忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
22 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「もう一度言う。見るんだ、祥子。」
堅く・冷酷に長谷川さんの声がわたくしに降り注ぎます。
「眼を開けるまで、融けた蝋を溜め続けるだけだ。そんなに一気に浴びる蝋燭が気に入ったのか?祥子は。」
わたくしは自分のしていることが、どんな結果を生むのかを彼の言葉で知らされたのです。
それでも、眼を開け・赤い蝋燭を見つめることができませんでした。
「そうか、そんなに気に入ったのか?」
ふるふると、瞳を閉じたまま首を大きく横に振ったのです。
「本当かい?そんなふうにいやいやをしても確かめれば簡単に解る事だよ。どれ?」
「ぁあっ・・ゃ・・」
長谷川さんの指が、広げられたまま括られた左右の脚の付け根の茂みを・・・茂みを載せた丘をくつろげたのです。

くちゅ・・ はしたない水音が虚空に響きます。
「みちゃ・・・だ・め・・」
「ふふふ、気に入ったようだね。祥子の身体は正直だよ。こんなにここを大きくして」
「あぁぁっ・・・」
広げられたまま、はしたなく覗いた真珠を長谷川さんの指が撫で上げたのです。
「ぐしょぐしょじゃないか。なにが嫌だ。蝋責めでこんなに濡らすほど感じている。ほんとうに淫らなMなんだね、祥子は。」
「いやぁ・・・」
「見るんだ。このまま、眼を開けなければここに蝋を垂らす事にする。大丈夫だ、火傷などしない。それを喜ぶMだっているくらいだからね。はじめての蝋責めで祥子は花びらの蝋型を取ってもらいたいと言うんだね。」
「だめ・・だめです。」
わたくしは恐怖に負けました。乳房に・・・乳首に何度も・・そして腹部に・・・滴らせられた蝋涙は、火傷などしないと何度説明をされても、あまりにも熱く皮膚の奥まで突き刺さる様だったからです。

「ゆるして・・くだ・さ・い・・おねがい。」
見下ろす長谷川さんの視線は、わたくしの脚側にありました。わたくしの茂みに覆われた丘はまだ彼の手に開かれたままだったのです。
「どうか・・ゆるしてくだ・さい・・・たすけ・て・・」
見開いた瞳は恐怖に潤み睫毛には涙の雫がまぶされていたことでしょう。
ゆっくりと長谷川さんはわたくしの丘を閉じ手を離してくださったのです。
「祥子、覚えておきなさい。僕は祥子のそんな顔も大好きなんだ。自信に満ちた美しい理知的な祥子も好きだ。だが、怯えた仔犬のようなその瞳にもたまらなくそそられる。涙を流して許しを乞う祥子は、僕だけのものだ。」
「やっ・・・」
「眼を閉じるんじゃない! 見るんだ!」
もう随分の時間、融けた蝋は長谷川さんの持つ真っ赤な蝋燭の上に溜まり続けているはずです。ほんの少し傾けはじめた長谷川さんの手の動きに顔を背けようとしたわたくしに、長谷川さんの叱責が走りました。
「・・は・い」
「僕を見ろ。眼を逸らすんじゃない!」
恐怖で溢れる涙で霞む視界をわたくしは長谷川さんの声の方へと意志の力で引き戻しました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
思わず眼を閉じてしまうことってありますよね。
長谷川様の責め・・・どこまで広がるのかわたくしにはもう何も考えられません。
いまは、時に与えられる熱蝋をどう耐えるかしか・・・あぁぁぁ
祥子 URL 2007/01/03(Wed)18:32:13 編集
祥子様
目を閉じるなと言われても・・・・。
火傷はしないと言われても、それは体の奥にまで響く熱さです。
長谷川様・・・そんなに苛めないで・・・。
きりりとした祥子様でない怯えた子犬のような・・・そんなお姿までも殿方をSへと駆り立ててしますのですね。
桜草 2007/01/03(Wed)12:11:49 編集
忍者ブログ × [PR]