忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
1 2 3 4 5 6
24 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

07 2006 / 05
「祥子様 大丈夫ですか?」 冷たいおしぼりがわたくしの額に押し当てられました
「ぁ・・ありがとう」 わたくしの身体にはふかふかで真っ白なバスローブが掛けられていたのです
「起きあがれますか?」 肩に手を添えてくださる望月さんに後押しされてわたくしはベッドの上に半身を起こしました
「さぁ 袖を通してください」 腕を上げることさえぐったりと感じるほどに疲れ切っていることがわかりました 意識を失う寸前に美貴さんと山崎さんのお二人から体奥に浴びせられた精は既に出来る限り清められていたのです
ベッドエンドの壁一面の鏡の前には いまは何もなかったかのように静かにカーテンが下ろされてありました
「いま、何時なのかしら?」 
「そろそろ7時です 朝日をご一緒に見たいと、皆様となりのリビングでお待ちです」 えっ・・・もうそんな時間?
「わたくしそんなに・・・」 望月さんももうソープの香りを漂わせたバスローブ姿になっていました あのまま長い時間1人で気を失ったままだなんて・・・
「いいえ ほんの30分ほどです」
「・・・・30分」 ほとんど一夜を徹して・・・わたくしはこの方達に愛され続けていたのです
「祥子様 明日はなにかご予定がございますか?」 改まった感じで望月さんが質問をなさいます
「いいえ 特には」 この方達とご一緒した翌日はとても普通にはいられないのはわかっていました 余韻を醒すために必要になると思い予定は入れていませんでした
「それではお戻りが少し遅くなっても構いませんか?」
「ええ」 たしかに 少し眠りたかったのです 温泉で身体を清めて・・・このまま・・・できれば彼の腕の中でぐっすり
「わかりました それではそのようにさせていただきます」 コン・・コン・・ベッドルームのドアをたたく音がします
「今日は晴天ですからきっと綺麗です さぁ 参りましょう」
わたくしは望月さんに手を取られて お三方が待つリビングに向かいました
「やぁ」 そう微笑む石塚さんの向こうに ちらちらと舞う今年最初の風花を光らせて・・・雲海から輝く太陽が・・・眩しく煌めいておりました
 
 

祥子からの手紙ー10
 
ほんの少しレモンを絞ったミネラルウォーターのグラスを手に
わたくしは4人の男性に囲まれて今年はじめての日の出を見つめていました
すっかり登り切ったお日様を眩しげに見やると
激しい一夜の後 
お三方は言葉少なにわたくしとキスを交わし
ゲストルームへとつかの間の睡眠を取りに向かわれました
 
わたくしは・・・この方達に心の内を読まれていたのでしょうか
望月さんの腕に抱かれてメインベッドルームで眠ることができました
 
別荘を出たのは結局翌朝でした
いまは望月さんの運転するセルシオにわたくしだけを乗せて
東京に向かっているところです
皆様は結城さんの運転する車でご一緒に戻られるとおっしゃっておりました
 
最後の一日と帰り道での出来事は
また機会がございましたらお話させていただきます
 
いまは・・・望月さんごめんなさい おねがい すこし まどろませ・・て・・・
PR
06 2006 / 05
「美貴のと僕のを一緒に飲み込むのは、初めて逢った夜以来ですね」
「あの時バージンを失った祥子さんは 可愛かった」
「そう あんなに乱れて」
わたくしを挟んで上下から美貴さんと山崎さんの声が聞こえます 快感に朦朧としていた意識が少しずつ焦点を結んでゆきます
「でも 今夜の祥子さんのほうがもっと素敵ですよ 僕はずっと逝くのを我慢してるんですからね 入れただけでこんなに感じさせてくれるアナルなんて滅多に無い」
「・・・ぁあぁぁ・・・おっしゃらないでぇぇ」 意識を取り戻すと同時に身体に加えられている愛撫の刺激が次第に明確になってゆくのです
身体の下にいらっしゃる美貴さんはわたくしの双臀の谷間を広げ ぐりぐりと腰を使われて・・・根元までしっかりと飲み込んだ塊でわたくしを責め立てておりました
山崎さんは先ほどまで美貴さんが嬲っていた右の乳首を指でいらい 片手を添えた塊の先端でわたくしの真珠に一筆書きを繰り返してらっしゃったのです
ベッドの足元には石塚さんと望月さんがわたくしの足首から順にふくらはぎをねぶっていたのです
 
「・・ゆるして・・・」 数え切れないほどの絶頂は自らの身体を起こす力も奪うほどにわたくしを消耗させていました
蜜壷と排泄器官をつなぐ細くて白い渡殿はつぎつぎと差し入れられる大きな塊の摩擦でひりつき わたくしを責めるのです
「もう 夜明けも近いでしょう そろそろ終わりにしないとご来光を拝み損なってしまいますからね」
長い・長い夜・・・もうそんな時間になっていたなんて
「祥子さん 僕を満足させてください」
「ひぃぃぃ・・・・ぁぁああああ・・・」 山崎さんのひと際大きな塊が幾度もの交わりでむき出しにされ感度を増した蜜壷を一気に押し広げて最奥まで押し入ったのです
「こんなにきつくなっている ふふ まだ感じてるんですね 祥子さん 素敵だ」 遮るもののないベッドエンドに・・・両脚を二人の男性の手と唇に絡み取られて・・・翳りを失った花びら餅をむき出しにしたわたくしに山崎さんは全体重をかけるような抽送を繰り返します
「やぁぁ・・だめぇぇ・・・たすけてぇぇぇ・・・」
「どうしました 祥子さん こんなにひくつかせてるのに 感じてないなんて言わせませんよ」 下からアナルに押し入れたままの塊を山崎さんの腰遣いで肉壁越しに扱かれている美貴さんがわたくしの耳元で囁きます
「あぁぁ・・はぁう・・・おね・・が・い・・・」
「なんですか 祥子さん」 じっくりと蜜壷を味わうような腰遣いの狭間で山崎さんが答えます
「おねが・・い・ぃぃ・・もう・・いかせ・・ないでぇぇぇ」 身体中の快楽神経をMaxに反応させられつづける衝撃に涙を浮かべた瞳で山崎さんを見上げたのです
「そんなに何度も逝ってるんですか この淫乱な身体で」 ふくらはぎを舐めていた二つの唇は太ももを這い上がり・・・柔肌に包まれた体側を舐め回します
「あぁ・・いまもぉ・・また・・ぁぁぁ・・っいくぅぅ」 ぴくん・・ぴくと身体はわたくしの意志を置き去りに山崎さんを受け入れてから達しつづけていたのです
「ああ 逝ってますね でもまだ祥子さんの身体は僕のを欲しがってますよ」 淫楽にまみれまたも下がって来た子宮の入り口をこじあけんばかりに 山崎さんの塊は再奥を捏ね回します
「だめ・・ぇぇ・・・ゆるして・・・ぇぇぇぇ・・・」 
「動かなくても山崎のと祥子さんの締め付けで逝ってしまいそうですよ」 耳朶を舐る合間に美貴さんの責め語がつぶやかれるのです
「もう・・はぁぁぁ・・ん・・いきたく・・ない・・あぁぁ・・おかしくなっちゃうぅぅ・ま・・たぁぁぁ・・・いくぅぅぅ」 体側から腋窩を舐めた二つの唇はわたくしの絶頂を合図にしたかのように左右の乳首を含んだのです

「美貴 もういいか?」 山崎さんの声は吐出の衝動に掠れていました
「ああ もう我慢できそうにない」 美貴さんの声も・・・同じだったのです
「祥子さん これで最後です 一緒に逝きましょう」 山崎さんが声と同時に腰の動きを一層早めました
「あぁぁぁ・・・いっしょ・・?」
「そうです 一緒です 逝くんです 祥子さん」 美貴さんもわたくしの下になっているとは思えない腰遣いでわたくしを追い込みます
「いぁぁぁ・・そんなに・・しちゃ・・だめぇぇ・・・」
「逝くんです 祥子さん 感じやすい乳首を酷くしてあげるから 逝きなさい」 右側の乳首を石塚さんが甘噛みして舌先で舐ります
「・・はぁぁぁ・・・いぃぃぃ・・・あぁああぁぁぁんん」
「祥子様 逝ってください 祥子様の逝き顔を見せてください」 望月さんの両手がたふたふと揺れる乳房に10本の指を食い込ませて・・・舌が乳首を苛むのです
「ぁぁ・・あぁぁぁ・・・いくぅぅ・・・」
「逝くんです 祥子さん」「いくぞ!!」「いけ!」「逝ってください」 
「はぁぅぅぅ・・ぁぁぁぁ・・・いっ・・くぅぅぅぅ・・・」
4人の男性の声に煽られ 蜜壷とアナルの奥深くを真っ白な精液で染め上げられながら・・・わたくしは気の遠くなるような絶頂を極めたのです
05 2006 / 05
「両手を後に突いてください」 宙に浮いた不安定な姿勢のままで山崎さんの塊を唇に受け入れていたわたくしの両手を漸く解放し 自分で上半身を支えなさいと・・おっしゃるのです
「あぁぁあん・・だめぇ・・・」 身体を起こし・また後に反らせるその動きだけでも 美貴さんの塊はわたくしの胎内で抉る向きを変え・・・自ら望んで快楽を貪ったかのような結果をもたらすのです
「これでいつものフェラチオができますね」 わたくしの右側に立った山崎さんは・・・先ほどまでの唾液に濡れ光った塊をあらためて唇に押し付けるのです
表面にまとわりつく粘液には仄かに男性の精の香りさえ加わっていたのです
「んぁああ・・んぐぅぅっ・・」 足の小指と薬指を同時に含まれる妖しい感覚に喘ぎを漏らした唇に・・・ずぅぅぅ・・っと 猛ったままの塊を押し込まれてしまったのです
「これじゃ我慢できないな」 右手でご自分のものを扱き立てながら足元には石塚さんが立つのです
「さっきはアナルだったからな 祥子さんの花びら餅をこれで味合わせてもらうことにするよ」 満足なさったばかりのはずなのに・・・あぁぁぁ・・だめぇぇぇ・・・
「ずるいですよ 石塚さん」 山崎さんが先ほど再度わたくしを欲しがる美貴さんに言われて一旦明け渡した場所です 
すでに先ほど満足されている石塚さんに、それでもわたくしの唇から塊を抜き出すことも無く・・・腰を使ったままで山崎さんが非難の声を上げます
「ふふ 祥子さんの薄い壁越しに石塚さんの大きなかりが動くのがわかりますよ 今夜は元気ですねぇ」 美貴さんまでもが揶揄するように先輩に声を掛けます
「久しぶりだよ こんなに早く回復したのはね ああ いい アナルも良かったが やっぱり祥子さんの蜜壷はいいね」 2つの塊が反り身になったわたくしの中を埋めてゆくのです ほとんど動くことの出来ない美貴さんに変わって石塚さんは容赦なく激しい抽送をはじめたのです
「ん・・くぅぁぁぁ・・・」 山崎さんの裏筋を舐め上げようとする舌の動きを思わず止めてしまうほどの強烈な快感でした それに反対の足指への口戯を望月さんがはじめたのです
「剃毛するとこんなに敏感になるものなんですね 祥子さん 凄い締め付けですよ いいですか ほら ここがいいのかな」 角度を変えて・・深さを変えて・・奥の突き当たりまでを大きく張り出した塊が突き上げ・擦りあげてゆくのです 
「口がお留守ですよ 祥子さん」 胎内からの2つの塊が送り出す刺激に蕩けそうになるわたくしを山崎さんが引き戻すのです
幾重にも押し寄せる淫楽はわたくしをばらばらに引き裂いてゆくのです
「あぁ 2度目なのにまた祥子さんに逝かされてしまいそうだ」 わたくしの中で石塚さんが一段と太さを増してゆきます
「うぐぅぅぅ・・・ぁ・・ぁぁくぅぅ」 抽送も一段と早さを加えます 蜜壷とアナル・・・口腔・足指・・そして美貴さんの指が這う背中 わたくしはまた頂点へと追い込まれていました
「祥子さんも逝くのか あぁ奥が蠢いてるよ 逝くんだね ああ逝くよ 祥子 逝くっ!!」 じゅぷ・じゅく・じゅぽ・・・淫らな蜜音を響かせながら石塚さんは美貴さんとの間の肉壁を擦り立てると 最もわたくしが感じやすい最奥を突き上げた塊を引き抜いて・・・真っ白な熱い精液をわたくしのお腹から乳房の下辺までに・・・振りかけたのです
 
「石塚さん 交代してください」 わたくしの口腔をイラマチオから解放して山崎さんはベッドエンドに立つ石塚さんの肩をたたきました
わたくしは・・・まだ美貴さんの長い塊に貫かれたままで・・・ぐったりと彼の上にその身を横たえていたのです
下から抱きしめるような形で でも美貴さんの手はわたくしの両の乳首をいらっていました
「あぁ そうだな」 吐出の余韻の残る塊を蜜壷に押し込んだ石塚さんは 快感に収縮する蜜壷に自然と排出されるまで・・・ご自分の茂みを溢れ出る愛液と精液のカクテルにしとどに濡らしたままで・・・じっとなさっていたのです
「逝き切ったあとの祥子さんも良くてね なかなか離れられなかったんだよ」 薄く苦笑いを浮かべゆっくりと身体を離しました
「そんなにいいですか 楽しみですね」 山崎さんの左手は凶暴なほどに猛った質量をほんの僅かでも落とさない様に・・・塊を扱きつづけていたのです
「白い肌を汚してすまないね」 ぐったりと眼を閉じているわたくしを見やると 湯で絞ったタオルを手に傍らに立つ望月さんとわたくしのどちらともなくさりげないひと言を付け加えられました
「それに ここも祥子さんの口できれいにしてもらいたかったが あの様子じゃ無理みたいだね」 石塚様・・・と望月さんが差し出したタオルを受け取るとまだ蜜が滴っている塊とぬめる茂みを丹念に拭ったのです
「こんなにたっぷり逝かされたのは久しぶりだよ さすがに祥子さんだ」
石塚さんは満足気に頷くとベッドの下に・・・まだ望月さんの唇が触れていない・・わたくしのふくらはぎへとその舌を這わせたのです
04 2006 / 05
「あ・・あぁぁぁ・・」
「息を吐いて身体の緊張を解くんです」 背中から美貴さんの声が飛びます
「はぁぁ・・あっ・・あぁぁぁ」 美貴さんの塊は先端のかりまで飲み込むとずるすると・・・わたくしの体重分だけ・・ずっぷりと胎内に収まってゆくのです
「あと少しで全部飲み込みますよ 祥子さんのアナルはもうこんなに解れて ああ 入れるだけでも気持ちいいですよ」
「あぁ・・ああぁあ・ぁぁぁ・・」 
「これで全部飲み込みましたね」 わたくしの・・・姫菊は・・もう・・ただの排泄器官ではなくなっていました 敏感になった肉壁は美貴さんの塊にまるで意志があるもののように絡み付いていたのです
「2度も祥子さんのアナルを楽しめるなんてうれしいですね 祥子さんの蜜壷も味わいたいけれど・・・これほどに熟したアナルはなかなか味わえるものではないですからね」 美貴さんの塊のひくつきさえ・・・克明にわたくしの身体は感じて・・・蜜をこぼしてしまうのです
 
「さぁ 僕のをフェラチオしてくださる約束ですよ」 山崎さんはベッドの上に立ってらっしゃいました
仰向けのまま身体の芯を美貴さんの塊に貫かれたわたくしの顎を後から掴むと反り返らせる様に強引に口元に塊を押し当てるのです
「脚を伸ばして 僕の上に体重を掛けて座ってしまっていいですよ」 美貴さんの声がします
背後から両手を掴まれ後に引かれて・・・膝をついてアナルで美貴さんに留めつけられているわたくしはバランスを崩しそうになったのです
脚元に回った望月さんが左側から右側へとわたくしの脚を伸ばし・・・一段と深く美貴さんを飲み込ませたのです
「ああぁぁぁ・・・だめぇ・・・」 長く反り返った美貴さんの塊は終わりの無いアナルの奥へと遠慮なく進んでくるのです
「さぁ 僕のを咥えるんです」 わたくしの両手をご自分のウエストにまわすように引き寄せると・・・がくりと後向きに落ちた頭の口元に・・大きな塊を押し込むのです
「うぐぅぅぅ・・・」 ちゅぷ・・くちゅ・・・ 山崎さんが求めたのは・・・フェラチオというよりも・・・イラマチオでした 逃れることができないように腕を掴まれ・・先ほどわたくしの蜜壷を突き上げた様に身動きできない唇に喉奥まで山崎さんを押し込みつづけるのです
「ああ いいですよ 祥子さん」 不安定なベッドの上に立ったままで・・・腰を送り続ける山崎さんの先端に触れる舌をわずかに震わせるのが精一杯です
「ん・・んくぅぅ・・ちゅぅぅく・・」 無理な体勢は口戯を尽くすことさえできない状態でした 塊を吸い立てるように唇を窄め・・・柔らかい頬の内側を大きな山崎さんの塊に沿わせることしかできません
「ふぁっ・・んぁくぅ・・」 新たな刺激にわたくしはぴくん・・と身体を跳ねさせてしまいます ベッドの下ではわたくしの足指を望月さんが一本づつ口に含みねぶり初めておりました
暖かな舌の感触が親指の先端から足指と足指の間の敏感な部分にひらめくと 同時に下あごの歯が柔らかな親指の腹を扱き立てるのです 
足を男性の・・・望月さんの口に舐られる・・・そんなタブーさえわたくしの快感を煽ってゆくのです
「ふふ 動かなくてもこんなに祥子さんのアナルは感じさせてくれるんですね」 新たな指を含まれる度にわたくしの身体はひくつき 蜜壷とアナルを締め付けてしまうのです ごりぃっ・・・下から腰をまわす様に押し上げます 美貴さんの太い根元にいっぱいまで開かれた姫菊はわずかに擦り立てる動きさえ新たな淫楽を送り込みます
「祥子さん 僕のフェラチオに集中してください」 そんなことはできなくなっていました 感じやすい乳房は放置されたままなのに山崎さんのイラマチオで身体の上で揺れる度に敏感に立ち上がった先端から甘い疼きが流れ込むのです 
こんな責めはわたくし・・はじめてです
突かれるままに唇と舌をわたくしは山崎さんに捧げていました 
同時に山崎さん以外の男性が与える刺激に、声を喘がせるのと同じだけ舌と唇を震わせて・・・口腔内を一杯に満たす塊にお応えしていたつもりです なのに・・・それでは満足しないと・・言われてしまったのです
03 2006 / 05
「山崎 祥子さんの口を味わいたいって言ってなかったか?」 美貴さんが意味ありげに目配せをします
「またか? 山崎」 車の中でずっとわたくしにフェラチオを強要していたことを知っている石塚さんは呆れたな・・・といった様子でいながら煽るようなひと言を放ちます
「そうですね あんまり祥子さんばかりを責めてもいけませんね」 ずりゅぅぅ・・・わたくしの快感を置き去りにしたままで山崎さんの塊が引き抜かれたのです
「あぁぁ・・・」 こんな身体で・・・口での奉仕をしなくてはならないなんて それでも強制的に絶頂に押し上げられ続ける山崎さんの塊から逃れられたことでわたくしはほっとしておりました
「祥子さんにこのままフェラさせるわけにもいきませんね」 望月さんから差し出されたタオルでそそり立ったままの塊を被います わたくしの白濁した蜜が・・・山崎さんの茂みまでをべったりと濡らしておりました
力の入らない身体を揺らして・・・ベッドの上に半身を起こしました 山崎さんがどんな体勢での口戯を望まれるかわからなかったからです それに・・・はしたなく身体の前面を男性の方達の眼に晒しつづけることも耐えられなかったからです
「祥子さん 少しこちらに来てください」 山崎さんがベッドの窓側に抱きしめる様にわたくしを引き寄せます 
なのにわたくしにフェラチオをさせるというのでもないようです
「そんなに僕のが嫌でしたか?」 彼の胸に額を押し付けたわたくしの顔をあおのけて、山崎さんが瞳を見つめます
「いやじゃ・・ないもの・・」 ふるふると顔を横に振りました
「それじゃどうしてしたくなかったの?」 わかってらっしゃるのに・・・
「いえない・・わ」 そんなこと口には出せません
「聞かせてくれないと 今度は僕が逝くまで責め続けますよ」 あぁ・・山崎さんに責められ続けたら狂ってしまう・・・
「・・ぁぁ・・良過ぎて・・感じ過ぎてこわいの」 顎を捉えられたまま・・・答えを要求されて恥ずかしくて瞼を伏せてそう答えたのです
「可愛い人ですね」 ちゅっ・・・頬にキスをしてくださるのです もう・・これ以上逝かされ続けることはないのだと 山崎さんの態度にほっとしたのです
 
でもそれはほんの一時のことでしかなかったのです
 
「祥子さんこちらにいらしてください」 ベッドエンドに脚を下ろした状態で仰向けに横たわった美貴さんがいらっしゃいました 
彼の腰には欲望をみなぎらせた塊が再び立ち上がっていたのです
「祥子さんの快感に苛まれる悩ましい顔を見ていたらまた元気になってしまいました さぁ こちらにきて後ろ向きにまたがってください」 山崎さんの腕の中で振り返るわたくしの顔を見つめながら美貴さんはローションをたっぷりと・・・塊に塗り付けるのです
「やぁ・・・」 また・・・この方はわたくしの姫菊を・・・
「蜜壷は辛いみたいですから 山崎のをフェラしている間僕のでアナルを感じさせてあげますよ」 後ろ向きの騎上位でわたくしにアナルで美貴さんを受け入れろと・・・おっしゃるのです
「だめ・・できないわ」 そんな恥ずかしい体位・・・
「さぁ 行って下さい 祥子さん」 山崎さんがわたくしを抱きしめたままで・・・伸ばした手をヒップの白い谷間に潜り込ませ・・・姫菊を指で抉るのです
「いまならまだ柔らかいでしょう 石塚さんので逝ったんです それとも山崎のをアナルで飲み込みたいんですか?」
「いやぁ・・」 あんな大きなものなんて・・・アナルでなんて受け入れられない・・・
山崎さんはわたくしを抱きしめたまま引きずるように美貴さんの側につれてゆくのです
「大丈夫ですよ 僕はアナルには興味ありません こんなに柔らかいんです まだ性感は高まったままなんですね 美貴の方がアナルを可愛がるのは上手でしょう さぁ乗ってください」 わたくしの脚を開かせて後ろ向きに美貴さんの太ももに跨がらせてしまうのです
「ほら・・こんなに・・・」 望月さんが山崎さんの左手の指にローションを垂らすとわたくしを抱きしめる様にしてまわした指を姫菊に食い込ませるんです
「あぁっ・・」 もう2度も・・・それもセックスによってだけでも・・逝かされたアナルはいまはもう口を閉じていましたが、すんなりと山崎さんの指を飲み込んだのです
「大丈夫ですね」 姫菊に満遍なくローションを塗り込めると・・・美貴さんがあてがった塊に向かってわたくしの腰を沈めてゆくのです
忍者ブログ × [PR]