忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03 2007 / 04
「祥子、こっちを見るんだ。」
唇の狭間に高梨さんの熱い塊を咥えたままで、わたくしは濡れた瞳を声のする方へと向けたのです。
カシャ・・ カシャ・・
その音がシャッター音だと気付くまでに、ほんの少しかかりました。
わたくしの瞳の先にあったのは、Nikon F6のレンズでした。
「そのまま動くんだ。俺を見上げたまま。」
ぁ・・ゃぁ・・・ 口腔で膨れ押し込まれる塊は、わたくしの声を籠らせました。
カメラを見つめたまま・・・唾液と高梨さんのぬめりに光る唇を・・・縮れた茂みにまで往復させないといけないなんて・・・

視線を反らせればよかったのです。
でも、高梨さんの深くて丸い声の命令と、カメラのレンズ越しの彼の眼差しに背くなんていうことはできませんでした。
わたくしはもう先ほどのように無心に行為を続けることは出来なくなってしまいました。
カメラのシャッター音が、レンズごしの強い視線が、わたくしの羞恥心を否応無しに揺さぶったからです。
カシャ・・
「こんな簡単なことさえ、お仕置きされないと出来ないのか?」
お仕置き・・・ わたくしは、その言葉にゆっくりと頭を動かしたのです。カメラを見つめたまま。
高梨さんがその言葉を口にしたとき、必ずそれを実行するとわかっていたからです。
それでも、彼を見上げたままの体勢での口戯・・・というのは酷く難しいことでした。
カシャ・・・ カシャ・・ 
わたくしはつい、いつものように瞳を伏せて・・・長い髪で口元を隠すように首をかしげて前後に動かしつづけたのです。

カシャ・・・
リズミカルだったシャッター音が途切れたとき、高梨さんが新たな要求を口にされたのです。
「今度はいつものように玉も舐めるんだ。カメラを見たままで、な。」
ちゅぽっ・・・ 深く咥え込まされていた塊は唇の狭間から抜け落ちる時でさえ淫らな音を強いました。
見上げたまま、皺袋をねぶる・・・それはわたくしの顔の上に高梨さんのわたくしの唾液にぬれそぼった塊を載せた形で見上げるしかありません。
「うっ・・」
ちゅるっ・・・啜り上げ、片方の繊細な玉をまるまる口内に収め・舌を這わせながらわたくしは高梨さんの望むポーズをしたのです。
カシャ・・・ カシャ・・・
わたくしの鼻筋に添って、長大になった高梨さんの塊は額へとわたくしの顔の左側を覆いました。口元は、先ほどからの口戯で濡れ光る茂みに没しているはずでした。
顔面に男性の猛り立った塊を載せている・・・はしたない姿であることを解っていながらカメラを見つめる、それはあまりに破廉恥な仕打ちでした。
口元は柔らかで繊細な高梨さんのもう一方の皺袋を顔の向きを替えて含みねぶりながら、わたくしの身体はカメラという第三の視線に否応なく反応してしまったのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
りん様
ご心配をおかけしました。
まだあと少し・・なのですが、もう随分元気になりました。

間が開いてしまって興が醒めてはしまいませんでしたか?
続きをお楽しみいただければ幸いです。
祥子 URL 2007/04/04(Wed)17:10:42 編集
祥子様
お体はもう大丈夫ですか?
ここ2日程の雨模様で、満開の桜も寒そうにみえます。
くれぐれもご無理なさいませんよう。

高梨さんは、これでもかというほど、恥ずかしい行為を撮られるのですね。
祥子様、私もその様子、そばで見つめていたい・・・。
りん 2007/04/04(Wed)00:21:30 編集
忍者ブログ × [PR]