忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

わたくしの口元に男性は無言のままで精液にまみれた塊を差し出しました
唇をそっと開けて差し出した舌先で先端に滴りそうになっている液体を舐めとり・・・そのまま塊を口に含み舌を万遍なく這わせ・・・塊の奥に残っているであろう精液までを吸い上げて・・清めたのです

 
「そのまま待て」 正座をし、男性を見上げるように顔を仰向けた姿でわたくしはボクサーショーツを引き上げ男性は最初の部屋に戻りました

 
「・・・いやっ・・」 間もなく戻って来た男性の手には二つの卵状のプラスチックがついたローターと医療用のテープが握られていました
男性はわたくしの全てを犯すと・・・言っていました
ベッドにわたくしが吊られた時のままに置かれていたのは2本の赤い縄とローションのボトルだけでした
「・・・やめて・・もう括らないで」 縛められ動きを押さえ込まれて苦痛を快楽に変えられるあの記憶がわたくしに蘇ります
「せっかく従順になったとおもったのに もう逆らうのかい 祥子は」 そう言いながら怯えるわたくしの表情を見つめる男性の顔には満足の笑みが浮かんでおりました その手は一本の縄を捌きはじめたのです。
「・・・ゆるし・て・・おねがい もう・・逆らわない・・だからくくらないで」
「大丈夫だよ 祥子 もう吊ったりはしないよ」 片頬を上げたまま男性が縄を二つ折りにします
「これは君が強情を言って僕に切らせたからブラの替わりだ」
「そんな・・・替わりのランジェリーはあるって・・・」
「祥子なにか誤解してないか これはお仕置きなんだよ」 
しゅるっ・・・白い乳房の上に赤い縄を二重に巻き付けます 二つの膨らみの間で一つ結ぶと次は自らの重みで撓む白い乳房の下に・・・そして縄尻で最初の結び目にきつく下の縄を引き上げる様に止め付けるのです

 
「あうっ・・んふ・・」 縄に挟み付けられはり出したGカップの膨らみはランジェリーのサイズ以上の存在感を主張していました
「祥子には 縄が良く似合う 責めがこれからなら股縄もかけたいくらいだよ 邪魔だからいまはしないがな」 白い肌に黒のロングヘアと黒のレースのガーターベルトとバックシームのストッキング・・・そして赤い胸縄 隠すことも許されない太ももの間の漆黒の茂みさえどれほど淫らに男性の視線を誘惑していたことでしょう
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]