忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「欲しいの?」 いまだけ・・・このひと時だけ・・・姉弟で身体の関係を結ぶ・・・禁断の近親相姦のような関係。森本さんとならそうなってもいいと・・わたくしは心に決めたのです。
「欲しい。この真っ白で柔らかな胸も・・むっちりした太ももも・・おおきなヒップも全部。」 わたくしのスリップの右肩を落とすと・・・右側のGカップの乳房だけをむき出しにしたのです。
「ああ、ねえさんの胸。ブラウスの胸元から覗く白い肌がいつも気になってたんだ。それにこんなにくっきり乳首を堅くして。」 森本さんは1人掛けのソファーの前に立ちふさがって・・・わたくしの乳房と乳首を嬲りはじめたのです。
「はぁぁ・・ん」 感じやすい乳房は・・・朝からずっと増えてゆくトモくんとの最後の夜の記憶にあわせて・・・森本さんの手に・・・陥落していったのです。
「その声。何度、あの店の隣の席で聞きたいと思った事か。ねえさんの声・・・悩ましすぎるよ。」 窓辺のソファー・・・カーテンを引いたままの窓は・・海を見せるのと同じだけわたくしたちの姿を・・・海岸をゆくサーファーたちに露にみえていたにちがいないのです。
「おねがい・・カーテンを閉じて。ベッドに行きましょう。」 ソファーに座ったままのわたくしのスリップの左の肩紐を落とそうとする森本さんの手を押さえました。
「恥ずかしいわ。こんなに明るいところで、おねがい。」
「だめだよ。白い肌が見えなくなっちゃうからね。サーファー達に見せつけてやる。」 脚元から天井までの1枚ガラスの前に・・・右胸を露にしたままのわたくしを立たせたのです。
「やぁ・・っ・・・」 あまりに恥ずかしい姿に・・・わたくしは森本さんの方へと向き直ったのです。
「その顔。写真にとっておきたいくらいだよ、ねえさん。」 左の肩先に伏せられた森本さんの舌はあきらかに愛撫をはじめていたのです。
「あぁっ・・ゃぁぁん・・・」 左手はわたくしの乳房を・・・右手はスリップの裾をたくし上げ・・・わたくしのヒップを露にしたのです。
「だめぇぇっ・・・」 明るく差し込む午後の日差しが・・・アイリスブルーに縁取られたわたくしの真っ白な腰のふくらみを際立たせているに違いないのです。
「Tバックなんて履くんだね、ねえさん。」
「や・・ん・・・」
「その声・・ずきずきするよ。ほら、僕に見せて、ねえさんのいやらしいお尻。」 ぐるり・・と身体を回されてしまったのです。
「もっと腰を突き出して。そう。」 先ほどまでの夢想の中のトモくんと同じ言葉を、森本さんの口が紡ぎ出すのです。
「だめ。ねえさん、直しちゃだめだよ。そのままガラスに手を突いて。」 まろびでたままの乳房が・・・羞恥に立ち上がったままの乳首が恥ずかしくて、わたくしはそっとスリップの肩紐を直そうとしたのです。
「あん・・・ゆるして・・・・」 倒された身体からは・・・露にされた右の乳房だけが・・はしたなく垂れ下がっていたのです。
「ははは サーファー達が海から上がれなくなりそうだね、ねえさん。」 ぎゅっ・・と掴まれた乳房からは・・・わたくしの腰を淫楽で震わせたのです。
「みない・・で・・・」 後に廻った森本さんに弱々しく声をかけたのです。
フロントを釦で止める前明きのワンピースは、裾から膝上まで開いていたのです。ワンピースから見えない様に・・少し丈の短めなアイリスブルーのスリップを選んでいたのです。こんなことになるのなら、ロングスリップを選んだのですのに・・・。
まくり上げたスリップの下の・・・白い丸みを・・・陶器を愛でるように森本さんは撫でまわしてゆきました。
「今日はガーター?」
「えっ・・・」
「ねえさんのヒップ、ガーターストッキングがとっても似合いそうだから。違うの?」
「今日は・・ちが・う・・わ・・・」 Tバックの縁を辿るような森本さんの指遣いにわたくしの声は上ずってしまいます。
「今日はってことは、ガーターのこともあるんだね。いつも上品なねえさんの洋服の下がTバックにガーターだなんて、珈琲を飲みながら想像しちゃいそうだよ。」
「ゃぁ・・・」 いつもの珈琲専門店で必ず隣に座る彼の視線が・・・わたくしのウエストからヒップを探ることを意識しなくてはならないのでしょうか。
「はぁぁ・・ん・・・」 くちゅ・・・ 森本さんの指が・・太ももの狭間へと・・差し入れられたのです。
「もうこんなに濡れてるよ、ねえさん。ああ、我慢できないよ。」 
「ああぁっ・・・」 Tバックをずらして、唐突に森本さんの塊がわたくしの中に突き入れられたのです。
ぬちゅぅぅ・・・ あっあぁぁ・・いっぱぁぁいぃぃ・・・・。
「あっ・・あぅぅ・・ゆる・し・てぇぇぇ・・」 まだ見た事もない森本さんの塊は・・・太く・・大きかったのです。トモくんの記憶と森本さんの愛撫ですっかり潤っていたわたくしの中を・・それでも・・みしぃ・・みしぃぃと広げてゆくのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]