忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

微笑みを浮かべて・・・再度わたくしは首を横に振ったのです
「いいえ 素敵でしたわ こんなに・・・はずかしいのですが1人の男性に何度も狂わせられたのははじめてですわ」 そして長谷川様の手を取り胸元に抱きしめながらお返事をしたのです
「でも わたくしが探しているのはセックスのためだけのパートナーではないものですから」 そこまでお答えしてようやく彼と視線を合わせたのです
「こんな風にお逢いしていてこんなお返事・・・もう申し訳ないのですが こういう行為の為のお相手だとしたらあなただけのものになる訳にはまいりませんの」 長谷川様が息をのむ音さえ聞こえるようでした

 
「そうか 祥子を全て受け入れる覚悟がないと僕のものにはなれない というんだね」 わたくしはこくん・・と一つ頷きました
「それにあなたには奥様がいらっしゃるのでしょう」 わたくしよりいくつか年上の魅力的な男性なのです 家庭があって当たり前です だからこそ・・・わたくしは深入りするわけにはいきません
夏のあの日の偶然の出会いに決着を付けるために今夜出向いたのですから
「いや独りなんだよ 離婚してね」 余裕の笑みさえ浮かべながらも自虐の色を漂わせた声音で思いがけないことを口にします
「祥子も同じなんだろう 支配人からそう聞いている」 わたくしの瞳を覗き込んだままで質問を繰り出します
「ええ そうですわ」 離婚して数年・・・フリーの仕事・独りの生活
「だから祥子がそんなことを望んでいるなんて思いもしなかった 僕はまだそんな関係を手に入れたいとは思っていないからね」

 
胸元に抱きしめていたわたくしの手を払って男性の左手は縄で引き絞られたGカップの左の乳房を握りしめるのです
「はぁぅっ・・・」 男性の視線に晒されていることで身体の芯に溜まっていた疼きがまた・・目覚めさせられてしまいそうです
「祥子 だったら、こんな風に逢うのは構わないのか? 今日の様に過ごすのはいいのか」 握り込まれた手のひらの中心を揺する様にしてわたくしの乳首を刺激します
「いつか・・・わたくしが誰かのものになる時が来るまでなら」 刺激に上ずりそうな声を抑えて答えました
「それは明日来るかもしれません それにどれだけこうして可愛がっていただいても・・・これだけの関係しか望まれないならわたくしがあなたのものになることはないのです それでもよろしいのですか?」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]