忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

静かにバスローブを脱いだ長谷川さんの中心には、濡れそぼってそそり立つ塊がありました。
「あぁぁっ・・・」
ぴちゅぅ・ぅ・・・ 長谷川さんの指は、彼の前に開かれた花びらの上をなぞったのです。
「祥子の身体は充分に準備が出来ているみたいだ。このまま、抱かせてもらうよ。」

「あっ・・くっ・・ぁぁぁぁぁぁ・・」
仰向けに脚を開いて大理石のテーブルに括り付けたままのわたくしに覆い被さるようにして、長谷川さんは花びらの奥へとて長く反り返った塊を突き入れていったのです。
ごつごつと血管の浮いた幹は、中程でぐっと太くなり・・・一度中程までを全てわたくしに愛液まみれにした後で・・入り口まで引き抜き・・・一気に最奥まで攻め込むのです。
「あうぅっ・・・はぁぁっ・・・・」
大理石のベッドにウエストまで括りつけられたわたくしは、快楽から逃れる術もありませんでした。
わたくしに自由になるのは頭とそして蜜壷の中だけ。
なのに送り込まれる快楽に左右に触れる唇を長身な長谷川さんは捉えて、蜜壷と同じ様に貪られるのです。
くちゅ・・・ くちゅ・・・
2つのはしたない水音がわたくしの身体から同時に上がるのです。
塊の突き上げに揺れるGカップの乳房の脇に置かれた長谷川さんの両腕だけが、二人の淫楽を支えてくださっていたのです。
「ああっ・・・いぃぃ・・・おかしく・・なるぅぅ・・・」
身体の自由が効かないというのは、これほどまでに狂おしいものでしょうか。
どこにも逃れようのない快楽は、わたくしの声を一層艶めかせ、蜜壷を幾度もいくども・・ひくつかせるのです。
「僕の縄で、身体で狂うんだ、祥子。もっと、もっと感じろ。」
「あぁぁ・・いっちゃうぅぅ・・・」
「まだだ。なんて言えばいいのか忘れたのか、祥子。」
「ゆるし・・て・・ぇぇぇ・・・いっても・・いいですかぁぁ・・・ごしゅじん・・さまぁぁぁ・・・」
「ああ、逝け!祥子!!」
長谷川さんは冷静なままわたくしの中をかき回してゆくのです。
思いもしなかった責めに苛まれた身には、ぴったりと触れ合った長谷川さんのしなやかな身体の暖かさすら・・・快感だったのです。
「いくぅ・・いっちゃうっ・・・」
きしっ・・・ 動けない身体はそれでも身内を駆け抜ける淫楽に、縄をきしませるほどに身体を反らせていたのです。

内装の施されていないビルの中に、絶頂の喘ぎ声が淫らにこだましたことさえ・・・この時のわたくしは気づいていなかったのです。
「ふっ、こんなに締め付けて。祥子は真性のMだな。」
「あぁぁ・・・まだ・・・ぁあ・・ゆるして・・・」
絶頂の余韻の引かない身体に、深く打ち込まれたままだった長谷川さんの塊の抽送が再開されるのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
今回の長谷川様は、責めばかりが続いたのです。
以前ならもう少し優しくしてくださったり、快楽の向こうに与えられる痛みだったのに・・・ここまで責め立てられたのは初めてです。
想像もできなかった責めに、それでも感じてしまう身体がとても恥ずかしいですわ。
祥子 URL 2007/01/06(Sat)12:29:39 編集
祥子様
足の指を愛撫する。
それはフェラチオと同様に感じて頂ける行為なんですよね。
自由が効かないまま愛されるって事は快感が波のように押し寄せて狂うような感覚になりますよね。
長谷川様の今回の責めは祥子様には初めてのものもあったでしょうが、それ以上にいつも以上の淫らな快感を味わわれたのではないでしょうか?
桜草も少し体の奥を熱くしてしまいました。
桜草 2007/01/06(Sat)09:34:46 編集
忍者ブログ × [PR]