忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28 2006 / 04
「あぁっ・・はぁん・・あぁぁぁ」 ぐちゅ・・ぐちょ・・・ 敏感になった体腔の壁をくっきりと太く張りのある石塚さんのかりが動き回るのです 
胎内に放出されたままの美貴さんの精液が・・・石塚さんの大きな先端で全ての襞をすみずみまで広げられて塗り込まれ・・・余ったものを掻き出しているようなのです
薄い肉壁ごしにその動きは望月さんにもわかるのでしょう まるで狙ったかのように望月さんは石塚さんと交互に腰を使うのです 二人の先端がわたくしの中で擦り合わされるとき・・・あまりの圧迫感と快感が押し寄せ・・・喘ぎを一層高く響かせてしまうのです
「祥子様 こんなにきつくして あぁ いいです」 望月さんの抑えた声がわたくしの蜜壷をさらに蠢かせてしまうのです
 
「祥子さん 鏡を見てください」 美貴さんの声がベッドヘッドの方から聞こえます わたくしはもう抵抗する気力もなく淫楽に歪む顔を上げたのです
二人の男性に上下に挟まれて淫らに喘ぐ快楽に惚けた表情のわたくしがそこにはおりました
交互の突き上げに・・・Gカップの乳房は不規則に望月さんの口元に乳首をかすめる様にゆれています
「そう そのまま 感じる顔を見せていてください 逝くまでずっとです」
「い・・ゃぁぁ・・」
「顔を伏せたら伏せた数だけお仕置きをしますよ 祥子さん」 美貴さんの声が恥ずかしさに俯こうとする首筋の動きを止めるのです
 
いつのまにかベッドサイドには椅子が2つ運び込まれていました その椅子に腰掛けた二人はワインを手にわたくしたちを見ていたのです
「剃毛したから祥子さんが同時に犯されているところがくっきりと丸見えですね」 
「ここを鏡張りにしたのは正解だね 祥子さんの表情と両方のアングルを一緒に楽しめる」 先ほど逝ったばかりの美貴さんの塊はまた硬度を増し始めていました
「いいのか 祥子さんにフェラしてもらうって言ってたろう」
「あぁ いいんだ こんな光景を楽しめるチャンスは滅多にないからね」
「本当だ ビデオに撮っておけないのが惜しいよ」
「そう でも・・な」
「あぁ僕たちの中の誰かが相手だとしても いずれ自分の妻になる女性のこんな姿が誰かの手に残っているっていうのはぞっとしないからな」
「そうだね 手元に残っていて封印したままには出来ないからね」
 
「いゃぁぁ・・・」 お二人の会話は耳に届いています でも内容がわたくしの中で形になる前に快感が白く蕩かしてゆくのです
「あぁぁ・・はぁ・・・ああ・・ぁあぁぁぁ・・だめ・・いくぅ・・」 体内を駆け抜ける快感だけではなく視覚でまで犯されているのです いままでにない昂りにわたくしだけが・・達してしまったのです
「うっ そんなにしめつけて 1人で勝手に逝ったね」 上り詰めた身体に容赦することなく石塚さんの抽送は続けました
「あぁ・・ゆるして・・ぁぁぁああぁ・・おねがいぃぃぃ・・・やすませて・・ぇ」
「だめだよ 僕たちはまだ逝ってないからね」 
「あぁまた締め付ける 祥子様 また逝くんですか」 
一度達した身体を休むこと無く抉られ続けているのです それも蜜壷もアナルも同時に わたくしはまた追い込まれていたのです
「ぁぁああぁぁぁ・・・いくぅぅ・・いっちゃうのぉぉ・・」 身体をひくつかせて達してしまったのです
「ふふ かわいいね いいんだよ 何度逝っても」 石塚さんの腰のスピードが一段と上がるのです 呼応するように望月さんが感じやすい蜜壷の奥を捏ね回すのです
「ゆる・・し・てぇぇぇ」 スイッチの入ったからだは淫らな暴走を止めることができなくなっていました
「ぁぁぁ・・だめぇ・・・・いくのが・・とまらない・・あぁぁ・・いいぃぃ」 悦楽の波は高まったままで少し引くのですが次に押し寄せる時はもっと高く高く・・・わたくしを飲み込んでいったのです
「いいか 祥子さん もっとだ この淫乱 またアナルで逝くのか」
「あぁぁ・・ゆるしてぇ・・はぁぅ・・おねが・いぃぃ・・いくぅぅぅ」 言葉責めさえももう・・・一層体内を淫らに慄かせる役にしか立ちません
「ああ いい もう限界だ 祥子さん 逝くよ」 とうとう石塚さんも逝ってくださるようでした
「望月くんも一緒に」
「はい」 お二人の動きはもうそれぞれの射精に向けてバラバラな動きになっています お二人共に塊がぐぅぅっと容積を増してゆきます
「また・・ぁぁあぁぁ・・またいくぅぅぅ・・・」
「いいぞ 逝け!」 根元までアナルに押し込まれた石塚さんの塊が胎内でひくつくと 次の瞬間熱い噴出が肉壁を叩いたのです
「いぃぃぃくぅぅ・・・」
「逝きます」 望月さんの塊も・・動きを止めて・・・精液でわたくしの蜜壷を満たし始めたのです
「ぁぁぁ・・・」 数え切れないほどの絶頂に わたくしは意識が遠のくのがわかったのです 
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
billion様・桜草様
billion様
はじめまして ようこそお越し下さいました。
お仕事のお邪魔をしてしまって申し訳ありません。
でも、よろしければ是非またお運びくださるのを楽しみにしております。
これからも宜しくお願い申し上げます。

桜草様
お二人に同時に責められている時・・・
他のお二人のことはもう意識にはございませんでした。
時折聞こえる声も あぁいらっしゃるのだなぁとは思いますが
それ以上にはなにも意味をなしてはいなかったのです。
それほどに・・・蕩けた時間でございました。
4月29日 15:52
祥子 2006/08/28(Mon)16:23:26 編集
祥子様
望月様と石塚様に二つの秘部を責められて何度逝かれたのですか?
そんなに良かったのですか?
それも残りの二人の男性に見守られて・・・・
言葉でも責められて・・・

さて・・・次はどのように??

熱い熱い金曜日の夜です・・・・

4月28日 21:09
桜草 2006/08/28(Mon)16:22:45 編集
無題
しし刺激が強すぎだ・・・仕事にならん・・・
4月28日 15:16

http://spaces.msn.com/billion-narita
billion 2006/08/28(Mon)16:22:17 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]