忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ほら・・こんなにして はしたないね 祥子 力を抜きなさい」 1本だった指を2本に増やし・・ローションを加えてくちゃ・・ぴちゃ・・と・・・男性の指はわたくしの身体から何度も何度でも快感を引き出すのです
「・・ぁああぁぁん・・はぁ・・んぁ」 快感に合わせて締め付けることも許されずわたくしの身体は花びらの奥から愛液を溢れさせつづけてしまいました
「アナルでもいい声で啼くようになったね 祥子 その声 びんびんと響くよ」 男性はうっとりとした声音でわたくしの淫らさを言葉にします
2本の指はゆっくりとした出し入れから胎内で捻るような動きに・・・そして指をV字に開く様に蠢くのです
「はぁっ・・・いたぁ・ぁぁぃ・・」 慣らすためではなく拡張するための動きはそれでもまだわたくしにぴりっとした痛みを与えるのです
「力を抜きなさい そう もう一度だ」 男性は付け根まで入れた指を開いた状態のままでゆっくりと引き抜くのです
「ぁっ・・ぁはぁぁ・・ぁ・・ゆるし・・て・・」 指先が内臓をゆっくりと擦りあげ同時にアナルをゆっくりと開いてゆくのです

 
「仕方ないね祥子は どうしてそんなに締め付けるんだ」 男性の開いた指をすぼめてしまうほどにわたくしのアナルはきつく反応してしまうのです
「感度がいいのも困ったものだ 愛液がこんなに溢れているんだから感じているんだろう 祥子」 すぼまりに入れた左手の指の動きを止めることなく 男性は右手をぷっくりと膨れた真珠に這わせました
「はぁぁん・・いいぃぃ・・」 アナルを愛撫されることで響きつづけていた疼くような快感を溜め続けた真珠はわたくしに突き抜けるような悦びを突きつけたのです
「こんなにして アナルが余程気に入ったと見える 僕の前にここを与えた男達にも今みたいな淫らな声を聞かせたのかい 祥子」 片手で花びらに溢れる蜜を真珠になでつけながらもう一方の手はアナルを拡張してゆくのです
「いやぁぁ・・・そんなこと・・言わない・・・でくだ・・・さぁぁぁい」 他の男性との淫らな複数での行為までも・・・彼が知っていると言われたような気がしてわたくしは一層羞恥をかき立てられてしまうのです

「アナルばかりに気がいくからついきつく締めてしまうんだな こうしていると随分素直じゃないか それとも真珠にローターを当てたらもっと素直になるのかい 祥子」
「いやぁぁぁ・・・しないでぇぇぇ」 絶頂を迎えても動きを衰えさせないうずらの卵ほどの大きさのプラスチックの塊の振動は わたくしの理性を怯えさせるのには十分だったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]