忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
1 2 3 4 5 6
26 2017 / 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「全部飲み込んだよ。ねえさんの身体・・すごい。」
「あぁぁっ・・・」 確かめるように一旦身を引くと、また奥まで・・・全てを飲み込ませたのです。
「最高だよ、ねえさん。全部包み込んで、こんなにしめつけて。」 森本さんはゆっくりと大きな動きでわたくしの内部を抉りはじめたのです。
「すごいのぉぉ・・・・」
「僕のは大きすぎるって女の子に嫌われることもあったんだ。全部収められないコもなんにんもいた。」 パァン・・・ 森本さんの手のひらが立ったままで貫かれるわたくしの白いヒップに赤い痕を付けたのです。
「はぁうっ・・・」 突然の痛みに・・わたくしはきゅぅっと・・・締め付けを強めてしまいます。
「はは 痛みにこんなに反応するなんて、ねえさん良すぎるよ。」 わたくしの頬は日差しでわずかに温められた窓ガラスに押し付けられていました。
「あぁぁん・・・やぁ」
「ん・・いやらしい声だね、ねえさんの喘ぎ声。脳味噌が沸騰しそうになる。もっと聞かせて。」 彼の腰が突然抽送のスピードを上げたのです。
「ぁぁぁ・・・ぁあああん・・だめぇぇ・・・ゆるしぃ・・てぇぇぇぇ」
「奥がひくひくしてるよ。ねえさん。」
「やぁぁぁ・・・いぃぃぃ・・・いいのぉぉぉ・・・まぁくぅぅん・・・」
「ねえさん ああ ねえさん締め付けてるよ いい」 ねえさんと繰り返す森本さんの声は・・・わたくしに血のつながった弟と交わっているような・・・禁忌のエクスタシーを呼び起こさせたのです。
「そんなにしたら逝っちゃいそうだよ、ねえさん」 言葉ではそう言いながらも・・・わたくしへの責めの手を緩めてはくれないのです。
「あぁぁぁ・・・いってぇぇぇ・・まぁ・くん・・んん・・いっちゃぅぅぅ」 森本さんの声に蕩けていたわたくしは・・・堅く閉じた瞼の内に・・淫楽がたえまなく閃くさまに翻弄されておりました。
「ねえさん サーファーが僕たちをみてるよ」 忘れかけていた・・・窓外の視線を感じた時・・・わたくしは一気に絶頂を極めてしまったのです。
「あああああぁぁぁっ・・だめぇぇ・・・いくぅぅ・・・ぅぅ・・・」 白く霞む視界の中でたしかに物陰からこちらをみるいくつかの眼を確かめてしまったのです。
「うっ・・・いくっ」 淫らすぎる行為に収縮を止める事のないわたくしの身体に・・・森本さんは熱すぎる迸りを浴びせたのです。
 
「はぁぁぁっ・・・」 塊を抜き去られたわたくしは・・・窓ガラスに火照った乳房をおしつけるようにして・・・その場に崩れ落ちてしまったのです。
「大丈夫? ねえさん」 森本さんが、わたくしの手をとってくださいました。それから彼が落としたスリップの肩紐を・・直してくれたのです。
「シャワー浴びてくる?」 わたくしは、力なく・・・無言で頷きいたのです。
「ごめん。ねえさんのTバック台無しにしちゃったよ。」 ランジェリーを身に着けたままの行為は・・・わたくしの下着を彼の白液にまみれさせていたのです。
「あとで僕がねえさんに似合うパンティをプレゼントしてあげるね。」 やさしい声で囁くと、ソファーに残されたままのわたくしのバスローブを取り上げて、バルスームまでついてきてくださったのです。
「お昼寝はなにも身につけないねえさんを抱きしめたいから、そのスリップは脱いできてね。それにお買い物は夕食が終わってからだよ。ディナーは僕が一緒だから、パンティなしでいくんだよ。」
「だめよ・・・そんなこと・・・」
森本さんはわたくしの言葉を全て聞くことなしに浴室のドアを閉めたのです。
今夜は・・・淫らで禁忌を犯す姉弟として・・・森本さんと過ごさねばならないようです。

 

 

祥子からの手紙ー12

トモくんと鴬谷のラブホテルを出たのは、まだ夜も明けきらぬ午前5時でした。

1月の早朝の冷気は、ミンクのコートを通しても肌を粟立てるほどに凍てついておりました。
駅前のタクシー乗り場には数台のタクシーが、窓ガラスを白く曇らせて停まっていたのです。
「それじゃね。楽しかったわ。」 わたくしはトモくんの冷たい頬に最後のキスをしたのです。
「祥子さん、送って行くよ。」
「いいわ。ここで失礼します。トモくん・・・幸せになってね。」 彼の頬に触れると・・・わたくしは1人でタクシーに乗り込んだのです。
「おねがいします。」 走り出したタクシーに、トモくんはいつまでも手を振っていてくれました。



 

明日の朝。
森本さんが目覚める前に、トモくんのNo.とアドレスは着信拒否にして、携帯のメモリーから削除しようと思います。
トモくんの幸せを願って。
PR
「欲しいの?」 いまだけ・・・このひと時だけ・・・姉弟で身体の関係を結ぶ・・・禁断の近親相姦のような関係。森本さんとならそうなってもいいと・・わたくしは心に決めたのです。
「欲しい。この真っ白で柔らかな胸も・・むっちりした太ももも・・おおきなヒップも全部。」 わたくしのスリップの右肩を落とすと・・・右側のGカップの乳房だけをむき出しにしたのです。
「ああ、ねえさんの胸。ブラウスの胸元から覗く白い肌がいつも気になってたんだ。それにこんなにくっきり乳首を堅くして。」 森本さんは1人掛けのソファーの前に立ちふさがって・・・わたくしの乳房と乳首を嬲りはじめたのです。
「はぁぁ・・ん」 感じやすい乳房は・・・朝からずっと増えてゆくトモくんとの最後の夜の記憶にあわせて・・・森本さんの手に・・・陥落していったのです。
「その声。何度、あの店の隣の席で聞きたいと思った事か。ねえさんの声・・・悩ましすぎるよ。」 窓辺のソファー・・・カーテンを引いたままの窓は・・海を見せるのと同じだけわたくしたちの姿を・・・海岸をゆくサーファーたちに露にみえていたにちがいないのです。
「おねがい・・カーテンを閉じて。ベッドに行きましょう。」 ソファーに座ったままのわたくしのスリップの左の肩紐を落とそうとする森本さんの手を押さえました。
「恥ずかしいわ。こんなに明るいところで、おねがい。」
「だめだよ。白い肌が見えなくなっちゃうからね。サーファー達に見せつけてやる。」 脚元から天井までの1枚ガラスの前に・・・右胸を露にしたままのわたくしを立たせたのです。
「やぁ・・っ・・・」 あまりに恥ずかしい姿に・・・わたくしは森本さんの方へと向き直ったのです。
「その顔。写真にとっておきたいくらいだよ、ねえさん。」 左の肩先に伏せられた森本さんの舌はあきらかに愛撫をはじめていたのです。
「あぁっ・・ゃぁぁん・・・」 左手はわたくしの乳房を・・・右手はスリップの裾をたくし上げ・・・わたくしのヒップを露にしたのです。
「だめぇぇっ・・・」 明るく差し込む午後の日差しが・・・アイリスブルーに縁取られたわたくしの真っ白な腰のふくらみを際立たせているに違いないのです。
「Tバックなんて履くんだね、ねえさん。」
「や・・ん・・・」
「その声・・ずきずきするよ。ほら、僕に見せて、ねえさんのいやらしいお尻。」 ぐるり・・と身体を回されてしまったのです。
「もっと腰を突き出して。そう。」 先ほどまでの夢想の中のトモくんと同じ言葉を、森本さんの口が紡ぎ出すのです。
「だめ。ねえさん、直しちゃだめだよ。そのままガラスに手を突いて。」 まろびでたままの乳房が・・・羞恥に立ち上がったままの乳首が恥ずかしくて、わたくしはそっとスリップの肩紐を直そうとしたのです。
「あん・・・ゆるして・・・・」 倒された身体からは・・・露にされた右の乳房だけが・・はしたなく垂れ下がっていたのです。
「ははは サーファー達が海から上がれなくなりそうだね、ねえさん。」 ぎゅっ・・と掴まれた乳房からは・・・わたくしの腰を淫楽で震わせたのです。
「みない・・で・・・」 後に廻った森本さんに弱々しく声をかけたのです。
フロントを釦で止める前明きのワンピースは、裾から膝上まで開いていたのです。ワンピースから見えない様に・・少し丈の短めなアイリスブルーのスリップを選んでいたのです。こんなことになるのなら、ロングスリップを選んだのですのに・・・。
まくり上げたスリップの下の・・・白い丸みを・・・陶器を愛でるように森本さんは撫でまわしてゆきました。
「今日はガーター?」
「えっ・・・」
「ねえさんのヒップ、ガーターストッキングがとっても似合いそうだから。違うの?」
「今日は・・ちが・う・・わ・・・」 Tバックの縁を辿るような森本さんの指遣いにわたくしの声は上ずってしまいます。
「今日はってことは、ガーターのこともあるんだね。いつも上品なねえさんの洋服の下がTバックにガーターだなんて、珈琲を飲みながら想像しちゃいそうだよ。」
「ゃぁ・・・」 いつもの珈琲専門店で必ず隣に座る彼の視線が・・・わたくしのウエストからヒップを探ることを意識しなくてはならないのでしょうか。
「はぁぁ・・ん・・・」 くちゅ・・・ 森本さんの指が・・太ももの狭間へと・・差し入れられたのです。
「もうこんなに濡れてるよ、ねえさん。ああ、我慢できないよ。」 
「ああぁっ・・・」 Tバックをずらして、唐突に森本さんの塊がわたくしの中に突き入れられたのです。
ぬちゅぅぅ・・・ あっあぁぁ・・いっぱぁぁいぃぃ・・・・。
「あっ・・あぅぅ・・ゆる・し・てぇぇぇ・・」 まだ見た事もない森本さんの塊は・・・太く・・大きかったのです。トモくんの記憶と森本さんの愛撫ですっかり潤っていたわたくしの中を・・それでも・・みしぃ・・みしぃぃと広げてゆくのです。



かたっ・・・ 浴室のドアの開く音が背後でいたしました。
森本さんがシャワーを出られたのでしょう。BGMはホルストのジュピターになっていました。
 
1人でいた間、わたくしは海の景色を瞳に映したままで脳裏はトモくんとの最後の時間を思い返していました。
17歳年下。あんなに若い男性と親しいお付き合いをすることは、もうないかもしれません。素直で優しいコ。幸せに・・・ほんとうに幸せになってほしいと、彼の面影に最後の言葉をかけたのです。
膝の上の文庫本はほんの数ページを繰っただけでした。その数ページの内容など、はずかしいのですが・・・わたくしの頭の中にはほんの少しも入ってなかったのです。
 
「ねえさん。」 森本さんの声がすぐそばで聞こえました。
「さっぱりした? ん・・ぁっ」 振り返ったわたくしの唇を・・・塞がれてしまったのです。
「・・んん・・っく」 先ほどの戯れのキスでは・・・もうありませんでした。わたくしの舌も・・唾液も・・・喘ぐ声さえも全て奪い尽くすような・・淫らな口づけだったのです。
ねえさんと呼ばれ、ほんとうの姉弟のように接していても、ふたりは・・・血のつながりなどない男と女なのだと・・森本さんの唇が告げていました。
「・・っ・・ぇぇ・・」 右手でわたくしの肩を抱き・・・左手はバスローブの紐を・・解こうとしていました。
「あん・・だめよ・・もりもと・・さ・ん・・ぁぁ・・」 彼の暖かな唇は顎のラインを通って反らせた喉を・・・バスローブを開かれた胸元へ向かって這ってゆくのです。
「まだこんなものを着てたんですね。」 彼の視線は喉からGカップの乳房に続く白い肌がゆるやかな隆起の途中で途切れている部分で止まっていたのです。
シャワーのあと、ネグリジェのかわりにと・・・アイリスブルーのスリップとTバックだけは身に着けていました。カーテンを閉じて明かりを決してお昼寝するのに・・・この姿なら森本さんを刺激しないかと思ったからです。
わたくしの前に立つ森本さんは・・・黒のバクサーパンツだけの姿でした。いつ・・・心変わりをしたのでしょうか・・・優しくてジェントルな弟だったのに。

 
「あぁっ・・・だめっ・・・」 彼の手はわたくしの肩からバスローブを引き下ろそうとしたのです。
「ねえさん、今日はずっと欲情してたでしょう。」 無理強いはせず・・・椅子に腰をかけたままのわたくしの首筋から肩先に向けて・・・バスローブを引きはがしただけ唇を這わせるのです。
「ちがう・・わ・・」 森本さんといて・・・欲情するなんて。こんな可愛い・・・弟なのに・・・
「違わないさ。鶴岡八幡宮の源氏池のほとりで僕の腕に当たったねえさんの乳首は、くっきり堅くなっていたよ。」 あの一瞬のわたくしの喘ぎの混じった声を・・・森本さんのプロの耳は聞き分けていたのです。
「ずっと・・・何か考えていたよね、ねえさんは。」 右の肩先まで露にした彼の手は今度は左の肩先までも・・・。
「ミルクを溶かしたようなあの瞳が僕のせいだって、そこまでは自惚れちゃいないよ。でも、欲情しているねえさんから漂ってくるフェロモンを我慢するのは、もう限界だ。」 あぁ・・・何もかも、知られていたのです。映像監督としての森本さんのプロの目を欺くことなんてできなかったようです。
「フェロモンなんて、ばかなこと言わないで。」 わたくしは、まだ森本さんとの関係を決めかねていました。わたくしをねえさんと呼ぶ彼との、友人以上恋人未満の関係が最も心地よかったからです。
「ねえさんは、僕が嫌い?」 わたくしの両手から・・・バスローブを抜き取ったのです。
「嫌いじゃないわ。あなたは・・・弟でしょ。」 ただの・・同じ店の常連同士から少しだけプライベートな場所へ近づくことを許した・・・たった1人の男性。
「いまだけでいいから。ねえさんのフェロモンで昂った身体を癒して。」 くちゅ・・・三度、森本さんの唇が重ねられたのです。今度は少し優しく・・普通の恋人同士のような甘さが含まれていました。
「いまだけ? これからも、いままでと同じ様にしていられる?」
「ん。約束するよ、ねえさん。いまだけ。ちゃんと昼寝ができるように、僕をなだめてほしい。」 ボクサーパンツに覆われた森本さんの熱い昂りが・・・アイリスブルーのスリップの胸に触れました。
「ねえさんもアイスコーヒーどう?」 カラン・・という氷の音が窓際のソファーセットから聞こえました。先ほどの声は・・・ルームサービスだったです。グラスにはまだ細かな水滴が浮かんでいるだけでした。
「あら、うれしいわ。」 胸元をきつくかき合わせて、森本さんの並びのソファーに座ったのです。
 
「きれいね。」 目の前には七里ケ浜の海が一望できました。
「なにしていたの?」
「ん、ずぅぅっと海を見てた。」 部屋の中には低くクラシックのBGMが流れていました。ここで、アイスコーヒーを飲みながら、海を見て作品に想いを馳せていたのでしょうか。
「そう。でも、目が眠そうよ。お昼寝前にお風呂浴びてらっしゃいな。お湯も入れ替えておいたから。」
「そうするよ。ねえさん、寝ちゃう?」
「なぁに」
「お風呂から出て1人だと淋しいなぁって思って。」
「甘えて・・もう。本を読んで、アイスコーヒーをいただいて待っててあげるわ。」 そう・・・森本さんに無防備な寝顔を一方的に見られることには抵抗があったからです。
「それじゃ、いってくるね。」 ジャケットを脱ぎはじめた森本さんに背を向けて・・・わたくしは窓の外の波にたゆたうサーファーたちの姿を見つめていました。

 



 
「あぁぁっ・・・トモくぅぅ・・ん」 腰だけを高く上げたわたくしの白いヒップを掴むと・・・トモくんはその手で割り開く様にして・・・大きく昂った塊を花びらの狭間へ突き入れたのです。
「洗ったばかりなのに、こんなにぐちゅぐちゅにして」 あぁっ・・・トモくんの言葉の通りだったのです。奥まで清めたばかりの身体は・・彼に触れられていただけなのに・・・蕩ける蜜を溢れさせてしまっていたのです。
「やぁぁぁ・・・だめぇぇ・・・そんな・・にしちゃ・・だめぇぇぇぇ」 バチャ・・バチャ・・トモくんの動きに合わせて浴槽のお湯は激しく波打つのです。
「ほら、水槽に手をついて。身体をあげて、祥子さん」 わたくしは壁沿いに伝う様に手をついて・・上体を少しづつ高く・・していったのです。
「・・ぁぁあああ・・いい・・ちがうぉぉ・・・そ・こぉ・・だめぇぇぇ」 身体を上げるにしたがって・・・トモくんが数の子天井だと喜んでいたわたくしの感じやすい部分が一層強く刺激されてしまうのです。激しい水音よりも・・・わたくしの細く高い喘ぎ声の方が・・・大きく浴室にこだましてゆきます。

 
「ほら!ほら! いいの、祥子さん」 2度満足しているトモくんは・・・わたくしの身体をどんなに追い上げても・・まだ余裕のままに責め続けるのです。強い腰はわたくしをどんどん水槽寄りに押し付けていったのです。
「いぃぃぃ・・のぉぉ・・・トモくんのぉぉぉ・・・いぃぃ」 水槽に押し付けられたGカップの白い乳房は・・・堅くしこった先端がわたくしをもっともっとと感じさせてゆくのです。
「だめだろ!祥子さん。勝手に乳首で感じちゃ!」 背中から伸びた手が・・・わたくしの乳房を左右から掴み取りぐぃと引いたのです。
わたくしの上体は彼の指だけに支えられ・・・淫らな蜜壷をトモくんの塊だけに貫かれた・・・不安定な姿勢を強要されたのです。
「指がうまっちゃうよ、祥子さんのバスト。これが感じるの?」 トモくんは乳首を人差し指と中指の間に挟むと・・・第二関節でぐりぐりと・・・捏ねるのです。
「あぅっ・・・・ひゃぁぁぁ・・・だめぇぇぇ」 長く大きな塊と指でトモくんはわたくしを翻弄しつづけました。
「胸を嬲ると、祥子さんの中がきゅって締まるよ。」 強弱をつけて・・・わたくしの感じやすい乳房を・・乳首を・・愛撫するのです。
 
「はぁっ・・・あぁぁ・・あぁぁぁ・・・も・・ぅぅぅ・・・だめぇぇぇ」
「ああいい、祥子さんの凄すぎるよ。」 一段と太くなった塊が内臓をすべて貫くんじゃないかと思うほど・・・強く抽送されるのです。後から犯されつづけるだけの・・・獣の体位にわたくしの身体はなす術もありませんでした。
「いっちゃうぅぅ・・トモくぅん・・・・いっくぅぅぅ」 エコーの掛かった喘ぎ声が一層淫らに響きわたくしの耳を辱めます。
「ほら!もっと感じて!」 わたくしの乳房を手放すと、青く光る水槽に縋らせて・・・白い腰を鷲掴みするのです。押し入る速度も深さも変えることなく・・・ぐるりと奥を捏ね回してゆきます。
「あっぁぁぁん・・・トモく・・ん・・ちょうだ・・い・・・しょうこのなかをまっしろにしてぇぇぇ・・」
「ん!いけっ!!」 トモくんの腰がわたくしにめり込むのではないかと思うほど深くに止まって・・・熱い精液をどくどくと・・吐出したのです。
「いっ・・くぅぅぅ」 わたくしはトモくんから与えられる最後の絶頂に、全身を震わしておりました。
「しかたないわね。」 わたくしは、怒ったような顔を・・・少しだけ緩めたのです。お部屋がないのなら仕方ありません。この贅沢なダブルルームは、2つのシングルルームよりも高価だったのかもしれないのです。森本さんがそう言うのなら、きっとお行儀よくしていてくれるのでしょう。
「よかった。ね、それじゃ先にシャワー浴びてくれば。さっぱりしてから昼寝しよ。」 ふわぁ・・・クマのぬいぐるみのような表情であくびをすると、クローゼットやドレッサーの引き出しを開けて、備え付けのバスローブを見つけてきたのです。
「いいのよ、森本さんが先になさっても。」 眠そうな瞳が可愛そうになってきました。
「ううん、レディファースト。ねえさんが先にバスルーム使って。」 森本さんは、意外とまめな方なのでしょう。そう言うなり、バスタブにお湯を溜めにいったのですから。
ここで押し問答をしていてもはじまりません。
「ありがとう。それじゃ、お言葉に甘えて。」 バッグをクローゼットに置くと、バスローブと先ほど買ってきたものだけを持って、1人バスルームへと向かいました。

 




「祥子さんをだっこしてるの、きもちいいよ。」 きらきらひかる泡のまあるいお風呂の中で、わたくしはトモくんの腕の中に抱きかかえられていました。
「疲れない?」 わたくしの肌から一瞬も離れたくないとでも言う様に・・・彼の手はわたくしの手を握りしめていたのです。
「大丈夫。祥子さんももっと楽にしていいよ。」
「ふふ ありがとう。」 首だけを後に巡らしてちゅ・・っとわざと可愛くキスしたのです。
「ねえ、祥子さん。」 トモくんが絡めていた指を解くと、その腕をわたくしの身体に回してきたのです。甘えるときの・・・なにかをねだるときの彼の仕草でした。
「なぁに?」
「前に一緒に会った先輩のこと憶えてる?背の低い方の先輩。」 わたくしが以前、元の上司との意に染まないひと時を過ごしたあとに、トモくんを呼び出した時についてきた二人の先輩のことでした。あの時、トモくんははじめて先輩も一緒にと・・3人の男性で一緒に・・・わたくしのことを朝まで嬲ったのです。
「憶えているわ」 わたくしよりも少し背が高いだけの、声の優しい男性。小柄なのにわたくしを貫いた塊は・・・凶暴なほどに猛々しかったのです。
「僕の後、あの先輩と付き合わない?あれから、何度も祥子さんのこと聞かれてるんだ。」
「何を言っているの。」 わたくしは言下に拒否をいたしました。
「だめ?」
「だめよ。あの時は、大好きなあなたがどうしてもって言うからご一緒しただけよ。トモくんがいないのに、あの方とお付き合いするなんてできないわ。」
「そっかぁ」 トモくんの声は・・・なぜか残念そうでした。
「あたりまえでしょう。」
「ん、先輩と祥子さんが付き合えば、時々逢えると思ったんだ。先輩と一緒にあの時みたいに祥子さんを可愛がってあげられるのにって。」 なんてことを考えているのでしょう。これから可愛い新妻と新婚生活を送る人なのに、先輩に委ねてまで・・・わたくしを手放したくない・・・なんて。
 
トモくんの手はお湯の上の硬質な泡を掬っては・・・わたくしの白い項へと這ってゆきます。
「だめよ、今日でおわり。先輩さんともお付き合いはしないわ。」 気持ちは・・・トモくんの気持ちは嬉しかったのです。でも、今夜が汐時でしょう。
「まだ、気が済まないの? あんなに激しくしたのに。」
「ん、まだ。ほらこんなになってるんだよ。」 浴槽の中でわたくしのまぁるい腰には昂ったままの塊が熱い脈動を伝えていたのです。
「困ったコね、もう」 首を反らしてすり寄せた彼の頬は・・・おひげでちくちくしていたのです。
「ここで・・・したいの?」 背中を預けるように、わたくしは最後の誘惑の言葉をトモくんの耳元で囁いたのです。
「祥子さんっ」 わたくしの身体を引き立てると、浴槽の縁に手をつかせて・・・後から・・・身体を重ねたのです。





「お先にちょうだいしたわ。」 濡れた髪をタオルで包み、バスローブ姿で森本さんに声を掛けました。手に持った洋服は、彼の目に触れない様に素早くクローゼットに収めたのです。
忍者ブログ × [PR]