忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「このスパンコールがずっと僕を幻惑していたんだよ 客席の暗闇でも祥子さんの魅力的なバストを感じさせてくれたからね」 背に回していた右手を胸に・・・あてがうのです
「はぁ・・・あっんん」 ニットの上から・・・ランジェリーごしでさえも熱く柔らかい男性の手のひらに ぴくん・・と身体が勝手に応えてしまいます 
声を同じわたくしを抵抗できなくしてしまう・・・男性の魔法
「柔らかいな 手のひらに余るこの量感 あの時のままですね」左手で逃れられない様にわたくしの肩を抱き右手は容赦なく乳房を揉みしだくのです
「ぁぁっ・・・あ・はぁん・・」 今夜の薄いレースのランジェリーは男性の手にすでに堅くしこった乳首の感触を伝えているに違いなかったからです
「相変わらず敏感だ それにこの薫り もうフェロモンをまき散らしはじめてるんですね 祥子さん」 わたくしの耳元に鼻を寄せ・・・わざとくんくんと嗅ぐ真似をするのです
「やめ・・て・・おねがい 恥ずかしいわ」 男性の胸に顔を埋めるようにして視線を避けるしかありません
「その白い肌に他の男の付けた印など ないでしょうね 祥子さん」 タートルネックに覆われた首筋からなだらかな胸元への白い肌理の細かい肌はほんの少し強く口づけただけで紅い印を残してしまいまねない場所なのです
「い・いえ・・ないわ」 頑是無い子供がいやいやをするように首を振って否定をしたのです いまはどなたの付けた痕も残っていないはずでした

 
「こちらを向きなさい 祥子」 両手で肩を持ち逞しい胸からわたくしを引き離すと男性の声がそう命じました
「今夜その恥辱にまみれた君の顔が見たかったんです 隠すんじゃありません わかりましたね」 
「・・・は・い」
「違うだろう 祥子 きちんと言いなさい」
「は・・ぃ・・申し訳ございません ご主人様」
なぜ・・・わたくしはこの方の声に命じられると<ご主人様>とお呼びしてしまうのでしょう 決して主従の関係を誓わせられた訳でもないはずなのに
「いいコですね さて今夜のランジェリーを祥子の口から説明してくれませんか」 あの時と同じ・・・羞恥を感じずにはお答えできないような質問がはじまったのです
「説明なんて・・できません」 俯こうとする顎を捉えられわたくしは彼から視線をそらすことを許されなくなってしまったのです
「出来ない そう言ったらどんなお仕置きが待っているのか解っていますね 祥子」 昂ったところのない冷静な声でそう告げるのです
「お仕置き・・・いやぁ・・」 縛ったり・鞭を振るう訳ではないのです 心と精神を真綿で締め上げるような男性のお仕置きは わたくし自身が虜になってしまいそうな・・・怖さがあるからです
「今夜はいくらでも時間がある きちんと出来るまでお仕置きを繰り返してもいいんですよ 祥子さん」 有無を言わせないあの声が・・・わたくしを追いつめます
「おねがい・・です・・酷いこと・しない・・で」 瞳に宿る怯えの陰が男性の嗜好を刺激してしまうのかもしれません 
「それなら素直に説明しなさい 簡単だろう 身に付けているランジェリーがどんなに男をそそるものなのかを説明するだけだ」
「そそる・・・なんて」
「デートでなければセクシーな下着を身につけないなどという愚かな小娘ではないでしょう 祥子は」 男性の脳裏に浮かんでいるのは偶然に出会った夜に身に付けていたゴールドに光るサテンのランジェリーなのでしょう 嬲られ愛液を滴らせるとブラウンに色合いを変えるはしたない下着
「・・・・ぃゃぁ・」 
「すれ違うだけでふっと漂う色香は男と逢う・逢わないに関わらず身に付けたセクシーなランジェリーの賜物でしょう それも高級で上質な素材でつくりあげられたものだけ ちがいますか?祥子」
こんな風に眼を見つめられたままでわたくしのランジェリーに対する思想を口にされるとは思ってもおりませんでした ただ・・・決して男性を籠絡するために身につけているのではないのです
「聞かせなさい 君の口から聞いてからこの眼で確かめさせてもらうのが楽しみなんだよ この前よりも易しいだろう さぁ」 この前は男性の前で官能に濡れそぼったからだの状態を告白しなさいと・・・強要されたのです とてもできるものではありませんでした 今回はランジェリーです 言葉にするのは・・・それに比べれば容易かもしれません 
「ターコイズブルーの・・・リバーレースのセットです」 顔をあおのけたままでしたので瞳だけを伏せて 囁くほどの微かな声で語りはじめました
「何を身に付けているんだい」
「スリップとブラジャーと・・・パンティーと・・・ガーターベルトです」
「ほぉっ・・・祥子はいつもガーターだね」
「いえ・・そんなことは・・・」 以前にも男性にこのことを指摘されたことがあるのです 決して毎日ガーターストッキングなわけでもないのになぜか身に付けた日に限ってこんな風に男性に出会ってしまうのです 先ほどこの方が口にした・・・ランジェリーの効果のせいなのでしょうか
「スリップは透けて見えるものか?」
「・・・わかりません 全て薔薇柄のレースで構成されたものですから」
「ふふっ 肌が透けて見えるな ブラはどんな形なんだ」
「普通ですっ・・・フルカップのレースだけのものです」 Gカップのバストはそれ以上の大きさを強調する必要などないのです 
柔らかにシルエットを整えるためにストレッチリバーレースだけで作られたカップが一番つけ心地がいいのです 日本製の幾重にも不織布を重ねたものは・・・身体の変化を響かせない効果はありますが・・・わたくしには不要なボリュウムを加え過ぎるので好みではありませんでした
「イタリア製だね 相変わらず祥子の下着は趣味がいい」 
「なんで・・・そんなことまで」
「僕はファッション写真も撮るんだよ 仕事上の知識さ」 ふっ・・と唇をゆがめるような笑みを浮かべます
「それにね さっき手のひらに祥子の大きくなった乳首を感じたからね」
「いやぁ・・・」 既に身体が男性の与える淫らな刺激に反応してしまっていることを知られていたのです
「続きです パンティはいつも通りのTバックなのかい?」
「・・・は・い ・・・いつもじゃ・・ない・・です」
「いつもじゃなくても僕は君に出会った二度とも祥子の白い尻をこうして下着を付けたままで嬲れるわけだ」 背の手を無遠慮に腰に下ろすと・・撫で回すように腰を撫でぐいっ・・と掴み上げるのです
「あうっ・・・」
「もうパンティの色が変わるほどに濡らしているのか?」
「そんなこと・・・」
「見ればわかることだ 嘘をつけばお仕置きをする もう一度聞くよ 祥子 もう濡らしているのか?」
「・・・は・ぃ・・・」 色が変わるほどではないにせよ 服を着たままなのにわたくしのガーターストッキングの上の内ももはもうしっとりと・・・ぬめりを帯び始めていたからです
「いいコだ 祥子 ここで・・僕の前で服を脱いでご覧 ゆっくりとストリップをするんだ」
「・・や・ぁ・・できませ・・ん」 男性の目の前での脱ぎ着など もっともはしたない無防備な姿を晒すなんて・・・わたくしにとって身支度は男性の眼の届かないところで済ませるものなのです
「もう こんなになってるんだ」 わたくしの手を男性の前に・・・押し付けるのです そこは明らかに堅く昂った塊がひくひくと蠢いておりました
「強姦のようにパンティを引きちぎって犯されたいか? そうしたいのを堪えているんだ もう一度聞く 祥子 僕の目の前でストリップをしてみせなさい」 男性の声は高ぶりも感じさせないいつもの深く甘い声なのです 切羽詰まることもなく切々とわたくしに命ずるのです
でも・・・ストリップなんて・・でき・・な・い
ふるふるとわたくしは首を横に振りました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
あけましておめでとうございます
男性はこのように女性の言葉を欲しがるものなのですね
とてもわたくしにとって恥ずかしいことなのですが・・・
どうぞ今年もよろしくお願いいたします
1月4日 13:40
祥子 URL 2006/08/16(Wed)18:44:30 編集
無題
>決して毎日ガーターストッキングなわけでもないのに
>なぜか身に付けた日に限ってこんな風に男性に出会ってしまうのです
どうしてでしょうね。^^
よほどのミニでもお召しでない限り、
パンティストッキングかガーターストッキングかを当てるのは、実際には至難です。
それなのに・・・
フェロモンという言葉はいささか使い古されてまいりましたが、
やはりキワどい衣裳を身に着けた女性は、なにか浮き立つような「気」を発散し、
女を狩ろうとする男たちはそうしたものを敏感に察知するのでしょうか・・・

美しい女性にいま身につけている下着の色を口にさせ、しまいにはストリップをおねだり。^^
男ならいちどは誰もが夢想する光景ですね。
お美しい祥子さまでそうした「男性の夢」をかなえていただき、まことに嬉しく思います。^^
1月3日 22:30
柏木 2006/08/16(Wed)18:43:52 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]