忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ギシ・・・
「君は本当に従順な極上のMだよ。私のS性をこれでもかと刺激してくる。何も言わなくても白いヒップを高く突き出したこの姿が、その証拠だよ。」
「ああぁぅっ・・・」 男性は指を引き抜くと、一気に昂りを押し入れたのです。
ねじれた・・ごつごつとした形と大きく張り出した先端が・・・幾度もの快楽に晒されて絶頂を味わった胎内を遠慮なく押し広げてゆくのです。
「くっ・・・締まる。こんなに濡れているのに。」 視界を奪われるのは、これほどまでに他の感覚を研ぎすますものなのでしょうか。わたくしの身体は、男性の塊の感触を胎内で掴もうとでもするかのように・・・いつもよりも強く求めているようでした。
「ぃぃいい・・ぁはぁぁん・・・」 わたくしの中を、ごつごつした塊が不規則に抉り嬲ってゆくのです。その感覚はまるで幾人もの方に同時に犯されている時のようでした。
「祥子、いいよ。ああ、いい。」 男性の腰の動きは、お見かけした年齢とは思えないほどに激しく躍動的でした。突き上げる度に違うポイントを刺激し・・・掠れているわたくしの声を・・なお・・淫らに引き出すのです。

「逝きそうだ・・・あぁ。」 突然に奥まで入っていた塊を引き抜き、男性はわたくしを仰向けにしたのです。
「祥子の顔を見て逝きたい。」 目隠しのスカーフをむしり取ると、男性はわたくしの瞳を見つめながら一気に奥まで突かれたのです。
「あぁぁぁ・・・やぁぁぁ・・・」 突然に与えられた視界は、わたくしの想像よりもずっと明るかったのです。男性の塊はわたくしの中に納められ・・・より奥へと・・抽送を繰り返しているのです。
「ふふ こんなに揺らして私を誘惑するね。」
「ああぁぁん・・・」 男性の腰の動きにあわせて揺れる左の乳房を掴むと、堅く立ち上がった乳首をねぶり甘噛みするのです。
「ほんとうに敏感な身体だ。こうするたびに・・」 舌が乳首の先端をねぶってゆきます。「私のものをくいくい締め付ける。たまらないよ。」
「ぁぁぁああ・・・はぁう・・」 もう一方の乳首を甘噛みされて・・・わたくしはもうゆとりを無くしていたのです。真っ白く蕩ける絶頂はもうそこまで来ていました。

「あぁぁ・・・いきますぅ・・・」
「わかった。一緒に逝こう、祥子」 男性は上体を起こすと、わたくしの両脚を肩に担ぎ上げ、腰の動きを凶暴なまでに早めたのです。
奥までを・・・全ての淫楽のポイントを刺激する塊に・・・わたくしは追い上げられてしまったのです。
「祥子いいよ ああいきそうだ」
「ああ・・いくぅぅ・・・いっちゃうぅぅ」
「逝くよ、祥子!!祥子!いくっ・・」 うっ・・ 男性は激しく突くと、最奥で腰の動きを止めて・・・熱い精を放ってくださったのです。
ひく・・ひくん・・脈打つ動きは・・・わたくしの身体なのか、男性の塊なのかすら・・・わからなくなるほどの快感が四肢の先まで駆け上っていったのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]