忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ふふ その言葉を祥子にあの夜から言わせたかったよ」 いきはて力の抜けたわたくしの腰を指を埋める様に押さえながら男性はなお腰の動きを止めませんでした
「祥子は従順で極上のMだ 淫らな告白をするだけでこんなにひくつきいき果てるとはな なかなかいないぞ こんなにアナルをひくつかせ入れている僕までいきそうにさせる女はな」 淫らな男性の言葉さえ快感で真っ白になったわたくしの脳裏には届かなかったのです 
ただ・・・唯一自由を許された腕だけがきつくベッドカバーを掴んでおりました

 
今夜幾度目の絶頂を迎えたのかすらも・・・もうわからなくなっていました ただ男性から送り込まれる快感に我を忘れて溺れることしかできませんでした
「はぁ・・ぁぁぁっ・・ん」 いままでこんな風にアナルを犯されいき果てたのは複数の男性達に弄ばれた時だけでした たった1人の男性にここまで深く身体の奥に潜む淫らな欲望を引き出され続けたのははじめてのことだったのです

 
「誰がいっていいと許した! 祥子!!許しも乞わずにいくとはな この淫乱!!」 わたくしが絶頂を迎えきつく男性を締め付けても・・・彼はまだ達してはくれませんでした いままで以上の早さでわたくしのつるつるとしたアナルの内壁の収縮を熱く堅い塊で突き崩し続けておりました 
激しい動きは身体の下敷きとなったGカップの乳房を荒い織りのベッドカバーに擦り付け・・・縛り上げ・絞り出されて敏感になったバストの性感を嬲るのです
「あん・・っくっ・・もうしわけ・・ありま・せ・・ん」 絶頂の波がわずかに引いて微かに表れた理性は 男性の叱責の声に無意識の内に・・・すすり泣くような声で従順なMとしてのお詫びの言葉を紡ぎ出したのです
「すっかり奴隷としての言葉遣いが身についたじゃないか 祥子」 思わず漏らした言葉の持っていた意味を指摘し・・・わたくし自身の口から身を貶めてしまった事実を語っていると・・・男性の言葉は思い知らせるのです 
「いやぁぁぁぁ・・・」 わたくしと交わるために様々なことを試みられた男性はたくさんいらっしゃいました 
ただ、自らをSだと仰る方の手によってお道具までを使われ 快楽に苦痛を混ぜ込みたったお一人でわたくしの羞恥を煽り何度も登り詰めさせた方ははじめてだったのです
SMと言われる行為とその手管はわたくしの心まで蝕みはじめておりました
「今夜拡張したばかりのアナルで何度いったんだ? 答えてみろ!!」 そして答えられるはずもない質問を繰り返すのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]