忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04 2006 / 05
「あ・・あぁぁぁ・・」
「息を吐いて身体の緊張を解くんです」 背中から美貴さんの声が飛びます
「はぁぁ・・あっ・・あぁぁぁ」 美貴さんの塊は先端のかりまで飲み込むとずるすると・・・わたくしの体重分だけ・・ずっぷりと胎内に収まってゆくのです
「あと少しで全部飲み込みますよ 祥子さんのアナルはもうこんなに解れて ああ 入れるだけでも気持ちいいですよ」
「あぁ・・ああぁあ・ぁぁぁ・・」 
「これで全部飲み込みましたね」 わたくしの・・・姫菊は・・もう・・ただの排泄器官ではなくなっていました 敏感になった肉壁は美貴さんの塊にまるで意志があるもののように絡み付いていたのです
「2度も祥子さんのアナルを楽しめるなんてうれしいですね 祥子さんの蜜壷も味わいたいけれど・・・これほどに熟したアナルはなかなか味わえるものではないですからね」 美貴さんの塊のひくつきさえ・・・克明にわたくしの身体は感じて・・・蜜をこぼしてしまうのです
 
「さぁ 僕のをフェラチオしてくださる約束ですよ」 山崎さんはベッドの上に立ってらっしゃいました
仰向けのまま身体の芯を美貴さんの塊に貫かれたわたくしの顎を後から掴むと反り返らせる様に強引に口元に塊を押し当てるのです
「脚を伸ばして 僕の上に体重を掛けて座ってしまっていいですよ」 美貴さんの声がします
背後から両手を掴まれ後に引かれて・・・膝をついてアナルで美貴さんに留めつけられているわたくしはバランスを崩しそうになったのです
脚元に回った望月さんが左側から右側へとわたくしの脚を伸ばし・・・一段と深く美貴さんを飲み込ませたのです
「ああぁぁぁ・・・だめぇ・・・」 長く反り返った美貴さんの塊は終わりの無いアナルの奥へと遠慮なく進んでくるのです
「さぁ 僕のを咥えるんです」 わたくしの両手をご自分のウエストにまわすように引き寄せると・・・がくりと後向きに落ちた頭の口元に・・大きな塊を押し込むのです
「うぐぅぅぅ・・・」 ちゅぷ・・くちゅ・・・ 山崎さんが求めたのは・・・フェラチオというよりも・・・イラマチオでした 逃れることができないように腕を掴まれ・・先ほどわたくしの蜜壷を突き上げた様に身動きできない唇に喉奥まで山崎さんを押し込みつづけるのです
「ああ いいですよ 祥子さん」 不安定なベッドの上に立ったままで・・・腰を送り続ける山崎さんの先端に触れる舌をわずかに震わせるのが精一杯です
「ん・・んくぅぅ・・ちゅぅぅく・・」 無理な体勢は口戯を尽くすことさえできない状態でした 塊を吸い立てるように唇を窄め・・・柔らかい頬の内側を大きな山崎さんの塊に沿わせることしかできません
「ふぁっ・・んぁくぅ・・」 新たな刺激にわたくしはぴくん・・と身体を跳ねさせてしまいます ベッドの下ではわたくしの足指を望月さんが一本づつ口に含みねぶり初めておりました
暖かな舌の感触が親指の先端から足指と足指の間の敏感な部分にひらめくと 同時に下あごの歯が柔らかな親指の腹を扱き立てるのです 
足を男性の・・・望月さんの口に舐られる・・・そんなタブーさえわたくしの快感を煽ってゆくのです
「ふふ 動かなくてもこんなに祥子さんのアナルは感じさせてくれるんですね」 新たな指を含まれる度にわたくしの身体はひくつき 蜜壷とアナルを締め付けてしまうのです ごりぃっ・・・下から腰をまわす様に押し上げます 美貴さんの太い根元にいっぱいまで開かれた姫菊はわずかに擦り立てる動きさえ新たな淫楽を送り込みます
「祥子さん 僕のフェラチオに集中してください」 そんなことはできなくなっていました 感じやすい乳房は放置されたままなのに山崎さんのイラマチオで身体の上で揺れる度に敏感に立ち上がった先端から甘い疼きが流れ込むのです 
こんな責めはわたくし・・はじめてです
突かれるままに唇と舌をわたくしは山崎さんに捧げていました 
同時に山崎さん以外の男性が与える刺激に、声を喘がせるのと同じだけ舌と唇を震わせて・・・口腔内を一杯に満たす塊にお応えしていたつもりです なのに・・・それでは満足しないと・・言われてしまったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
今日はGWらしい天候でしたね。
ゆっくり過ごされたのでしょうか。

初雪は遺すところ後3話となりました。
まる4ヶ月がかりの物語もいよいよクライマックスです。
このGW どうか最後まで・・・わたくしたちの饗宴をお楽しみくださいませ。
5月4日 19:11
祥子 2006/08/28(Mon)16:26:14 編集
祥子様
GWもあと少しで終りですね・・・
今日も爽やかな一日でした
先ほどはとても大きくて綺麗な真っ赤な太陽が沈んでいくのを
眺めておりました

ず~~と責が続いていますね。
それも一人ではなく複数での快楽地獄・・・・

堕ちていってますね・・・その地獄に
祥子様 まだまだ終わりそうにありませんね

何度逝って何度失神して・・・・最後にどうなるのでしょう

ドキドキしながら読ませていただいております。
5月4日 18:48
桜草 2006/08/28(Mon)16:25:49 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]