忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「それとも祥子の3つの穴に全部欲しいのか やっぱり欲張りで淫乱だな 祥子は」 そんな・・・違いますぅ
 

「祥子 口をあけろ!!」 質問の間ひくつき先端に汁を滲ませた塊をわたくしの口に押し込みました
「うぐっ・・っく・・・」 わたくしの髪ごと頭を両手で掴み 男性の思うがままに激しく前後に動かすのです 
「そうだ まったく祥子の口は性器だな 絡み付いて うっ・・・いいぞ」 わたくしの舌はもう男性の裏筋を支え・・這ってゆくだけの余裕しかありませんでした
代わりにわたくしの上あごの・・・ざらつきが引く男性の敏感な先端を胎内の数の子天井と同じように刺激しつづけるのです
「ふ・・ぁっあぅん・・」 奥に突きいるごとに男性の太ささえ増してゆくようです 上顎を滑り喉を塞ぐほどに深く言葉通りわたくしの口唇を犯し続けるのです
「祥子 美味しいか?」 男性の声は快感に僅かに上ずっていました
「ん・・・んぁうっく・・・」 返事をしたくとも 犯されつづけているわたくしは声を満足に発することすらできなかったのです
「そうか もっと味わわせてやる ほら!!」 答えようと動かした舌のぬめりが男性を一層昂らせたようでした
「くぅ・・ん・・っくふ・・」 口腔は唾液と男性の先走りとでぬとぬとと濡れ・・・はげしい塊の動きはわたくしの唇の端から淫らな香りのその液体を滴らせさえしたのです
「いくぞ 祥子! 飲ませてやる!!」 ずくっ・・ずん・・
「いくっ!!!」 ずっん・・ 喉奥を突き破るほど強く3度突き入れると 塊は 熱い精液を噴出させたのです

 
「ふっ・・・んくっ・んく・あ・・はぁ」 最初の脈動を口内へ そのあとの噴出はわたくしの顔を襲いました
鼻筋に頬に・・・男性の熱い・・・白い精液がふりかかります そうされながらわたくしは口腔に放たれた精液を一生懸命飲み込んでいたのです
「こんなになっても祥子は綺麗だ」 三度男性は髪を後に引きわたくしの顔を仰向けさせます
「精液を浴びてもまるで汚れをしらない聖女のような表情で男をそそる 身体はこんなに淫らに反応しているのにな」
「あうっ・・・」 男性の左手がふいにわたくしの乳首を捻ったのです
「フェラチオをさせられただけでこんなになるなんて なんて淫乱なんだ 祥子は」 わたくしの唇に吐出しても男性はまだわたくしへの責めを止めようとはしないのです
「こちらを向け 祥子」 顔を伏せようとするわたくしをもう一度仰向けさせると・・・優しくティッシュで頬の鼻筋の・・・精液を拭うのです
その指先の優しさはこれからの責めに戦いていたわたくしをほんの少しだけ・・・ほっとさせたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様・takehibiki様
柏木様
柏木様はきっとそのような女性と既に出逢われているのですね
身体は全て男性を喜ばせるための器官なのに
それでも・・・・そんな女性に
男性はそんな女性をどこまで嬲り抜けば
お気が済まれるのでしょうか

takehibiki 様
お久しぶりでございます
そんな・・・同じことをなんて・・・恥ずかしいです
でもお越しいただけてうれしいです
ありがとうございました
12月6日 16:56
祥子 URL 2006/08/16(Wed)16:52:41 編集
無題
祥子さま
ご無沙汰です。。
「ふいに乳首を捻った・・・」
同じ事を考えてましたよ・・
12月6日 5:48
takehibiki 2006/08/16(Wed)16:51:56 編集
無題
>口は性器
いえいえ。
魂すらも性器のような。
でも、汚され抜いたうえでなお
>聖女のような
という女性。
そういう女性を相手にするとき、男はたいがい負けてしまうのかも。
どれほど玩び嬲り抜いたとしても、
女の魂と男のカラダでは、勝負はみえていますから。
12月5日 22:18
柏木 2006/08/16(Wed)16:51:23 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]