忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「こっちもか?」
「あっ・あ・・ゆるし・て・・・」
今度は手前の乳房を踏みつけたのです。
「ゆるして?こうして僕の足で蝋を落としてるのに?何を許すというんだい、祥子。」
「あぁぁ・・・」
蝋燭の熱で敏感になった乳房は、ぐりぐりと踏みつける長谷川さんの足と自らの肋骨の間で柔肉を握りつぶされているような痛みと、先端を嬲られる快美感に晒されておりました。
固まった蝋を剥がされる軽い痛みの後、わたくしの呻きは次第に淫楽の色を帯びはじめてしまったのです。
「ここもか?」
柔らかな腹部を、長谷川さんの足が踏みつけます。
白いほとんど刺激を知らないわたくしのお腹の上で蝋がぱきっと割れる音がいたします。
「う・うっ・・・」
「ここは綺麗に剥がれる。」
きっと力加減をしてくださっているのでしょう。本気で踏みつけられたらわたくしは痛みで気を失ってしまったかもしれません。
それでも、内臓に埋め込むように繰り出される踵や指先に、わたくしは眉根を寄せ・・・呻きを殺す事ができませんでした。
「祥子、僕の足が気に入ったかい?」
「あぁっ・・・」
蝋を滴らせた場所を全て踏みつけた長谷川さんの足は、わたくしの頬を襲ったのです。
「これで祥子の身体から綺麗に蝋を落とす事ができる。」
「ゆるし・・て・・」
初めてでした。以前、乳房を年若いセフレに踏みつけられたことはありました。
でも、踏む力もそしてかつて踏まれた以外の場所を・・・それも顔を・・・<足>で踏みつけられることも、初めてでした。

「こうして身体に付いた蝋を落とすのに、いつもなら吊るして鞭で打つんだ。」
「いやぁ・・・」
「祥子は今日はもう僕の鞭に耐えたからね、なのに無傷のここや・・」
「あうっ」
顔の上の足が再び乳房を、それも踵で乳首を踏みつぶすように躙るのです。
「やわらかいこんなところまで・・」
「うっくっ」
足裏全体に力をいれて、ぐっと白い腹部にまるで埋め込む様に・・・踏みつけたのです。
「あの細革のバラガワで傷つけたくなかったからこうしたんだよ、祥子。」
「あぁっ」
もう一つの乳房を真上からずん・・と足裏が襲います。そして話しながらつま先から踵までゆっくりと掛けている体重の場所を変えてゆくのです。
「それとも鞭の方が良かったかな、祥子。もういちど蝋を垂らすところからやり直してあげようか?」
「いやっ・・・おねがい・・ゆるし・て・・だめっ・・」
またこの身体に熱蝋を浴び、背中に受けたのと同じ鞭を柔らかな身体の前面の皮膚・・・それもとても感じ易い場所に蝋が落ちるまで徹底して受けなくてはならないなんて、たとえ想像でもとても耐えられませんでした。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ × [PR]