忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちゅく・・ちゅぅ・・・ぺろぉぉ・・・ こんなに・・・わたくしの茂みがないだけで・・・こんなにはしたなく・・・男性を蜜に塗れさせてしまうものなのでしょうか。
身体が淫らに変わった証拠を消すかのように・・・わたくしの舌と唇は・・・トモくんの柔袋までもをしっとりと濡らした蜜を追って・・・動いていったのです。
「祥子さん、そんなとこ舐めたらまた堅くなっちゃうよ」 言葉通り・・達したばかりのはずなのに、トモくんはわたくしの鼻筋から額に熱く脈打つ塊を・・・押し付けてきたのです。
「ぁぁあん・・だ・・めぇぇ・・・」 トモくんがどれほど若くても・・・こんなに早い回復ははじめてでした。まだ、胎内に彼のミルクを留めたままで・・・また次の責めを受けなくてはならないのでしょうか。
「こんなに欲しがってるよ、祥子さんのこと」 彼は塊に手を添えるとわたくしの頬を・・・Gカップの白い乳房を・・・熱い先端で突き回すのです。
「ねぇ、どこにほしい?祥子さん、言ってごらん」 トモくんの声は熱を帯びていました。
「おねがい・・・やすませて・・」 わたくしを辱める行為を止める事なく・・・ぐりぐりと鴇色の乳首をすでにぬめりを溢れさせている先端で嬲りつづけるのです。
秘密を知られてはならない・・・緊張感の果ての激しい絶頂は、想像以上にわたくしを消耗させていました。
「休みたいの。いいよ、じゃ休んでいる間に祥子さんのアナルを広げておいてあげるよ。」
「いゃぁぁぁ・・・」
「アナルが僕を受け入れられる様になるころには、元気になってるよね、祥子さん。」
「だめぇぇ・・・・」 トモくんの言葉も・・・指も・・・舌も・・・わたくしの姫菊を狙っておりました。他の男性に自分には許さない行為をさせたわたくしの、唯一のバージンを奪った場所だと信じているからなのかもしれません。
「ローションを買わなくちゃね。」 室内の端にある自動販売機へと・・・トモくんの視線が走るのです。
「おねが・い・・ゆるし・・てぇぇ・・」 わたくしの身体は、10日前の陵辱からまだ立ち直り切ってはいませんでした。丹念に・・・丁寧に扱ってくださったあの方達であっても・・・本来、性愛の対象ではない排泄器官を責められ続けたあの時の余韻はまだ身体の中にしっかりと残っていたのです。
「それじゃ、入れさせてよ。祥子さんのここに。」 ベッドヘッドに上体を預けて脚を伸ばしたトモくんは・・・わたくしを引きずり起こすとくったりとした両脚を彼の左右に開かせて・・・彼の出した精液で滑る花びらに熱い先端を押しあてたのです。
「あぁぁぁぁ・・・っ・・・」 わたくしの腰に手を当てると、一気にトモくんを飲み込ませるように・・・押し込んできたのです。

 



 
「ねえさん、明日も休みだって言ってたよね。」 森本さんは窓外の紫陽花の上を泳いでいた視線をわたくしに戻しました。
「ん、あと一日ね。」
「明日はなにか予定があるの?」
「いいえ、急ぐ用事はないからのんびりと珈琲でも飲みに行こうと思っていただけよ。」 いくつか次の仕事のための構想をまとめておきたいと、せっかくの休日ですが考えていました。デザインやコンセプトワークは、決まった場所に居る必要はないのです。心地よく思考が解放出来る場所でこそ、いい企画が出る事は体験上いやというほどわかっていたのです。
「それじゃ、泊まって行ってもいいよね。」
「えっ・・」 森本さんは思わぬことを口にしたのです。泊まるって・・・ここに?
「明日早くに家まで送ってくよ。着替えとかはここのショップでプレゼントしてあげるし。」
「もう、何を言ってるの?」 
「やぁ、運転するのちょっとしんどくなっちゃって。ごめん、ねえさん。」 確かに・・・すぐに醒めるようなお酒の量ではなかったのかもしれません。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Lone Butterfly様
はじめまして。
ようこそお越しくださいました。
お尋ねのとおり、<Syouko>はわたくしの名前です。
翻訳して読んで下さっているのですね。
ありがとうございます。これからも宜しくお願いします。
7月7日 11:36
祥子 2006/08/28(Mon)17:16:24 編集
無題
You receive directly an "HELLO Japan" from Belgium :-p
Sorry but I can't read japanese character, Syouko is your name ?

Reply me if you want....

[°.°] HelloWorld06
7月7日 10:04
(http://lone-butterfly.spaces.msn.com/)
Lone Butterfly 2006/08/28(Mon)17:15:59 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]