忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
13 12 468 11 10 9 8 7 6 5 4
29 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

両手と両脚を男性たちに掴まれたままの姿勢でわたくしは身体ががくがくと震えるほどに反応し達してしまっていました 首筋と背中には細く長い黒髪がまといつき、赤い痕を散らした胸のしたのウエストにオペラピンクのスリップをまとわりつかせたままの姿でようやく3人の男性から解放されたのです
「祥子さん 僕たちはまだ満足していないんですよ」すべすべとした手の男性はベッドに横たわり、達してまだひくひくしているわたくしの腰を彼の上へと導きました
「ゆるして・・・おねがい・・・休ませてください このままなんて・・・だめ・・・あうっ・・・あぁあぁっぁ」
「ううっ・・・締め付ける・・・いったばかりとはいえ祥子さんの身体はほんとうにいいですね」3人の中で一番太く堅く熱いものをわたくしの中に入れながら男性はわたくしの耳元で囁くのです いったばかりの身体はわたくしの意思とはまったく別にはしたなく潤い喜んで男性を迎え入れる様に蠢いてしまうのです
「おとなしくしてください 良すぎますよ 祥子さんは・・・ほら動かないで おとなしくしましょう」堅いものでわたくしの身体を下から止め付けた男性はぐいっと腰を上げわたくしを刺激しながら・・・頬をなでキスを繰り返すのです
「身体の力を抜いて・・・さあ・・・もっと感じてください いいんですよ 何度いっても」ここちよい男性の手のひらがわたくしの背を腰を撫でからみついてくるのです 「おとなしく僕とキスしてください いいこですね 祥子さん」優しい声と手の感触と男性のたくましいものがわたくしをまた快楽の底へと突き落とすのです
「あぁぁ・・・だめ・・・ゆるしてぇぇ」

「いけないですね 祥子さんを独り占めして」さきほどまで唇を犯していた男性の声が背後から聞こえてきました 
「さ、僕にも祥子さんを味合わせてください 息をはいて・・・そう」 わたくしの豊かなヒップを愛撫するだけに思えた手にローションに濡れたもう一つの熱い固まりが加わったと思ったとたん、下からの男性のものが深く突き上げられたと同時に、いやっという声をあげることも出来ないうちにアナルのバージンを奪われてしまいました
「あぁぁぁぁぁ・・・やめてぇぇ」
「もう1/3まで飲み込んだよ 柔らかくてきもちのいいアナルだ 痛くないだろう祥子さん 僕のはさっき口で確かめたろう その彼みたいに太くはないからね さぁもう少しだ 息を吐いて!」男性の根元に向かって太さを増す塊がまたわたくしに侵入してきます 
「いやぁぁ・・・だめ・・・動かないで・・おかしくなっちゃうぅ」下から太いもので突き上げられ、後からはあの長い塊が少しずつわたくしを押し広げて入ってくるのです 身体の中を両方から同時にそれも不規則に刺激される感覚にわたくしの理性は今度こそ犯されてゆきました
「あと少しで全部おさまりますよ ふふ アナルも気持ちいいですね 入れているだけなのにいってしまいたくなりますよ ほらどんどん入って行く終わりがないから僕のを全部飲み込めそうですよ 祥子さん」男性の言葉ももうわたくしの耳には正確には届いていませんでした ただただ淫らな言葉が羞恥心を刺激し、頭の中は白くただれた様になって身体だけが男性たちの動きに忠実に彼らの塊を意志とは別に揉みしごいているのです 
3人の男性が視線を交わしていることさえもう気づくことはできませんでした 髪の感触が好きだといった男性はずっとわたくしの頭の側にいてさらさらと流れる髪をなでていました
「君も退屈だろう そろそろ祥子さんの口で満足させてもらいたまえ」後からわたくしを犯し続ける男性の一言で、彼は髪を撫でていた手を肩に移しわたくしの上体を引き起こしました
「あぅっ・・・あはぁぁぁ あんぁああ」その動きはアナルの塊を自らすべて飲み込む結果を招いてしまいました 「大きなはしたない声ですね 祥子さん 少し静かになりましょう」喘ぎで閉じられない唇に髪を愛でる男性の大きく先端の張ったものをくわえさせられてしまいました

「祥子さんの身体はほんとうにどこもエロティックですね」 「こんな唇の感触もひさしぶりです すてきだ」 「はじめてだとは思えませんね こんなに排泄器官で感じるなんて 熟した女性ならではでしょう いいでしょう 祥子さん」3人が口々にわたくしの名を呼び、わたくしの身体がいかにはしたなく反応しているかを言葉で快楽に蕩けきった脳にすりこもうとするのです 男性の吐息まじりの声が響くたびにわたくしの身体はすべての部分をきゅぅっっとしめつけてしまうのです
「いきつづけているみたいですね 祥子さん そんなに締められたらもう我慢ができなくなってしまいそうですよ」下から太い塊で突き上げる男性はわたくしの乳首をねぶりながら動きを激しくして塊をより大きくします
「ああ 僕に絡み付きますよ ちぎれそうに締まる ああ 祥子さんのなかに注いであげますからね」長いストロークを楽しんでいた男性の動きが一層大きくなりはじめての器官から抗いがたい快感を送り込んでくるのです
「さっきから何度も我慢してたんですよ 僕のミルクを飲んでくださいね 祥子さん」髪をわし掴みにしながら本能だけで動かしている舌と唇を大きな塊がこすりあげてゆくのです
「いきますよ」 「いく」 「飲んでください」 3人の男性の声がはじめて混ざり合った時・・・3つの塊が栗の花の香りのミルクをわたくしの体内に同時に注ぎ込んだのです

むせるような香りを飲み下し、わたくしは快感に溺れる様に気を失ってしまいました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]