忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「しかたないわね。」 わたくしは、怒ったような顔を・・・少しだけ緩めたのです。お部屋がないのなら仕方ありません。この贅沢なダブルルームは、2つのシングルルームよりも高価だったのかもしれないのです。森本さんがそう言うのなら、きっとお行儀よくしていてくれるのでしょう。
「よかった。ね、それじゃ先にシャワー浴びてくれば。さっぱりしてから昼寝しよ。」 ふわぁ・・・クマのぬいぐるみのような表情であくびをすると、クローゼットやドレッサーの引き出しを開けて、備え付けのバスローブを見つけてきたのです。
「いいのよ、森本さんが先になさっても。」 眠そうな瞳が可愛そうになってきました。
「ううん、レディファースト。ねえさんが先にバスルーム使って。」 森本さんは、意外とまめな方なのでしょう。そう言うなり、バスタブにお湯を溜めにいったのですから。
ここで押し問答をしていてもはじまりません。
「ありがとう。それじゃ、お言葉に甘えて。」 バッグをクローゼットに置くと、バスローブと先ほど買ってきたものだけを持って、1人バスルームへと向かいました。

 




「祥子さんをだっこしてるの、きもちいいよ。」 きらきらひかる泡のまあるいお風呂の中で、わたくしはトモくんの腕の中に抱きかかえられていました。
「疲れない?」 わたくしの肌から一瞬も離れたくないとでも言う様に・・・彼の手はわたくしの手を握りしめていたのです。
「大丈夫。祥子さんももっと楽にしていいよ。」
「ふふ ありがとう。」 首だけを後に巡らしてちゅ・・っとわざと可愛くキスしたのです。
「ねえ、祥子さん。」 トモくんが絡めていた指を解くと、その腕をわたくしの身体に回してきたのです。甘えるときの・・・なにかをねだるときの彼の仕草でした。
「なぁに?」
「前に一緒に会った先輩のこと憶えてる?背の低い方の先輩。」 わたくしが以前、元の上司との意に染まないひと時を過ごしたあとに、トモくんを呼び出した時についてきた二人の先輩のことでした。あの時、トモくんははじめて先輩も一緒にと・・3人の男性で一緒に・・・わたくしのことを朝まで嬲ったのです。
「憶えているわ」 わたくしよりも少し背が高いだけの、声の優しい男性。小柄なのにわたくしを貫いた塊は・・・凶暴なほどに猛々しかったのです。
「僕の後、あの先輩と付き合わない?あれから、何度も祥子さんのこと聞かれてるんだ。」
「何を言っているの。」 わたくしは言下に拒否をいたしました。
「だめ?」
「だめよ。あの時は、大好きなあなたがどうしてもって言うからご一緒しただけよ。トモくんがいないのに、あの方とお付き合いするなんてできないわ。」
「そっかぁ」 トモくんの声は・・・なぜか残念そうでした。
「あたりまえでしょう。」
「ん、先輩と祥子さんが付き合えば、時々逢えると思ったんだ。先輩と一緒にあの時みたいに祥子さんを可愛がってあげられるのにって。」 なんてことを考えているのでしょう。これから可愛い新妻と新婚生活を送る人なのに、先輩に委ねてまで・・・わたくしを手放したくない・・・なんて。
 
トモくんの手はお湯の上の硬質な泡を掬っては・・・わたくしの白い項へと這ってゆきます。
「だめよ、今日でおわり。先輩さんともお付き合いはしないわ。」 気持ちは・・・トモくんの気持ちは嬉しかったのです。でも、今夜が汐時でしょう。
「まだ、気が済まないの? あんなに激しくしたのに。」
「ん、まだ。ほらこんなになってるんだよ。」 浴槽の中でわたくしのまぁるい腰には昂ったままの塊が熱い脈動を伝えていたのです。
「困ったコね、もう」 首を反らしてすり寄せた彼の頬は・・・おひげでちくちくしていたのです。
「ここで・・・したいの?」 背中を預けるように、わたくしは最後の誘惑の言葉をトモくんの耳元で囁いたのです。
「祥子さんっ」 わたくしの身体を引き立てると、浴槽の縁に手をつかせて・・・後から・・・身体を重ねたのです。





「お先にちょうだいしたわ。」 濡れた髪をタオルで包み、バスローブ姿で森本さんに声を掛けました。手に持った洋服は、彼の目に触れない様に素早くクローゼットに収めたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]