忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
468 11 10 9 8 7 6 5 4 3 1
23 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「それじゃ 手首のネクタイをほどいてあげましょうか」白い肌にオペラピンクのスリップだけをまといつかせた姿のままでベッドに上半身だけ俯せにされ、髪を愛でる男性に長い髪を掴まれてゆっくり頭を上下させられているわたくしに、すべすべとした手の男性が言いました
「あんなに悶えるから赤く戒めの痕がついてしまったじゃないですか まだ前戯なのに さあベッドに上がってください」わたくしは弱く首を横に振って羞恥を示すしかありませんでした
とても前戯なんていう生易しい快感ではなかったのです  男性達とあの地下のバーで出会ってからいままでもう数え切れないくらい達していたのです   まだわたくし自身をまだ直接愛撫されていないにも関わらず、ガーターストッキングの太ももまでが愛液で濡れそぼってしまうほど、疼きつづけていたのです
気持よい手のひらに手首を掴まれ導かれてキングサイズのベッドに上がりました わたくしをひざ立ちで待たせたまま男性はわたくしの横に横たわりました
「さあ 僕の顔の上にきなさい まだ可愛がられてないところがあるでしょう 祥子さん」男性に添い寝をしようとしたわたくしに…顔に跨がって目の前に発情したわたくしを晒せと紳士的な物言いのままで命令するのです
「だめ・・・そんなことできません い・・や・・・」
「もう まだ感じ方が足りないみたいですね あんなに彼の指に腰を振っていたのに」一緒にベッドに上がりわたくしの側に立っていた男性はまた髪に指をさしいれ頭を掴んで唇と舌での行為を促します 「僕はまだ祥子さんの唇に満足していないんです 続けてください」

「くちゅ・・・ちゅ・・くぽぉぉ・・ぁぁはん・・・」唾液に濡れ光る唇を割って喉奥まで男性の熱くて大きいものを出し入れさせるのです 前歯をくるんだ唇で出し入れされるタイミングに合わせてリズミカルに締め付け口腔の中では舌がくねくねと男性の快感ポイントに這わせる 条件反射のようにわたくしの口は反応してしまうんです
「ほんとうに美味しそうにくわえますね 祥子さんは ほら僕を見つめながらしてください」髪を後に引かれ男性を見上げながら口を犯され恥ずかしさに身を捩るわたくしのひざに男性の髪が触れました
「あっ・・・」「だめですよ ぼくから目をそらしちゃ」髪を掴まれ唇に大きなものを押し込まれ身動きができない状態にされたままで…わたくしのいちばんはしたない部分が男性の目に晒されてしまったのです
「祥子さんの花びらランジェリーと同じ濃いピンク色になっていますよ 濡れそぼって このままでも僕の唇に滴ってきそうだ こんなに珠も大きくして お待たせしすぎてしまったみたいですね」脚を閉じようと脚に力をいれるわたくしのふとももをすべすべした手で撫でながらもっとも恥ずかしい部分を言葉で嬲るのです 「彼のアナルへの愛撫で随分感じたみたいですね じゅるぅぅ・・・・」
「んぐぅ・・ぃゃ・・・ぁぁ・・ぁぁ」濡れそぼった花びら全体を吸い上げられるような最初の刺激にまた達してしまいました
「美味しいですよ 肉厚で肉質がいいですね いくらでも溢れてくる さあ僕の口でいってしまいなさい」花びらを舌先で微妙になぞり、珠をやさしくねぶり甘噛みして、堅くした舌でわたくしを犯されて・・・ひくひくとわたくしの身体は感じつづけてしまいます はしたないと白く霞む理性で感じながらも溢れる愛液を止めることもできないのです
「さ、僕にも祥子さんの唇を楽しませてくれ」ベッドルームのドアが開いて3人目の男性が戻ってきました 「随分いいみたいじゃないか いいでしょう祥子さん」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]