忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11 2007 / 02
「あぁっ・・」
高梨さんの左手は、全く容赦しませんでした。
ナイティの左肩をぐいと引き下げ、ハーフのGカップのブラに収まり切れずに上でたわわに揺れる、白い乳房さえカメラの前に晒すのです。
「それも、このナイティのために選んでくれたんだろう。嬉しいよ。」
確かに、おっしゃるとおりでした。
ご一緒に花見をしたあの日。わたくしにプレゼントをしてくださったこの素晴らしいナイティのために、このランジェリーのセットを同じショップで買い求めたものでした。
さくら色という同じ色を求めるのが難しい微妙な色味を、プロのフォトグラファーである高梨さんの眼は見逃してはいませんでした。
ジィィ・・・カシャ ジィィ・・・カシャ ジィィ・・・カシャ
わたくしの肌の柔らかさを確かめるように指先でなぞりながら、彼の指が首筋からブラの端まで降りてゆきます。ブラの上に出ている一番柔らかい部分に指先をめりこませる間もシャッター音は止まりません。
「ここにキスマークを付けたくなるな。」
「あぁん・・ゆるし・・て・・」
「ふっ、祥子がどのくらい感じているのか、確かめさせてもらおう。」
ジィィ・・・カシャ ジィィ・・・カシャ  ジィィ・・・カシャ
「あぁぁぁ・・・だめ・・ぇっ・・」
高梨さんの左手にブラのカップを引き下ろされ、はしたなく昂り切った鴇色の先端までスマートメディアに写し込まれてしまうのです。
羞恥に身を捩り、レンズから逃れようとしても高梨さんの手がそれを許してはくれませんでした。

「祥子。」
「おねがい・・・ゆるして・・」
わたくしは、後ろから抱きしめたままの高梨さんを振り返りました。
「何を許すんだい。」
「おしゃしん・・・はずかしい・わ・・」
「恥ずかしがる祥子を写したい。」
そして、また肩先に唇を触れるのです。
「ここが桜色に染まってとてもきれいだよ。その声も、もうこうしていても香るほど溢れさせているフェロモンも写し込めないことが残念でならない。カメラに感じている祥子をもっと写したい。きっと綺麗だ。」
ジィィ・・・カシャ ジィィ・・・カシャ ジィィ・・・カシャ
「あぁぁ・・ん・・」
ウエストを掴んでいた腕を解くとわたくしの足元に膝を突き、剥き出しにした乳房の先端をねぶりながら、右の肩も乳房も剥き出しにしてゆきます。
アングルのせいなのでしょう。
わたくしをリクライニングチェアの側から一歩も動かさず・・・愛撫を重ねてゆきます。
高梨さんのおっしゃるように、カメラには声は写りません。
それでも、左右の乳首を交互に舌先に転がされ指先で揉み込まれて、あられもなく引き出される溢れ出る喘ぎを堪えようと、わたくしは左手の中指を噛むしかありませんでした。
「あっ・・・あふっ・・・ぁぁっ・・・」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ × [PR]