忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
12 468 11 10 9 8 7 6 5 4 3
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

戻ってくるなりベッドに上がるとそのまま髪を愛でる男性と場所を変わりわたくしの目の前で腰のタオルを外しました
「さあ 祥子さん今日3本目のごちそうですよ 今夜のお酒と一緒・・・一番強くて刺激的なものを楽しんでください」 男性のものは先は決して太くはなかったのですが、まだ経験がないほどに長く中程に向かって太くなり反り返っていました 目をそらせないわたくしに軽く微笑みながら先端をわたくしの唇に押しつけ喉に向かって口蓋をなぞりながらまっすぐ押し入ってくるのです
「ああ いいですね 僕のをこんなに奥まで口で愛してくれる女性はなかなかいないんですよ」長い髪がまとわりつくわたくしの頬をなでながらリズミカルに腰を前後に動かして喉の奥まで達する感触をじっくりと味わっているようでした 「裏すじを舐め上げる舌がいいんだね 祥子さんは ん・・・いい もっと続けてくれ」

「それではだれもまだ印をつけていないまっしろなバストに最初に印をつけさせていただきましょう 感じるのでしょう 先ほども身体をぴくんってさせていましたものね」すべすべした手の男性がバストを優しく、まるで重みをはかるように手のひらで弄びながら堅く立ち上がった乳首に息を吹きかけます
「少し待ってくれ 祥子さんが感じてるかどうか僕が確認するから」先ほどまでわたくしの唇を犯していた男性がひざの間に頭を割り込ませてくるのです
「祥子さんの花びらはとても控えめなんですね あんなに感じる身体をしているからもっと大振りな蘭の花のような姿を想像していましたよ でも、真珠は大粒ですね ふふふ 随分と」ぺろ・・・予告もなく大きくなった真珠を舐め上げる舌の感触にから思わず逃げるように腰を動かしてしまいます
「だめじゃないか そんな刺激をしたらほんとうにバストが敏感かどうかわからないじゃないか」片手で持ちきれないバストを押し上げるようにしてもう片方の手で感じやすい左の乳首を刺激しながら、すべすべした手の男性はわたくしの足元の男性に告げるのです
「悪い それじゃ僕はじっと観察だけをするよ」両手をわたくしの両足に巻き付けるようにしてその場にとどまりました 
男性の視線の前に・・・なにも隠すもの無く、はしたない部分を晒している羞かしさに身をよじって逃れようとしても腿に巻き付いた腕がささいな動きすらも許してくれないのです  視線に感じて愛液が溢れてくるのを感じて口をふさがれたわたくしは、いまさらながら羞恥に頬を染めるしかできませんでした
「見ているだけで溢れてきますよ ああ もう滴り落ちそうだ 雫くらいは味合わせてくれますよね 祥子さん」視姦に感じて反応してしまうはしたない身体だと、触れなくても花びらに露を浮かび上がらせる淫らな身体だと男性は遠回しに聞かせるのです
「美味しいんですよ 祥子さんの愛液は もっと溢れさせてあげますね ちゅっ・・はぁぐ・・・」指だけで嬲っていたバストの先で堅く立ち上がる乳首を舐め回し吸い付くような愛撫を加えるとふいに甘噛みされた刺激に、上下の口が淫らなお汁を溢れさせてしまいました
「一気に雫になる量が増えますね ん、感じやすいバストだというのは本当なんですね ああ 美味しいですよ祥子さん」 「どうりで君が口を離したがらなかった訳だねぇ ああ・・すごいよ いまキスマークをつけたのかい?」
「そうさ 見ているだけでわかるなんて祥子さんの身体は本当に敏感なんですね いま両のバストの白い肌に赤いバラを咲かせてあげたよ ランジェリーに隠れない場所にね」かすかに横に首を振るわたくしを横目でみながら敏感な左を唇で右をすべすべした手で嬲りつづけるのです
「さあ そろそろいかせてあげようね こんな生殺しは気が狂いそうでしょう いってしまいなさい 祥子さん」そういうと彼は左右のバストを握りつぶす様にしながら左の乳首を甘噛みします
「直接飲ませていただきますよ 祥子さん」両足の下の男性はわたくしの腰を引き下ろし花びらも真珠も一緒に吸い上げるようにして舌先で真珠をねぶりはじめるのです
「いくと喉までひくひくと反応するんですね 祥子さんのお口は まるで性器だ」堅さを増したものを窒息してしまいそうなほど喉の奥に差し入れながら最後の男性が吐息をもらします
わたくしは身体の3つの急所を同時に責められていままでにない高みに達してしまいました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
よういちです

よういちです
貴女が身につけている真珠は、敏感でクリッとした真珠なんですね、さぞかし雫にぬれてキラキラ美しいことでしょう。
俺は、まずその真珠の周辺の柔らかい花ビラを鼻でこじ開けて、花びらをゆっくりジワジワと甘噛み。
輝きを増した真珠に、フッ、フッーとそっと息を吹きかけてあげる。
ヒクヒクと波打つ頃に、舌を尖らせて先端をツンツン・・・・・。
貴女の吐息をBGMに、レロ~ン・レロ~ンと真珠を下から上にナメ回してあげる。
2005年9月3日 14:36
よういち 2006/08/04(Fri)20:29:32 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]