忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
1 2 3 4 5 6
26 2017 / 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「辛かったですか?」 まるでゴールデンレトリバーのようにわたくしの涙のあとを望月さんの舌が舐めたのです。
そのあたたかく、柔らかな感覚に、わたくしは理性を目覚めさせたのです。
いまのわたくしは、愉悦の海から放恣の白浜に打ち上げられたばかりの人魚でした。括られたわけでもないのに、脚も手も・・・まるで自分のものではないようにぐったりとしていたのです。
「祥子さん?」 わたくしの視線は焦点がぼやけたままだったのでしょう。心配そうな望月さんの声が、耳元でいたしました。
「大丈夫ですか?」
「・・・え・え」 あえて、急いで、意識を戻さなかったのです。他の方がいらっしゃるならともかく、望月さんの腕の中で・彼に守られて・彼と二人きりなのです。ただ、黙ったままだとほんとうに慌てそうな彼のために、掠れた声で一言だけ返事をしたのです。
「よかった。」 わたくしに添えていた右手を伸ばして枕元からティッシュをとると、ゆっくりと花びらの間から熱いままの塊を引き抜いたのです。
「・・・ぁっ」 開かれた脚の間・・・腰の丸みにそって流れ落ちるまっしろなミルクは・・・望月さんの身体の熱をまだ蓄えたままでした。
畳まれたティッシュが蜜壷の口にやさしく添えられます。
わたくしの身体は、エアコンの効いた室内の中でも薄く蜜を塗った様に淫らな汗に塗れていたのです。きっと、このまま浴室へと誘われるのだとばかり思っていました。なのに・・・両膝を彼の手で付けられたのです。
「もう一眠りしましょう。もう少しだけ。」
そうされてもまだ焦点のあわないぼんやりとした眼差しを投げかけていたわたくしを、望月さんはそうおっしゃって抱きしめたのです。
わたくしは無言のまま、寝間着を着た望月さんの胸にそっと額を付けました。
波の音を3つ数えたところで・・・わたくしはまた幸せな微睡みに落ちていったのです。


祥子からの手紙ー16

氷を浮かべた紅茶がわたくしの視界を琥珀色に染めています。
その向こう・・・ホテルのラウンジの外は、夏を惜しむカップル達が水着姿で戯れておりました。
わたくしは、いま1人でお庭が美しい望月さんのご自宅側のホテルのラウンジにおります。望月さんが、わたくしにとおっしゃっていたお着物などをまとめにご自宅に帰りセルシオで迎えにきてくださる間・・・だけですが。

結局、わたくしはあれからもう二晩<下田の寮>で望月さんと二人きりで過ごしました。
彼が衝動のままに付けたキスマークが原因でした。
用意してくださった、ISSEI MIYAKEのベージュのハイネックワンピースでさえ隠すことができないほどに赤々と付いたその証があまりに生々しかったからです。
まるで湯治のように、温泉で幾度もやさしくマッサージされてようやく目立たなくなって・・・二人してこちらに戻ってきたのです。

明日からは、わたくしも望月さんも・・・いつものお仕事が待っています。
花火の夜からいままでの・・・夢のような3日間から、少しずつ現実に戻ってゆこうと思います。
夢から本当に醒めるのは、きっと今夜望月さんにおやすみなさいと言ってセルシオのテールランプを見送る時でしょう。
だからあと少しだけ・・・。

あっ、望月さんが迎えにいらっしゃいました。
それでは、また。ごきげんよう。
PR
「やぁ・・・」
「キスマークを付ける度、祥子さんの白い肌を吸い上げるのと同じくらい祥子さんの花びらの奥は僕のを締め付けるんですよ。気付いていましたか?」
「ち・がぁぅ・・のぉ・・」
「いいえ、違いません。首筋の1つは一回目の質問で答えてくれなかったお仕置きでした。でもその後のは、あまりの気持ち良さに止めることができなくなっちゃったんです。そろそろ・・・」
「ゃぁあ・・・ぁん」 望月さんは、彼に跨がったわたくしの膝を伸ばすのです。太長い彼の塊を蜜壷に飲み込んだままなされる行為は、片脚を伸ばす毎に一層深く・・・わたくしの奥を責める結果になりました。
「ゆっくり、ですよ。」 わたくしの身体を、後ろにゆっくりと倒してゆきます。身芯を揺さぶる快感に、わたくしは後頭部から倒れ込む恐怖心を押さえ込まれておりました。
「はぁぅっ・・」 頭が付き・・背中がついた瞬間、望月さんの塊が抜け落ちてしまったのです。
その瞬間、わたくしはあまりの切なさに・・・はしたない声を上げてしまいました。身体の他の部分は・・・たとえば彼の腕はわたくしをこれほどしっかりと抱きとめてくれているのに、まるでただひとり・・決して1人ではたどり着くことのできない愉悦の海に放り出されたような気さえしたのです。
目覚めてから、何度も・・・彼が逝ってしまうかと思いました。
なのに、いつもわたくしだけが押し上げられ淫楽の波間を1人漂わさせられたのです。もう・・・限界でした。幾度もの絶頂はわたくしの身体に緊張を強い続け、もうその状態に駆け上がることさえ・・辛くなっておりました。

「白いシーツの上で、キスマークがとっても綺麗ですよ。祥子さん」
「あぁ・・ん・・・ゆうやぁ・・」
「なんですか?はっきり言ってください。」 わかっているはずなのに・・・なんで・・こんなにいじわるを言うのかしら?
「ねぇ・・・」
「無言のおねだりは聞きません。ちゃんとお願いしてください。」
「おねがい・・・いかせて・・わたくし・・で・いって・・・」
切れ切れに、わたくしはそれだけを口にいたしました。それ以上は・・とても・・・その狭間さえ、それまでの快感のせいで息が弾んでいたのですから。
わたくしの花びらは、これだけの言葉を口にする間も彼の塊を求めてはしたなく愛液をしたたらせていたのです。
「わかりました。」
「あうっ・・・」 一言だけ答えると、望月さんは昂ったままの塊を蜜に塗れ玄関に飾ってあった山百合のめしべよりも紅く染まった花びらに突き立てたのです。
「あぁ・・ぁあああ・・ぁあぃぃぃ・・ぁ」
その後には言葉はありませんでした。
ただ彼の塊だけがわたくしを蹂躙しつくし、ひと突きごとに揺れる彼のキスマークに彩られた乳房を・・・寄せる眉根を・・・悦楽の涙を一筋流すわたくしの眦を・・・視姦しつづけたのです。
「ちょうだい・・・ゆぅぅ・・やぁぁ・・・」
「まっし・ろぉ・・・にぃぃぃ・・・してぇぇぇ・・・・」
「あぁ・・ゆぅやの・・いぃぃ・・のぉぉ・・・」
「せいぃぇ・・きぃぃ・・ちょ・・ぉぉだぁぁぁああ・・・・ぃぃ・・・」
「いくぅぅ・・のぉぉぉ・・・・」
「ゆぅぅ・・・やぁぁ・・・・」
「いっちゃぁ・・・うぅぅぅ・・」
「ひ・いい・・いいぃぃのぉぉ・・・あぁ・・ゆぅやぁぁ・・・・いぃぃ・・・い・っち・・ゃぅぅぅ」
「逝って!祥子さん!!」
「い・・・・・・くぅぅぅぅ・・・・」
「あっ! くっ!!」

喉元まで迫り上がるかと思うほどの突き上げの果てに、望月さんはわたくしの中に・・・熱い迸りを・・・くださったのです。
床柱を背にした望月さんの動きに、竜胆と灯台躑躅の枝が生けられた花瓶がガタ・ガタッ・・と鳴りました。
玄関も・・床の間も・そして化粧室にさえ、生花が生けられてありました。近頃では望月さんのお父様も滅多に使わないとおっしゃっていたことを思えば、とても贅沢なおもてなしなのですが・・・その時のわたくしには、眼の前でわたくしを嬲る望月さんしか眼に入りませんでした。
「あぅむ・・ん」 ちゅぱ・・・ 何度目でしょう。望月さんの唇がわたくしの鴇色の先端を啄むのは・・・。
「はぁあぁぁ・・・ん・・」 それでも、口にされる度に淫らな慄きは身内を走り・・・新たな蜜を湧き出させるのです。いつもなら、わたくしの口戯に感じてくださる望月さんが、今回はとうとう一度もわたくしにフェラチオをさせていないことに・・・Gカップの乳房をねぶられながら・・・気付いたのです。
「あぁん・・ゆうやぁぁ・・・だめぇぇ・・・」 でも、そんな必要はまったくなかったのです。目覚めてからいままで・・・望月さんの塊は昂り続け、いまもわたくしの蜜壷の中で更に大きく・・そしてこれでもかとばかりに、突き上げてくるのですから。

「祥子さん キスマークを付けてもいいですか?」 望月さんがさきほどまでねぶっていた乳房を手のひらで支えて・・・わたくしに聞くのです。
それでも、最初はなにを言っているのか・・・わかりませんでした。わたくしの理性は立て続けの花びらを抉る快感に・・それほどまでに蕩けて・・・いたのですから。
かりっ・・・
「あぅっ・・・」 右の乳首を望月さんの前歯が噛む・・のです。もう甘噛みとは言えないほどの強さの痛みでわたくしに理性を取り戻させるのです。
「もう一度聞きます。キスマークを付けてもいいですか?」 今度は・・彼の言葉は脳裏までしっかりと届いたのです。と、同時に・・さきほども同じ質問を繰り返されていたのだともわかりました。
「えぇ・・つけ・てぇ・・・」
「いいんですね。」
「ゆうやのぉ・・しるしぃぃ・・・」 きっと胸元の白い肌に・・付けるつもりなのでしょう。彼がわたくしを1人で抱いた時いつもそこに付ける様に・・・他の方が痕を付けたときはその上にもっと濃く・・・ご自分のキスマークで他の方の痕跡を消そうとするかのように付けるのです。
「そうです。祥子さんがたとえ一時だけでも僕だけのものになった証です。」
「あっ・・だめぇ・・・」 それまで顔を伏せていたわたくしの乳房ではなく、望月さんの唇はわたくしの左の首筋に吸い付いたのです。頸動脈の・・・脈動のする当たりに・・・。
「はぁん・・・やぁ・・・」 ちゅぅぅ・・その唇は首筋を前へと動き・・そのまま胸元へランダムに痕を付けながら下がってゆくのです。
「な・・だめぇ・・・ゆぅ・・やぁぁ・・・」 胸元に吾亦紅を咲かせながら、腰の蠢きも一層激しくするのです。
困惑と快感と羞恥の狭間で、わたくしは身を捩るしかありませんでした。
左の首筋から左のGカップの乳房まで。左半身に赤い痕跡を点々と付けて、望月さんはようやく顔を上げてくださったのです。

「夏でも真っ白な肌・・・この季節にキスマークがこんなに綺麗に映えるのは、祥子さんくらいなものです。」 望月さんは、まるでご自分が描かれた絵画の出来映えをご覧になるように・・・頭を床柱に預けてわたくしの肩を両手で押しやるのです。
彼の塊を・・・蜜壷に飲み込ませたままで。
わたくしは、視姦される恥辱にまた・・締め付けてしまったのです。
「いい、祥子さんは不安定な姿勢になると あっこんなに まるでここで僕のを掴んで安心しようとするようにぎゅっと締まるんですよ。」
「やぁ・・あぁぁ・・・」 わたくしの上半身は、望月さんが膝をつく寝間着に止められて布団の上から動けずにおりました。白い・・柔らかな曲線を描くふくらはぎと足首は、望月さんの両腕に囚われています。その狭間で宙に浮いた腰は・・頼りなげにふらつき・・・望月さんの塊が引き抜かれる切なさに・・きゅっとはしたなく追い縋ってしまうのです。
「あぁ・・だめぇぇ・・ゆぅやぁぁ・・かん・にんしてぇぇ・・・」 わたくしは望月さんのがむしゃらな容赦ない責めに、もう何度も軽い絶頂を迎え続けていたのです。これ以上続けられたら、ほんとうにおかしくなってしまいそうでした。

ふっと、望月さんの腰の動きが止まったのです。わたくしの中にしっかりと塊を埋めたままで・・・両脚を下ろしたのです。
「・・はぁぁ・・・・」
「苦しかったですか?祥子さん」 
わたくしは、とっさに声が・・出なかったのです。首を横にふるふると振ったのです。
「ごめんなさい。これじゃ首が痛かったですね。」 そう言うと、望月さんはゆっくりと大きなままの塊を引き抜くのです。
「あ・ん・・・」 彼のかりに掻き出される様に、わたくしの愛液が腰の丸みにそって、つつっ・・・っと流れ落ちるのです。そんなことに斟酌せず、望月さんは膝で押さえていた寝間着の裾から降りました。ふっと・・縄を解かれた時と同じように肩に掛かっていた重みが消えてゆきます。
そして望月さんは、今度はわたくしの隣に床柱を背にして脚を投げ出して座ったのです。裾を開いて、花蜜にコーティングされたそそり立つ塊を朝の光に見せつけるように。
「さぁ、ここに来て下さい。」 わたくしの手を握ると、昨夜の温泉の中と同じように彼の上に・・・寝間着に袖を通しただけの身体を引き寄せ、そして・・・。
「はぁうっ・・・」 望月さんの上へ・・・花びらの中心を貫かれた姿勢で抱き寄せられたのです。
「ゆう・やぁ・・・だ・め・・」
「なにが、だめなんですか?」
「よごし・・ちゃぅ・・・ねま・き・ぁあぁぁ」 今度はわたくしの膝が望月さんの寝間着の裾を押さえていたのです。抜き出されるだけであんなに愛液を滴らせてしまう蜜壷が・・・こうして愛されていたら今度は彼の寝間着まで濡らしてしまいかねなかったからです。
なのに、小刻みに動かされる望月さんの塊に・・・わたくしは腰を押し付けてくねくねと淫らに・・・振ってしまうのです。快感を求めて・・・。
いつしか二人の間の水音は、障子ごしの波音よりも淫らに大きくなっていたのです。
「ふふ、これじゃほんとうにぐっしょりにしてしまいそうですね。」
「おねがい・・あぁぁっ・・・」 望月さんの両手は、わたくしの身体を引き上げるのではなくて・・・袖だけを通していた寝間着を・・・ほんのり桜色に染まったわたくしの身体から引きはがしたのです。
「いやぁぁっ・・・」 突然のことに、彼の眼の前で揺れる乳房を隠そうとしたわたくしの手を望月さんの手が掴むのです。夏の清冽な朝日の中、男性にまたがり蜜壷を突き上げられて首から肩を淫楽に染める淫らな姿を・・・望月さんの眼の前に晒してしまったのです。
「まだこんなに締め付けるんですか?すごいですよ。ああ祥子さん、いい」
追い求めるように重ねられる望月さんの唇を離すと、わたくしははしたないおねだりを口にしたのです。
ゆうべわたくしにランジェリーを付けさせなかったように、望月さんも素肌の上に寝間着一枚だけしか身に着けてらっしゃらなかったのです。彼によって寝間着越しに塊に押し当てられていた指を・・・わたくしは望月さんの寝間着の前を開いて直接・・大きく昂った塊に触れさせました。
「うっ」
「これで・・し・て・・・」 引き締まった腹部に付くほどに反り返った塊の・・・裏筋を彼の雫を掬い取った指で・・上下に・・皺袋まで・・まるでさきほどのわたくしの背筋を愛撫されたのと同じ様に・・撫でたのです。
「ゆうや・・の・・せいえき・・・まっしろな・・せいえきを・・・ちょうだぁぃ・・」
「祥子さん!」 望月さんはわたくしを仰向けにして、ご自身はがばっと身を起こしたのです。はねのけられた羽布団の中からは、男と女の淫らな香りが広がります。
数時間前に望月さんご自身が結ばれた伊達締めを、もどかしそうな表情まで見せて解くのです。わたくしの背を持ち上げてしゅるしゅる・・と絹の伊達締めを引き抜くと、清冽な朝の光の中で寝間着の前を一気に広げてしまわれたのです。

「あ・・・みちゃ・・」 わたくしの膝を割ると、広げた寝間着を踏みつけてその間に望月さんは大きな身体を割り込ませるのです。ご自分の寝間着を脱ぐ間も惜しいのか裾だけを開いて大きくそそり立つ彼の塊を露にするのです。
「しょう・こ・・」
「あっ・ぁああ・んん・・・」 膝を抱えると、一気にわたくしの花びらの奥を目指したのです。
背中と腰だけの愛撫でわたくしは内ももをしっとりとぬめらせるほどに、蜜を溢れさせておりました。望月さんの塊の先端から溢れる雫とわたくしの花蜜は、彼らしくないがむしゃらな挿入さえも助けたのです。
ずぶ・じゅぅっ・・ずぶぅぅ・・ 望月さんの塊は1/3ほどを無理矢理押し込み・・一度腰を引いて濡れそぼった塊を花びらから引き抜くと再び強引に最奥へと押し入ってきたのです。
「あぅっ・・そこぉ・・・」 1/3だけぬめりをまとった太長い塊は、その先の望月さんの茂みに隠された根元まで・・・なんの抵抗もなく蜜壷に飲み込ませ、わたくしの子宮を突き上げたのです。
「しま・るっ・・・」 波音に紛れるほどのうめきを上げて、それでも望月さんの腰の動きは緩みません。昨晩の浴槽の中での行為と違い、正対した状態でのこの行為は本当に子宮口をこじあけてしまいそうなほどに、深く・強く突き入れられるのです。
「はぁぅっ・・あぁあ・・ぁぁぁ・・」 あまりの強さにわたくしの身体は迫り上がり、蜜壷の奥に直接スパンキングをされているような鈍い痛みから逃げようとします。が、寝間着の裾を望月さんの身体に押さえられていては、それも叶いません。
括られてもいないのに、逃げることもできずに責め立てられるわたくしの肌は、真夏の朝日の熱を遮るエアコンの冷気の中でさえ・・・淡い桜色に変わっていたのです。
「あぁぁ・・ゆぅ・・やぁぁ・・・」 いつか、わたくしのはしたない身体はその痛みすらも淫媚な刺激へと変えてゆくのです。蜜壷も・・その奥までもがまるで望月さんを求めるように柔らかくなって・・・そして・・・
「ああ、欲しがってますね。祥子さんのここ・・こんなに。もっと感じてください。」
「ゆうやぁ・・ぁぁぁ・・・いいのぉぉ・・・」 曲げていた膝を伸ばし、足首を掴むと望月さんは両肩にわたくしの脚を抱えます。一層深く・・そして長身な彼の身体はわたくしの腰を浮かして・・より激しく抽送を繰り返すのです。
忍者ブログ × [PR]