忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
27 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

15 2006 / 07
「なかなかシェフのところにお伺い出来なくて申し訳ございません。」 またぜひお越し下さい、と言われながらもう半年以上が過ぎていたのです。
「ははは、ここでシェフでもないでしょう。田口です、祥子様はもうお忘れですか?」 明るい・お腹の底から出てくるような笑い声も、あの時と同じでした。
「ごめんなさい、田口さん。お名前を忘れていたわけではありませんわ。それに今日はあなたのお店のお客様でもないのですから、わたくしのことも様は抜きでお願いします。」
「そうでした。とはいえ、祥子、と呼び捨てにしたら美貴様達に怒られてしまいそうですから、今日は祥子さんと呼ばせていただきます。」
「ふふふ」 この方はそんなことまで憶えていてくださったようです。たった一度お逢いした方。でも忘れることなんてできない方との久方の自己紹介はこれで終わりです。
 
「わたくしは、先ほど知り合いの方の還暦のお祝いが終わったところですの。こちらのお庭の蛍は有名でしょう。せっかくなら見てゆきたいと思って。」 ロビーでひとり思案顔をしていた訳を、簡単にお話したのです。
「田口さんはどうしてこちらに?今日はホテルの方はお休みですの?」
「ええ、今日は月曜日なので休みなんです。このホテルのフレンチのシェフが後輩にあたるものですから、夏の繁忙期前にちょっと顔を見に来たんですよ。」 こちらのフレンチダイニングは安定したお味と繊細なメニューで定評のあるレストランです。この方の後輩さんだとうかがえば、なるほど・・・と頷けました。
「もう御用はお済みになられたの?」
「ええ、彼とは丁度ランチとディナーの間の休憩時間にゆっくり話してきました。そろそろ帰ろうか、たまには蛍でも見ようかと思っていたところで祥子さんのことをお見かけしたんです。」 ちょうど夕方の6時すぎ。夕暮れの気配がほんの少し忍び寄ったロビーは、真っすぐに帰宅することを躊躇わせるような空気が漂っていたのです。
「1人で蛍も味気ないと思いましたが、祥子さんがご一緒なら別です。いかがですか?ご一緒に夕食でもして、頃合いを見て蛍狩りなんて。」 わたくしも同じことを考えておりました。田口さんとご一緒に過ごすのも・・・悪くない、と。
「ありがとうございます。それではお言葉に甘えて、ご一緒させていただきます。」 軽く頭を下げるわたくしの白い首筋に、田口さんの視線が流れていたことに・・・全く気付いてはおりませんでした。
 
「食事はフレンチでいいですか?今日のパーティではなにを召し上がったのですか?」 レストランの並ぶ方へと田口さんはゆっくりと歩いてゆきます。
「和食でしたの。でも、ガーデン・パーティでしたからとても軽い・・・先付けをオードブルにした感じのお料理でしたの。」
「庭の中の料亭でだったのですね。じゃ、メニューはかぶらないほうがいいですね。後輩の仕事を祥子さんの舌で批評してやってください。」
「批評なんて、いやですわ。田口さんたら」 シェフにエスコートされて席に着いたのは、庭に面したフレンチレストランだったのです。
「メニューはおまかせしていただいてよろしいですか?」
「ええ」
「それでは、シーズンディナーを。それとおすすめの軽めの赤ワインをおねがいします。乾杯はシャンパンがいいな。最初に持ってきて下さい。」 てきぱきと、田口さんがオーダーをなさいました。きっとさきほど、後輩だというこのレストランのチーフシェフとお話をされていたのでしょう。どんなメニューか知らずに待つことも、お食事という場では楽しみが増すというものです。
 
「シャンパンでございます。」 わたくしたちの前に2つの細かい泡が立ち上るフルートグラスが用意されました。
「では、偶然の再会に乾杯。」「乾杯♪」 軽く目線に上げたグラス越しに視線を交わすと、はじける液体を喉へと流し込んだのです。
「おいしいわ。暑い時期にはこの爽快感がすてきね。」 口中にひろがる葡萄の香りはマムのように思えました。
「祥子さんは、黒が似合いますね。肌が白いせいかな。あの夜も黒でしたね。」 田口さんがまるでシャンパンの味をたたえるように・・・わたくしの今日の装いを口にされたのです。
贅沢に空間のとられたディナーテーブルの中でも、二人が通されたのは二方をガラス面に囲まれたお席でした。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]