忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ぁうん・・おねがい・・・みない・・でぇ」 自由になった左脚を・・・抑えられたままの右脚に引き寄せたのです。
「だめ、閉じちゃ。こんなに可愛い祥子さんが見られてうれしいよ。」 改めてわたくしの脚を押さえつけてじっと・・・熱い視線を・・愛撫するように這わせるんです。
「ああっ・・・」
「ほら、また垂らしたね。きれいだよ、祥子さんの愛液。すっごくいやらしい匂いがする。」
「みないで・・・ゆるして・・・」
「その顔も、きれいだ。祥子さんが羞恥にまみれて感じてる顔、僕好きだよ。」 トモくんはようやくわたくしの間から立ち上がると、ベッドの上に・・・わたくしに被いかぶさるように乗ってきたのです。

 
「足で踏んでも気持ちよかったよ。祥子さんの胸。ぷにぷにしててもっと強く踏みたくなった。」 トモくんはわたくしの上から、左の乳房をその大きな手でやわらかく包んだのです。
「ひどい・・・わ」 いまの彼の手は優しかったのです。
「あんなことで感じるなんて思ってなかった。勃起しちゃったよ。」 彼はわたくしを踏みつけ・嫉妬をぶつけていたとき・・・わたくしの乳房をむきだしの丘を踏みつける感触に感じていたなんて・・・。
「あ・・ぁあぁん・・」 柔らかく掴まれた中心をトモくんの唇が啄んだのです。ひどくされた後の優しい舌の感触が、わたくしの身体から艶めかしい喘ぎを導きだすのです。
「また堅くなっちゃった。ほら」 わたくしのふとももに触れる彼のトランクスの前は、堅く・熱くなっていました。トモくんは身を起こすと、その場でトランクスを脱ぎ捨てたのです。
「欲しい?祥子さん。」 彼の引き締まったお腹につくほどに反り返った大きな塊を・・・右手でくいくいと動かしてみせるのです。先端にはぺっとりと・・・透明な液体がまとわりついていました。
「ぁぁ・・・すごいわ」 いつもよりももっと大きく見えるトモくんの塊に、ため息のような声を漏らしてしまったのです。わたくしは、いままで何度この塊に・・・貫かれてきたのでしょう。
「言ってごらん、祥子さん。ちゃんと、ほら。」 我慢できないかのように、トモくんの右手は塊にそってゆっくりと動いてゆくのです。
「おねがい・・ちょうだい、トモくんのでしょうこを犯して。」 はしたなくわたくしの声は掠れていました。
「良く言えました♪」
「ああぁっ・・」 ずん・・とトモくんの大きな昂りは、わたくしの再奥までを一気に貫いたのです。




「さすがに土曜日だね。思ったよりも混んでたよ。」 森本さんが車を滑り込ませたのは、七里ケ浜からほど近いリゾート・ホテルの駐車場でした。
「R134はね、仕方ないわ。」 鎌倉の海岸線を湘南へとつづく国道134号線は渋滞のメッカでもありました。今日のこの流れなら、まだましな方だったでしょう。
森本さんは、長谷寺の駐車場で携帯のアドレスから一つの番号を選ぶと、手慣れた感じで昼食の予約を入れたのです。
お時間が・・・というホテルの方の声も聞こえたのですが、エアコンの効く車内にわたくしひとりを残し、お1人だけ車外に出るとほんの数分なんとか交渉をしてしまったようでした。
「さ、お腹もすいたしまずは腹ごしらえさ。」 海に面して建つホテル棟のはずれに建つ、離れのような和食レストランへとわたくしを導いたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]