忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01 2006 / 05
3カ所の敏感な蕾からの快感が一気にわたくしの身体に押し寄せるのです
「はぁぁ・・ん」 ぴくん・・と身体を波打たせて反応させてしまったのです
「ゆるして・・・」 二人の男性に押さえ込まれた身体は逃げることもできずに白い乳房を舐られ苛まれて・・・真珠は望月さんの精をまぶされた指でぬめぬめと撫でられます
 
「あぁぁ・・だめ・・・」
「もう再開してるのか?」 バスローブを羽織った石塚さんがわたくしたちの誰にともなく問いかけるのです
「祥子さんを綺麗にしてるんです 石塚さんも協力してくれませんか」 山崎さんが引き延ばす様に吸い立てた乳首から口を離して答えます
「ふふ なるほどね じゃ僕が掻き出してあげようね」 山崎さんに開かれたわたくしの脚の間に上半身を伏せるのです
「だめ・・しないでぇ・・」 右脚を山崎さんの脚に押さえ込まれ 彼の指に真珠を嬲られている花びらの間に・・・にゅぅぷぅぅ・・・と石塚さんの中指が入ってゆくのです
「あぁぁぁ・・・やぁぁ・・・」 一度付け根まで押し込まれた指を引き出すと今度は人差し指を添えて 新たに湧き出した愛液と3人の男性の精液で滑る花びらの中心を広げ押し入れようとするのです
「よっぽどたっぷり望月くんに出してもらったのかな 祥子さんの中は温泉の中みたいにぬめぬめと温かいよ 出したばかりだけど今度はこちらに入れたくなってしまうね」
「はぁぁ・・ん・・・おっしゃらないで・・・あぅっ・」 石塚さんは第一関節を蜜壷の中で曲げると淫らに蠢く襞のすみずみまで入り込んでいる真っ白い望月さんの精液を掻き出すのです
「ここがいいのかい?」 一番大きな石塚さんの手指はわたくしの花びらを押し広げ・・・感じやすい奥までも節の立った指で弄ります
「いゃぁぁぁ・・あぁぅぅぅ」 360度・・・ずくんとする数の子天井までもをまるで男性のかりで抉る様に・・・2本の指先で入り口に向かって撫で下ろすのです

 
蜜壷の中だけを責められている訳ではありません わたくしの左右の乳首とまた大きくヌメ光り出した真珠までもを・・・同時に3人の方に責められているのです
「あぁぁん・・・ゆるしてっぇぇぇ」 まったくばらばらにそれぞれのリズムでねぶられ吸い立てられ甘噛みをされる左右の乳首も 時折動きを止めまた狂った様に嬲られる真珠も わたくしの淫楽に再び火を付けてしまったのです
「祥子さん そんなに喘いではしたないですよ」 わたくしの左手を押さえた美貴さんが乳首から一旦唇をはなして羞恥を煽る責め語を囁くのです
喘ぎを押さえることなど無理だったのです セクシュアルな快楽を司る4カ所を同時に責め立てられていたからです 出来るだけ声を漏らすまいと努力はしておりました それでも・・・津波のように圧倒的な迫力で幾度も押し寄せる快感はわたくしの忍耐力の限界を超えていたのです 唇に手を押し当てて喘ぎを殺したくても右手は山崎さんに押さえ込まれておりました
「ふふ 僕の指をそんなに締め付けて 妖しく蜜壷を蠢かせて あんなに逝ったのにまた感じてるのかな 祥子さんは」 石塚さんの指が3本に増え・・・タオルを押し当てられていたアナルにまで中指が入り込むのです
「だめぇっ・・ゆるして・・・あぁぁぁ」 
「望月 祥子さんの唇を塞いでくれ 淫らな喘ぎ声が止められないらしい」 
「はい」 いつのまにか浴室から出てきたバスローブ姿の望月さんがわたくしの唇を奪いました
「ん・・んく・・ぁ・・」 望月さんの舌はわたくしの口腔に入り込み舌を歯茎を口蓋を舐めすすり上げるのです
 
「望月くんのキスでまた一段と締め付けがきつくなった こんなにひくひくさせて」 二人分の精液が染み込む姫菊の中までも石塚さんの中指が掻き出してゆきます わたくしの腰に当てられたタオルは・・・白い尻肉づたいに流れ出す白濁液を吸収していったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
GWのような長期のお休みがあると
どうしても前後は忙しくなってしまいますね
ご無理はなさいませんように

いよいよ初雪・・・クライマックスに突入です
4人の男性の手がわたくしのどこかに触れている・・・
そんな時間にわたくしはどこまで耐えられるのでしょうか

リンクのコメント
ちゃんと変更してなくてごめんなさい
ようやく・・・・赦してくださいね
5月2日 7:37
祥子 2006/08/28(Mon)16:25:07 編集
無題
ちょっとご無沙汰していましたが。
めくるめく展開ですね・・・眩暈がするほどに。
リンクのコメ、素敵に描き替えていただき感謝です。
ほんとにぱわーあっぷしているのだろうか?と気がかりなこのごろですが。^^;
祥子様のパワーにあやかりたいものです。
5月1日 22:37
柏木 2006/08/28(Mon)16:24:44 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]