忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
26 2017 / 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

丹念な男性の秘めた部分への愛撫に加えて 終わりのない無機質な快感を与えられつづけた経験は・・・わたくしにはなかったからです
「わかったよ 祥子 そんなことはしないさ 怯えるんじゃない また締まるじゃないか」 わたくしの怯えさえ快感に混ぜ込むように右手の真珠を嬲る動きを早めてゆきます
「ほらもう痛くないだろう 祥子 こんなに柔らかく指に吸い付くようになってきたよ」 広げた指を捻る様にして抜き出してゆきます
「あぁぁっ・・んんぁあ・・だめぇぇ・・・」 真珠とアナルから送り込まれる快感に花びらが内側を押し広げる熱い塊を欲してひくひくと愛液を溢れさせてしまうのです
「あっ・・はぁ・・ぁん」 真珠を撫でる右手の快感が男性の親指による花びらへの浅くもどかしい愛撫に変わります 

 
「どうだ 祥子」 男性の声とともにまたローションがアナルへ滴らされ・・・男性の指が3本に増やされたのです
「あうっ・・き・つぅぅぃ」 引き裂かれるような痛みはもうありません ただ・・経験したこともないほどに大きな異物を押し込められているような圧迫感だけがわたくしを襲いました
「僕のは祥子も知っているように大きいからな ふふ このくらいだろう」 男性はそれでもわたくしの身体の反応を探る様にゆっくりと指を進めてゆきます 
「おっき・・ぃぃぃ はぁぁん・・だめぇぇ」 第二関節を埋めるほどに突き入れ・・引き抜かれる動きにわたくしのアナルはなす術もなく犯されておりました これほどの拡張にはその襞を柔らかくしなやかに添わせるほかはなかったからです
「いいぞ祥子 そうだ ふふ こんなに感じて・・可愛いよ 親指さえ吸い込まれそうだ」 アナルに左手の3本の指を花びらに左手の親指を同時に抜き差しし・・・右手は親指の動きで汲み出される愛液で滑る真珠の上を滑ってゆくのです
「あぁん・・だめぇぇ・・いっちゃぅぅぅ」 わたくしの身体はたった1人の男性の指戯に秘めた場所を嬲り尽くされ・・翻弄されていたのです
「いきなさい 祥子 いけ!!」 指の動きをはやめた男性はあっけなくわたくしを頂きに押し上げたのです
「あぁぁぁ・・・いっ・くぅぅぅ」 自由な両の手で枕元のシーツを握りしめてわたくしは絶頂を迎えたのです
 

なのに・・・これでは許されなかったのです
「あっうっ・・・」 頂点で収縮しきった胎内のひくつきをその指で確かめた男性は 次に訪れる弛緩をはじめた一瞬を狙ってわたくしのアナルを昂り切った塊で貫いたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントありがとうございます
お返事が遅くなってしまって申し訳ございません

柏木様
玩具という存在がこれほどまでに快感をもたらすとは
わたくしはいままで知らなかったのです
決して男性の身体が与えるものよりも優れているわけではないのですが
あの止まらない疲れを知らない振動は
わたくしを我を忘れさせるほどに狂わせるに十分なのです

かず様
男性の手を全て駆使されての愛撫なんて・・・
あまりに激しすぎてめまいがしそうでした
過去にも経験があるとはいえあまりに湛然な愛撫に
わたくしはそれだけでいってしまったのです

エルム様
わたくしのところまでお越しいただけるなんて
ほんとうにありがとうございます
それに・・・過分なお褒めの言葉 恐れ入ります
どうかこれからも宜しくお願い申し上げます

淫牡乃歓様
ようこそいらっしゃいませ
もう何度かコメントのやりとりをさせていただいていたので
こちらにお越しいただくのが初めてとは思えませんでしたの
ありがとうございます
わたくしの拙い文章にそう感じていただけたのなら幸いです
これからも宜しくお願いいたします
また、お伺いいたしますね
12月12日 15:27
祥子 URL 2006/08/16(Wed)17:13:09 編集
無題
今回、こちらに初めて投稿させていただきます。

祥子さんの文章を見ていると大人を感じさせる落ち着いた雰囲気の中に濃厚な卑猥さを混ぜ込んだ感じがとても心地よく思えてきます。
その為の妄想を膨らませ形にする力はさすがだと思いました。
12月11日 7:32
淫牡乃歓 URL 2006/08/16(Wed)17:12:15 編集
無題
はじめまして、エルムと申します。
 先程は、わたくしのブログにコメントを寄せて頂き、有難う御座います。

 貴女様のブログを、ざっとではありますが拝見させて頂きました。
 文章全体から艶っぽさ、妖艶さが伝わり、とても素晴しいですね。
 わたくしは遅筆なので、毎日これだけのストーリーを紡ぎ出せる貴女様は凄いと思います。
 さっそく、貴女様のブログを「お気に入り」に登録させて戴きました。
 これからは毎日の様に訪れたいと思います。

 それでは。
 
12月10日 23:22
エルム 2006/08/16(Wed)17:11:27 編集
無題
やっとアナルに突き刺してもらえたね。
太い男塊を充分味わうがいいよ。
それにしても3本も…親指は花びらに…真珠にも同時に…悦んでる祥子の姿はかわいいよ。
 かず
12月10日 17:14
かず 2006/08/16(Wed)17:10:59 編集
無題
>終わりのない無機質な快感
無情であるはずのものが情をかきたてる。
たしかにそういうことが、あるのですよね。
シーツを握りしめ・・・あえて自由を与えることで、間断ない喘ぎを愉しむ・・・
計算しつくされた陥穽、と申しましょうか。
12月10日 8:33
柏木 2006/08/16(Wed)17:10:39 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]