忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ねえさんもアイスコーヒーどう?」 カラン・・という氷の音が窓際のソファーセットから聞こえました。先ほどの声は・・・ルームサービスだったです。グラスにはまだ細かな水滴が浮かんでいるだけでした。
「あら、うれしいわ。」 胸元をきつくかき合わせて、森本さんの並びのソファーに座ったのです。
 
「きれいね。」 目の前には七里ケ浜の海が一望できました。
「なにしていたの?」
「ん、ずぅぅっと海を見てた。」 部屋の中には低くクラシックのBGMが流れていました。ここで、アイスコーヒーを飲みながら、海を見て作品に想いを馳せていたのでしょうか。
「そう。でも、目が眠そうよ。お昼寝前にお風呂浴びてらっしゃいな。お湯も入れ替えておいたから。」
「そうするよ。ねえさん、寝ちゃう?」
「なぁに」
「お風呂から出て1人だと淋しいなぁって思って。」
「甘えて・・もう。本を読んで、アイスコーヒーをいただいて待っててあげるわ。」 そう・・・森本さんに無防備な寝顔を一方的に見られることには抵抗があったからです。
「それじゃ、いってくるね。」 ジャケットを脱ぎはじめた森本さんに背を向けて・・・わたくしは窓の外の波にたゆたうサーファーたちの姿を見つめていました。

 



 
「あぁぁっ・・・トモくぅぅ・・ん」 腰だけを高く上げたわたくしの白いヒップを掴むと・・・トモくんはその手で割り開く様にして・・・大きく昂った塊を花びらの狭間へ突き入れたのです。
「洗ったばかりなのに、こんなにぐちゅぐちゅにして」 あぁっ・・・トモくんの言葉の通りだったのです。奥まで清めたばかりの身体は・・彼に触れられていただけなのに・・・蕩ける蜜を溢れさせてしまっていたのです。
「やぁぁぁ・・・だめぇぇ・・・そんな・・にしちゃ・・だめぇぇぇぇ」 バチャ・・バチャ・・トモくんの動きに合わせて浴槽のお湯は激しく波打つのです。
「ほら、水槽に手をついて。身体をあげて、祥子さん」 わたくしは壁沿いに伝う様に手をついて・・上体を少しづつ高く・・していったのです。
「・・ぁぁあああ・・いい・・ちがうぉぉ・・・そ・こぉ・・だめぇぇぇ」 身体を上げるにしたがって・・・トモくんが数の子天井だと喜んでいたわたくしの感じやすい部分が一層強く刺激されてしまうのです。激しい水音よりも・・・わたくしの細く高い喘ぎ声の方が・・・大きく浴室にこだましてゆきます。

 
「ほら!ほら! いいの、祥子さん」 2度満足しているトモくんは・・・わたくしの身体をどんなに追い上げても・・まだ余裕のままに責め続けるのです。強い腰はわたくしをどんどん水槽寄りに押し付けていったのです。
「いぃぃぃ・・のぉぉ・・・トモくんのぉぉぉ・・・いぃぃ」 水槽に押し付けられたGカップの白い乳房は・・・堅くしこった先端がわたくしをもっともっとと感じさせてゆくのです。
「だめだろ!祥子さん。勝手に乳首で感じちゃ!」 背中から伸びた手が・・・わたくしの乳房を左右から掴み取りぐぃと引いたのです。
わたくしの上体は彼の指だけに支えられ・・・淫らな蜜壷をトモくんの塊だけに貫かれた・・・不安定な姿勢を強要されたのです。
「指がうまっちゃうよ、祥子さんのバスト。これが感じるの?」 トモくんは乳首を人差し指と中指の間に挟むと・・・第二関節でぐりぐりと・・・捏ねるのです。
「あぅっ・・・・ひゃぁぁぁ・・・だめぇぇぇ」 長く大きな塊と指でトモくんはわたくしを翻弄しつづけました。
「胸を嬲ると、祥子さんの中がきゅって締まるよ。」 強弱をつけて・・・わたくしの感じやすい乳房を・・乳首を・・愛撫するのです。
 
「はぁっ・・・あぁぁ・・あぁぁぁ・・・も・・ぅぅぅ・・・だめぇぇぇ」
「ああいい、祥子さんの凄すぎるよ。」 一段と太くなった塊が内臓をすべて貫くんじゃないかと思うほど・・・強く抽送されるのです。後から犯されつづけるだけの・・・獣の体位にわたくしの身体はなす術もありませんでした。
「いっちゃうぅぅ・・トモくぅん・・・・いっくぅぅぅ」 エコーの掛かった喘ぎ声が一層淫らに響きわたくしの耳を辱めます。
「ほら!もっと感じて!」 わたくしの乳房を手放すと、青く光る水槽に縋らせて・・・白い腰を鷲掴みするのです。押し入る速度も深さも変えることなく・・・ぐるりと奥を捏ね回してゆきます。
「あっぁぁぁん・・・トモく・・ん・・ちょうだ・・い・・・しょうこのなかをまっしろにしてぇぇぇ・・」
「ん!いけっ!!」 トモくんの腰がわたくしにめり込むのではないかと思うほど深くに止まって・・・熱い精液をどくどくと・・吐出したのです。
「いっ・・くぅぅぅ」 わたくしはトモくんから与えられる最後の絶頂に、全身を震わしておりました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]