忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
1 2 3 4 5 6
25 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「緊縛にも、鞭にも、水責めにも、」
「ぁぁぁぁああ・・・やぁぁ・・・」
「蝋燭責めにも、踏みつけにも、言葉責めにも、屈辱的な足舐めにも、」
「おね・・がぁぁぁあ・・・いぃぃ・・ぃぃ・・」
「こんなに花びらを濡らして、耐える表情で僕をそそる。」
「ああ・・また・ぁぁ・・・」
「なんて、女なんだ。」
「あぁっ・・そこぉ・・・だめぇぇぇ・・・」
ずん・ずん・・ 子宮口を突き上げるような・・・長谷川さんの動きに・・わたくしは奥からきゅぅぅっと締めつけるしかできません。
そして締め付けは、一層強い快感をわたくしに与えるのです。
「やぁぁ・・いっちゃうぅぅ・・・」
もう何度極めたでしょう。
いえ、達した後・・・元の平静な状態に戻る事を許されず・・・何度もなんども・・達し続けさせられていたのです。

「ごしゅじん・・さまぁぁ・・・」
「なんだい、祥子。」
長谷川さんの息も荒くなっておりました。激しい行為に、重ねられた上半身には彼の汗が滴っていたのです。
「せいえき・・を・・・しょうこにぃぃ・・・くださぁぁいぃぃ」
「もう一度、ちゃんと、お願い、するんだ。」
「ごしゅじん・・さまのぉ・・せいえき・・でぇぇ・・・しょう・こ・・のなか・・をぉぉ・・・まっしろに・・してぇぇぇ・・・」
見開いたつもりの瞳も・・・白く霞んでおりました。
打ちっぱなしのコンクリートの黒々とした天井を、工事用照明の白い光の粒子が紗をかけたように明るくし、その中に長谷川さんのアッシュグレーの前髪が揺れていたのです。
「ああ、してやる、祥子の子宮を、真っ白に、してやる。」
「ぁぁぁぁあああ、いっちゃうぅぅぅ・・・」
「逝け!もっとだ!!! 逝け!祥子!!」
「あぁあぁっ・・・」
手首をくくった綿縄が、ウエストを縛った綿縄が・・・わたくしの白い肌に摩擦熱とともにきつく食い込むほどに・・深く・ふかく・・達してしまったのです。
締め付ける蜜壷から押し出されない様に更に深く打ち込まれた長谷川さんの塊から、熱い精液が迸ったのは・・・彼の唇で喘ぎを放つわたくしの口を覆われた時でした。


祥子からの手紙ー17

「いつも、全てを責めたいと思いながら、こうして堪え切れずに祥子さんを犯してしまう。」
わたくしの縄を解いた長谷川さんは、ふらつくわたくしを水責めにした場所でシャワーで清めた後、再びジャグジーへと誘ったのです。
「まだ、ご満足していただけなかったのですか?」
彼の長い手足の中に抱きとめられたわたくしは、先ほどの熱蝋がわたくしの肌を全く焼いてはいないことに気づいておりました。
それでも、前回よりも厳しい責めをここまで繰り広げておいて・・・まだ全てではないとは・・・。
「いや、満足した。こんなに逝けるのは、祥子さんとだけです。」
ほんとう? わたくしは黙ったままで首を傾げて長谷川さんを見上げたのです。
「普通のMが相手なら、決してセックスはしない。それが僕のプレイなんだよ。でも、祥子さんとはどうしてもこうして身体を重ねたくなってしまう。信条を曲げたくはないが、ここまでしないと満足出来ない相手など僕にとっては祥子さんだけなんだ。」
二人が身を浸すジャグジーには、まるで真紅の薔薇の花びらのように蝋の欠片が散らばっておりました。
「心から愛する相手と交わる快感はなにものにも代え難いということを、祥子さん、君と出逢って初めて知ったよ。」
穏やかな長谷川さんの声に、わたくしはほっとして・・・
「ん・ん・・ぁ・・」
今度はわたくしから、見下ろす長谷川さんに口づけをしたのです。

「今夜は本当に祥子さんは甘えただね。」
甘い口づけを終えて広い胸に抱き取られたわたくしの頭に、顎を乗せて長谷川さんは優しくそうおっしゃいました。
「疲れたろう。ベッドは少し奥まった場所にある、夜明けまでまだ時間はある。今夜はゆっくりと眠ろう。」
「・・・は・い。」

翌朝、長谷川さんのベンツで自宅の近くまで送っていただくまで、彼はずっと紳士でした。
でも・・・ふふふ。
朝のベッドの中での優しい長谷川さんのことは、ないしょ・・・です。
PR
静かにバスローブを脱いだ長谷川さんの中心には、濡れそぼってそそり立つ塊がありました。
「あぁぁっ・・・」
ぴちゅぅ・ぅ・・・ 長谷川さんの指は、彼の前に開かれた花びらの上をなぞったのです。
「祥子の身体は充分に準備が出来ているみたいだ。このまま、抱かせてもらうよ。」

「あっ・・くっ・・ぁぁぁぁぁぁ・・」
仰向けに脚を開いて大理石のテーブルに括り付けたままのわたくしに覆い被さるようにして、長谷川さんは花びらの奥へとて長く反り返った塊を突き入れていったのです。
ごつごつと血管の浮いた幹は、中程でぐっと太くなり・・・一度中程までを全てわたくしに愛液まみれにした後で・・入り口まで引き抜き・・・一気に最奥まで攻め込むのです。
「あうぅっ・・・はぁぁっ・・・・」
大理石のベッドにウエストまで括りつけられたわたくしは、快楽から逃れる術もありませんでした。
わたくしに自由になるのは頭とそして蜜壷の中だけ。
なのに送り込まれる快楽に左右に触れる唇を長身な長谷川さんは捉えて、蜜壷と同じ様に貪られるのです。
くちゅ・・・ くちゅ・・・
2つのはしたない水音がわたくしの身体から同時に上がるのです。
塊の突き上げに揺れるGカップの乳房の脇に置かれた長谷川さんの両腕だけが、二人の淫楽を支えてくださっていたのです。
「ああっ・・・いぃぃ・・・おかしく・・なるぅぅ・・・」
身体の自由が効かないというのは、これほどまでに狂おしいものでしょうか。
どこにも逃れようのない快楽は、わたくしの声を一層艶めかせ、蜜壷を幾度もいくども・・ひくつかせるのです。
「僕の縄で、身体で狂うんだ、祥子。もっと、もっと感じろ。」
「あぁぁ・・いっちゃうぅぅ・・・」
「まだだ。なんて言えばいいのか忘れたのか、祥子。」
「ゆるし・・て・・ぇぇぇ・・・いっても・・いいですかぁぁ・・・ごしゅじん・・さまぁぁぁ・・・」
「ああ、逝け!祥子!!」
長谷川さんは冷静なままわたくしの中をかき回してゆくのです。
思いもしなかった責めに苛まれた身には、ぴったりと触れ合った長谷川さんのしなやかな身体の暖かさすら・・・快感だったのです。
「いくぅ・・いっちゃうっ・・・」
きしっ・・・ 動けない身体はそれでも身内を駆け抜ける淫楽に、縄をきしませるほどに身体を反らせていたのです。

内装の施されていないビルの中に、絶頂の喘ぎ声が淫らにこだましたことさえ・・・この時のわたくしは気づいていなかったのです。
「ふっ、こんなに締め付けて。祥子は真性のMだな。」
「あぁぁ・・・まだ・・・ぁあ・・ゆるして・・・」
絶頂の余韻の引かない身体に、深く打ち込まれたままだった長谷川さんの塊の抽送が再開されるのです。
「わかったかい、祥子。僕の君を思う気持ちを。」
脳裏に一瞬浮かべた苦痛に再び怯えた眼差しと熱と苦痛に耐える表情を浮かべたわたくしを見つめた長谷川さんは、一言そうおっしゃったのです。
わたくしは見てしまったのです。
見上げた視線の先、わたくしの乳房を踏みつけるが故に開いたバスローブの裾から覗く彼の塊は、一層昂り・ひくひくと震えていたのです。
「・・・は・い。ありがとうございます。」
「そうか、祥子は素直なMだね。それじゃ、ちゃんと感謝は態度で表さないとね。」
満足そうに口元に笑みを浮かべた長谷川さんは、わたくしを踏みつけていた左足を下ろすと、右足をわたくしの口元に持ってらしたのです。
「舐めるんだ。感謝を込めて。僕の足の指を一本づつ。できるね、祥子。」

ちゅぷ・・・ 
わたくしは唇に押し当てられた長谷川さんの右足の親指から口に含んだのです。
まるで、彼自身を口戯するのと同じ様に足指の爪側・裏側だけでなく、指の間まで丹念に舌を這わせました。
さきほど、長谷川さんはジャグジーで身体を清めていらっしゃいました。
そしてわたくしの身体を踏みつけ、剥がした蝋の残る左足ではなく右足を差し出されたのです。
純粋に、この行為が生む精神的・肉体的な快感を望んでいらっしゃることは充分にわかっておりました。
ちゅぷぁ・・
人差し指と中指は同時に口に含みました。二指の間に舌を這わせ・・それぞれの指の外側は唇で・・・時に指頭を前歯でかるくしごきます。
「ああ、いいよ祥子。そうだ、感謝の気持ちが良くわかるよ。」
ちゅぷ・・
薬指と小指も先ほどと同様に・・・。わたくしは美貴さんに犯されながら望月さんにこうして足指を舐られたときのことを思い出しておりました。
わたくしをはしたないほどに乱れさせたのは、蜜壷の中の美貴さんの塊であると同時に、初めて知った足指への愛撫だったからです。
あの時のわたくしと同じ快感を、いま長谷川さんも感じてらっしゃるのかと思うと・・・もっと感じていただきたいと思ってしまうのです。
ちゅぱ・・
もう一度含んだ親指を、今度は指の腹に前歯を当てる様にして・・・根元から指先まで柔らかく扱いてゆきます。
「ああっ、祥子。」
ようやく満足なさったのでしょうか。わたくしの口元から長谷川さんの足が引かれてゆきました。

「どこで覚えた。僕はまださせたことはなかったはずだ。」
「・・・いいえ、わたくしもはじめて・・です。」
「ふっ、それでこれか。」
「あの・・・ご主人様のお身体ですから・・フェラチオと同じにさせていただいたのですが、お気に召しませんでしたか?」
「いや。そんなことはない。だがね、祥子。これでとうとう縄を解くのがもう少し延びてしまったよ。可哀想だがね。」
「えっ・・」
それだけおっしゃると、長谷川さんは開いて括られたわたくしの脚側へと歩いてゆかれたのです。
「蝋燭責めに耐える祥子の涙を味わった時、すぐにでもこの身体を抱きたくなった。でも、あまりに消耗している祥子が可哀想だと思って耐える為にさせた行為が裏目に出たようだよ。」
「こっちもか?」
「あっ・あ・・ゆるし・て・・・」
今度は手前の乳房を踏みつけたのです。
「ゆるして?こうして僕の足で蝋を落としてるのに?何を許すというんだい、祥子。」
「あぁぁ・・・」
蝋燭の熱で敏感になった乳房は、ぐりぐりと踏みつける長谷川さんの足と自らの肋骨の間で柔肉を握りつぶされているような痛みと、先端を嬲られる快美感に晒されておりました。
固まった蝋を剥がされる軽い痛みの後、わたくしの呻きは次第に淫楽の色を帯びはじめてしまったのです。
「ここもか?」
柔らかな腹部を、長谷川さんの足が踏みつけます。
白いほとんど刺激を知らないわたくしのお腹の上で蝋がぱきっと割れる音がいたします。
「う・うっ・・・」
「ここは綺麗に剥がれる。」
きっと力加減をしてくださっているのでしょう。本気で踏みつけられたらわたくしは痛みで気を失ってしまったかもしれません。
それでも、内臓に埋め込むように繰り出される踵や指先に、わたくしは眉根を寄せ・・・呻きを殺す事ができませんでした。
「祥子、僕の足が気に入ったかい?」
「あぁっ・・・」
蝋を滴らせた場所を全て踏みつけた長谷川さんの足は、わたくしの頬を襲ったのです。
「これで祥子の身体から綺麗に蝋を落とす事ができる。」
「ゆるし・・て・・」
初めてでした。以前、乳房を年若いセフレに踏みつけられたことはありました。
でも、踏む力もそしてかつて踏まれた以外の場所を・・・それも顔を・・・<足>で踏みつけられることも、初めてでした。

「こうして身体に付いた蝋を落とすのに、いつもなら吊るして鞭で打つんだ。」
「いやぁ・・・」
「祥子は今日はもう僕の鞭に耐えたからね、なのに無傷のここや・・」
「あうっ」
顔の上の足が再び乳房を、それも踵で乳首を踏みつぶすように躙るのです。
「やわらかいこんなところまで・・」
「うっくっ」
足裏全体に力をいれて、ぐっと白い腹部にまるで埋め込む様に・・・踏みつけたのです。
「あの細革のバラガワで傷つけたくなかったからこうしたんだよ、祥子。」
「あぁっ」
もう一つの乳房を真上からずん・・と足裏が襲います。そして話しながらつま先から踵までゆっくりと掛けている体重の場所を変えてゆくのです。
「それとも鞭の方が良かったかな、祥子。もういちど蝋を垂らすところからやり直してあげようか?」
「いやっ・・・おねがい・・ゆるし・て・・だめっ・・」
またこの身体に熱蝋を浴び、背中に受けたのと同じ鞭を柔らかな身体の前面の皮膚・・・それもとても感じ易い場所に蝋が落ちるまで徹底して受けなくてはならないなんて、たとえ想像でもとても耐えられませんでした。
「やっ・・・」
熱蝋が・・・ストップモーションのように1滴・1滴・・・わたくしに滴り落ちてくるのです。
「あぅっっっぃぃぃぃ・・・」
一旦は蝋で責められ放置された左の乳房は、先に垂らされた蝋が乳房の形に冷えて固まっておりました。
その冷たい赤い蝋燭さえ新たな蝋の熱で再び溶け出し、一緒になって・・・青く血管を透かせた白い肌を、男性の舌の感触にさえ悶えてしまう乳首を・・・責めたてるのです。
「目を逸らすな、祥子。」
蝋は今度は滝のように一気に右の乳房へ垂れ落とされたのです。
「ひぃぃ・・あ・っつぅぅぅいぃぃぃ」
まだ薄い右の蝋の層は、左とは比べ物にならない熱を痛みを突きつけるのです。
会話の間に溜め込まれた熱蝋は、わたくしの乳房の丘をデコルテへ向かって流れ落ちるほどの量になっていました。
太い蝋燭の縁から炎が見えるまで傾けられた時には、わたくしは両の眦から涙を流してきつく痛みに閉じてしまっていました。

でも、もうそのことを責めたりはされませんでした。
「祥子には赤が似合うな。今度会う時は赤のランジェリーをプレゼントしよう。」
ふっ・・と蝋燭を吹き消すと、括られた白い裸体に広がる赤い蝋の絵画を満足そうに眺めてらっしゃるようでした。
「祥子、もう蝋燭は消したよ。こっちをご覧。」
次の声は、わたくしの左の耳元でいたしました。
顔を傾けて、わたくしはようやく眼を見開いたのです。
眼の前には優しく微笑む長谷川さんの顔がありました。涙の痕を指先で拭ってくださいました。
「はじめてだったのかい?」
「・・・え・え はじめて・・です。」
「声が掠れてるね。可哀想に。」
そしてわたくしの涙に濡れた指先を・・舌先で拭うのです。
「祥子は、涙まで薔薇の香りがする。」
「ゃ・・・。」
「いや、本当だ。なんてそそる女なんだ。嗜虐に酔って濡らす身体なのに、涙は高貴なまま、そして表情もこんなに身体が感じているのに淫らさを表しもしない。」
長谷川さんはすっくと立ち上がられたのです。

見上げたわたくしの眼の前を、昂りバスローブを押し上げる彼の塊もその存在を露にしたのです。
「気が変わった。」
「あうっ」
長谷川さんの左足が、わたくしの蝋に覆われた右の乳房を踏みつけたのです。
彼の足の下で真っ赤な蝋は粉々にくだけていったのです。
「いい弾力だ。祥子。この乳房は僕の足の裏まで気持ちよくさせる。」
「うっ・・やぁ・・いたぁ・・ぃ」
足指が乱暴に固まった蝋涙を崩し、白い柔らかな肌から引きはがし・・・そして足の親指と人差し指で、立ち上がったままにされた乳首を捻り上げたのです。
忍者ブログ × [PR]