忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11 2006 / 09
「今夜の祥子さんのフェロモンは濃くて、たまらない。」
耳元に近づいた唇はそのまま敏感な首筋を通って・・・ストラップが中途半端に引っかかる肩先へ・・・落ちかけたブラのカップのせいで半分ほど露になった乳首へと這っていったのです。
「あぁぁん・・・だめ・・ぇ・・」
「さっきまで一緒にいた長谷川氏のせいかな。」
「ちがう・・わ・はぁぁん・・」
どきっといたしました。
長谷川さんとお話した僅かな間、あの方のS性はわたくしの中に潜むものをを刺激しつづけていたからです。そのせいで・・・濃く溢れてしまった・・・としか思えなかったのです。

「いしづか・・さ・んが・ぁはぁん・・こんなふうに・・なさる・か・ら・・んん」
石塚さんはハーフカップブラを少しづつずらしながら・・・わたくしの感じやすい乳房に口づけをしつづけます。
声が・・・淫らな響きを帯びた声が・・・スターマインの連続する破裂音と遠い岸からのざわめきにかき消されてゆくのです。
「可愛いことを言うね、祥子さんは。」
「あうっ・・・」 かりっと・・・左の乳首を甘噛みするのです。わたくしははしたなく身を震わせてしまいました。
その瞬間、わたくしのブラは石塚さんの手に引き抜かれ・・・そしてワンピースの上へとふわりと投げられていたのです。
「や・・・見られちゃうわ。」
周囲には、先ほどいたパーティルームの先あたりには何艘かの屋形船が見えました。
でも、この専用デッキからは目につく船はありませんでした。岸からも・・・目視できないほどに離れております。
それでも、漆黒の波と夜空に挟まれた空間に真っ白な肌を・・・黒のガーターベルトと極薄の黒のストッキングだけを身に纏って・・・晒しているのはわたくしを羞恥の茨の上に横たえているのと同じでした。

「僕は、みせびらかしたいけどね。祥子さんのような素敵な女性を独り占めして、こんな風に自由にさせてもらっているところをね。」 向かい合う様にして、乳房をねぶっていたわたくしの身体を・・くるりと海側へと回すのです。
「ぃやぁ・・・」 両腕を後に大きな石塚さんの手でひとまとめにされて、波に合わせてたゆん・・と揺れるGカップの乳房を、さらに突き出す姿勢をとらされてしまったのです。
「こんなに男を狂わす身体と知性。この茂みを奪った夜にもいいましたが、僕は本気で祥子さんが欲しいんですよ。」 さほど長くはない茂みを・・・石塚さんの右手がむしり取るように強く掴むのです。そしてその指を・・・ご自分の鼻先へ・・
「だ・・めぇぇ・・」 わかっておりました。わたくしの身体がすでに茂みの根元を潤すほどに・・・蜜を溢れさせていることを。あんな風になさったら、石塚さんの指先にはわたくしのぬめる滴がたっぷりとまとわりついてしまったはずです。
「今夜は、ここで紳士的に振る舞って二人きりでロマンティックに花火を楽しもうかと思っていたんです。」
「あぁぁっ」 ぺろっ・・石塚さんの舌がご自身の右手の指先を舐めてゆきます。
「でも、僕の招待したパーティで30分もしないうちに他の男を虜にしている祥子さんを見て気が変わった。」 カチャ・・・
「祥子さんの心だけじゃなくて、身体を確かめて・・・証を残したくなる。」 ジィィィ・・・ぱ・さっ・・・
わたくしの背後から石塚さんのスラックスが立てる・・・小さな・音。花火の騒音の中なのに何故かくっきりと二人の間に響くのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]