忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

和食レストランは落ち着いた雰囲気を醸し出していました。
白壁にどっしりとした梁が、以前訪れたことのある箱根の宿を思い出させたのです。
もう、昼食のピーク時は過ぎていた様です。海を望む窓際のテーブル席が、わたくしたちに用意されていました。
「お飲み物はいかがいたしましょう。」 サービスの女性がおしぼりを手にわたくしたちに問いかけます。
「とりあえず、ビールをください。瓶で。ねえさんも飲むでしょう。」 
「もう、運転大丈夫?」
「酔いが醒めるまでラウンジでのんびりしてから帰ればいいんだから。喉かわいたしね。」 確かに、わたくしも喉が渇いていました。紫陽花が綺麗なうちにと早朝からいままで、休憩もしないで3つの寺院をまわってきたのですから。
「しかたないわね。おねがいします。」 わたくしは、サービスの女性に頷きかけました。
「どうぞごゆっくりなさってください。」 もうメニューはお願いしてあるのでしょう。サービスの女性がそのまま下がると、次には小振りなビアグラスと、ビールをトレイに戻ってらっしゃったのです。
「どうぞ。」 わたくしは森本さんへビールを傾けたのです。
「ねえさんも。」 今度は森本さんが。涼しげな泡を載せた黄金色の液体が切り子のビアグラスを満たしてゆきます。
「おつかれさまでした。」「おつかれさま。」 チン・・・グラスを交わすと、森本さんは一気にグラスのビールを飲み干したのです。




 
「いいよ 祥子さんの中、いい」 トモくんの腰は最初からがむしゃらにわたくしを追い上げました。
「あぁぁん・・・トモくぅぅん・・・ああっ・・」 彼のくっきりと太い塊は幾度もわたくしの蜜壷を押し開いてゆくのです。イラマチオで喉の奥を圧迫しても飲み込み切れなかった塊は・・・今度は花びらを押し広げ根元まで押し込まれ・・・子宮そのものを嬲る様に突き上げるのです。
「そんなに締め付けちゃだめだよ、祥子さん」 わたくしの身体はトモくんに突かれると同時に奥への衝撃を和らげようと再奥を締め付け、トモくんが引き抜かれようとするときは引き止めようとするように中程を締め付けてしまうのです。
「だっ・・てぇぇ・・・ああっ・・・いぃぃぃ」 身体の芯に響く淫楽に飲み込まれながら・・・わたくしの身体ははしたなく・・・まだ・・・もっとと求めてしまうのです。
「ここ?ここがいいの?祥子さん」 ずぅん・・・ トモくんの茂みをわたくしの蜜に塗れるほどに・・・押し込むと彼はぐりぐりと腰を捏ねあげるのです。わたくしが、以前に教えた通りに・・・。
「ぁぁぁぁ・・・いぃぃ・・そこな・・のぉぉ・・」 わたくしの奥で蕩ける快楽に湧き出す愛液は、彼の塊で満たされた蜜壷に留まる事をゆるされず・・花びらの端から姫菊に向かって滴りおちてゆきました。
「ここも、ここも でしょ、祥子さん」
「はぁうっ・・・ぁぁぁ・・・だめぇぇぇ」 トモくんは長身を折る様にして左の敏感な乳首を甘噛みしたのです。ずくぅぅぅ・・・乳房からも送られる淫楽は・・・ますます蜜壷をひくつかせるだけ・・・だったのです。
「ああっ・・・やぁぁぁん・・・」 ちゅぅぅぅ・・ぽぉん 乳首の先端を・・・彼の塊がわたくしの子宮を嬲っているのと同じ動きで・・・舌先で舐め、Gカップの白い乳房が伸び切るまで強く吸い上げる様にして・・・頂点で離すのです。
「いいんだね。祥子さんの中、僕のをぎゅって扱いてるよ。ああいい。我慢できない。」 再び力強い抽送がはじめられました。わたくしは・・・これ以上・・・まだ・・あぁぁ。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]