忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
22 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

06 2006 / 05
「美貴のと僕のを一緒に飲み込むのは、初めて逢った夜以来ですね」
「あの時バージンを失った祥子さんは 可愛かった」
「そう あんなに乱れて」
わたくしを挟んで上下から美貴さんと山崎さんの声が聞こえます 快感に朦朧としていた意識が少しずつ焦点を結んでゆきます
「でも 今夜の祥子さんのほうがもっと素敵ですよ 僕はずっと逝くのを我慢してるんですからね 入れただけでこんなに感じさせてくれるアナルなんて滅多に無い」
「・・・ぁあぁぁ・・・おっしゃらないでぇぇ」 意識を取り戻すと同時に身体に加えられている愛撫の刺激が次第に明確になってゆくのです
身体の下にいらっしゃる美貴さんはわたくしの双臀の谷間を広げ ぐりぐりと腰を使われて・・・根元までしっかりと飲み込んだ塊でわたくしを責め立てておりました
山崎さんは先ほどまで美貴さんが嬲っていた右の乳首を指でいらい 片手を添えた塊の先端でわたくしの真珠に一筆書きを繰り返してらっしゃったのです
ベッドの足元には石塚さんと望月さんがわたくしの足首から順にふくらはぎをねぶっていたのです
 
「・・ゆるして・・・」 数え切れないほどの絶頂は自らの身体を起こす力も奪うほどにわたくしを消耗させていました
蜜壷と排泄器官をつなぐ細くて白い渡殿はつぎつぎと差し入れられる大きな塊の摩擦でひりつき わたくしを責めるのです
「もう 夜明けも近いでしょう そろそろ終わりにしないとご来光を拝み損なってしまいますからね」
長い・長い夜・・・もうそんな時間になっていたなんて
「祥子さん 僕を満足させてください」
「ひぃぃぃ・・・・ぁぁああああ・・・」 山崎さんのひと際大きな塊が幾度もの交わりでむき出しにされ感度を増した蜜壷を一気に押し広げて最奥まで押し入ったのです
「こんなにきつくなっている ふふ まだ感じてるんですね 祥子さん 素敵だ」 遮るもののないベッドエンドに・・・両脚を二人の男性の手と唇に絡み取られて・・・翳りを失った花びら餅をむき出しにしたわたくしに山崎さんは全体重をかけるような抽送を繰り返します
「やぁぁ・・だめぇぇ・・・たすけてぇぇぇ・・・」
「どうしました 祥子さん こんなにひくつかせてるのに 感じてないなんて言わせませんよ」 下からアナルに押し入れたままの塊を山崎さんの腰遣いで肉壁越しに扱かれている美貴さんがわたくしの耳元で囁きます
「あぁぁ・・はぁう・・・おね・・が・い・・・」
「なんですか 祥子さん」 じっくりと蜜壷を味わうような腰遣いの狭間で山崎さんが答えます
「おねが・・い・ぃぃ・・もう・・いかせ・・ないでぇぇぇ」 身体中の快楽神経をMaxに反応させられつづける衝撃に涙を浮かべた瞳で山崎さんを見上げたのです
「そんなに何度も逝ってるんですか この淫乱な身体で」 ふくらはぎを舐めていた二つの唇は太ももを這い上がり・・・柔肌に包まれた体側を舐め回します
「あぁ・・いまもぉ・・また・・ぁぁぁ・・っいくぅぅ」 ぴくん・・ぴくと身体はわたくしの意志を置き去りに山崎さんを受け入れてから達しつづけていたのです
「ああ 逝ってますね でもまだ祥子さんの身体は僕のを欲しがってますよ」 淫楽にまみれまたも下がって来た子宮の入り口をこじあけんばかりに 山崎さんの塊は再奥を捏ね回します
「だめ・・ぇぇ・・・ゆるして・・・ぇぇぇぇ・・・」 
「動かなくても山崎のと祥子さんの締め付けで逝ってしまいそうですよ」 耳朶を舐る合間に美貴さんの責め語がつぶやかれるのです
「もう・・はぁぁぁ・・ん・・いきたく・・ない・・あぁぁ・・おかしくなっちゃうぅぅ・ま・・たぁぁぁ・・・いくぅぅぅ」 体側から腋窩を舐めた二つの唇はわたくしの絶頂を合図にしたかのように左右の乳首を含んだのです

「美貴 もういいか?」 山崎さんの声は吐出の衝動に掠れていました
「ああ もう我慢できそうにない」 美貴さんの声も・・・同じだったのです
「祥子さん これで最後です 一緒に逝きましょう」 山崎さんが声と同時に腰の動きを一層早めました
「あぁぁぁ・・・いっしょ・・?」
「そうです 一緒です 逝くんです 祥子さん」 美貴さんもわたくしの下になっているとは思えない腰遣いでわたくしを追い込みます
「いぁぁぁ・・そんなに・・しちゃ・・だめぇぇ・・・」
「逝くんです 祥子さん 感じやすい乳首を酷くしてあげるから 逝きなさい」 右側の乳首を石塚さんが甘噛みして舌先で舐ります
「・・はぁぁぁ・・・いぃぃぃ・・・あぁああぁぁぁんん」
「祥子様 逝ってください 祥子様の逝き顔を見せてください」 望月さんの両手がたふたふと揺れる乳房に10本の指を食い込ませて・・・舌が乳首を苛むのです
「ぁぁ・・あぁぁぁ・・・いくぅぅ・・・」
「逝くんです 祥子さん」「いくぞ!!」「いけ!」「逝ってください」 
「はぁぅぅぅ・・ぁぁぁぁ・・・いっ・・くぅぅぅぅ・・・」
4人の男性の声に煽られ 蜜壷とアナルの奥深くを真っ白な精液で染め上げられながら・・・わたくしは気の遠くなるような絶頂を極めたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様・柏木様
桜草様

ご一緒に逝って下さったのですね
うれしいですわ
長い夜の間 ずっと・・・ずっと桜草様がご一緒にいてくださったのですね


柏木様

ようやくこの時を迎えることができました
これだけの時間を尽くしても
この方達はそれぞれ1回か2回・・・ご満足になられただけなのですね
柏木様もご満足いただけましたでしょうか?
5月7日 11:32
祥子 2006/08/28(Mon)16:27:58 編集
無題
冒頭ちらりとよぎった各々がたの回想がなんともそそられます。
過去の営みをこうもさらりとスマートにやるのは、なかなかお洒落な言葉責めですな。^^
細密画のように、ディテールまで見事に彩られたお話。ぞくぞくいたします。
5月6日 22:11
柏木 2006/08/28(Mon)16:27:19 編集
祥子様
桜草までも4人の方に逝かされ続けている感覚で読んでおりました
桜草の蜜壷からも白い愛液が溢れています

こんなに感じてしまって・・・・

結城様がこの場所においでにならなかった事だけが
桜草の思い違いでしたが素敵な夜でした

はあ・・・・感じる
5月6日 16:37
桜草 2006/08/28(Mon)16:26:52 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]