ってきました。ですね。
凄い観光客でどこもかしこも人・・人・・・人。

せっかくの素敵な時間がたった一言で何もなかったかのようになるのは嫌なものです。
「ごめんなさい」の一言ではその場は終わらなかったでしょうね。
「お好きなようになさって・・・」私もそう言ってしまうでしょう。
たとえそれがどんな事になろうとも・・・。
命までは取られないでしょう^^
桜草 2007/04/08(Sun)21:02:07 編集
忍者ブログ × [PR]