忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「おね・・がぁぁひぃぃ・・やめ・て・・えぇ」 たった一度・・・胸を打たれただけでもその衝撃の強さはわたくしを怯えさせるに十分だったのです 想像を超える痛みもそうですが・・その痛みさえ快楽に変えてしまいそうな・・・わたくしのM性が開花してしまうことが恐ろしかったんです
「祥子にはできるだろう 痛みさえ快感に変えられる ほら!」 膝立ちした太ももの間に手を差し入れて抜き出したその掌は・・わたくしの蜜でしっとりと濡れていました
「さっきよりも濡れてるじゃないか」 愛液で濡れた手を 腕を吊るされ引き上げられながらなおたわわに揺れる白い乳房に拭う様に擦り付けるのです
「祥子 お仕置きだといったろう 祥子の無傷な背中と尻に鞭で紅い絵を書いてやる」 
「あうっ・・ゆるし・・てぇぇ」 手のひらをローターの上に当てた男性は握りつぶすかの様に・・掴み切れない乳房に指を食い込ませて言うのです
「気が済むまで打たせてもらうぞ」 
「やっ・・・それだけは・・あぁぁ・・」 鞭の痛みにどれだけ耐えられるものか・・わたくしには想像もつきません
「祥子が僕だけの奴隷になると言えば10回で許してやろう どうだ?」 冗談とも言えない口調で先ほどの言葉を繰り返すのです
ふるふる・・とわたくしは首を横にふるしかありませんでした
「ふっ それじゃこれを限りかもしれないからな 気が済むまで打たせてもらおう」 気丈でありながら・・鞭への恐怖を滲ませるわたくしの表情をじっと見つめるのです
「一つだけチャンスを上げよう 僕の鞭を数えたまえ 30まできちんと数えられたら止めてあげるよ」 えっ・・・30・・も・・・「あぁ・・許して」
「そのかわり間違えたらもう一度 1から数え直しだ 30きちんと数え終わったらその手を解いてやる」 怯えるわたくしの顔を引き寄せると・・またディープキスを重ねるのです 手を縛り上げられ 胸縄で引き絞られたGカップの乳房の先端にツインローターをテープで止められた奴隷の姿のわたくしに・・・
「膝を開くんだ もっと!」 男性は閉じているわたくしの膝を肩幅ほどに開かせると先ほどの位置にもどったようです

 

「さぁ いくぞ!」 S性の齎せる喜びに酔った声が響きます
バシッ!・・ 「ひぃ・・とぉつぅ・・」
バシッ!・・ 「ふた・・ぁぁぁつ・・」 一打ちごとにまだ鞭を受けたことの無い場所を鞭の先端が舐めてゆくのです
バシッ!・・・「みっ・・ちゅうぅぅ・・はぁぁ・・いたぃぃ」
バシッ!・・ 「よっつ・・ぅぅ・・」 胸縄が走る細い場所は鞭を避けることができるのですがその起伏がいくつにも分かれた先端を時間差で脇腹に当てるのです
パァン!・・ 「ひぃぃ・・いつぅつ・ぅぅ」 はじめて柔らかな白い尻肉へ革が食い込むのです 脂の乗った場所の鞭音は違うのだと・・気づくことなど出来ませんでした
パァン!・・ 「むっつぅぅ・・ゆるし・・てぇぇ」 
パァン!・・ 「なな・・はぁあん・・つぅぅ」 ぎしっ・・梁に吊られている縄の音がします
バシッ!・・ 「やっ・・つぅ ・・ゃぁぁ」 
「妖しくなってきたな祥子 ちゃんと数えろ! いつまでも打たれたいのか」 一段と力を込めた一打が振り下ろされたのです
バシッ!・・ 「ひぃぃ とぉぉ・・」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
きーら様
メリー・クリスマス♪
素敵なイブの夜をお過ごしだったのでしょうか 
ふふふ 蝋燭ですか
白い肌に赤い小雪・・・きっと綺麗ですわね
12月25日 13:08
祥子 URL 2006/08/16(Wed)18:12:35 編集
無題
祥子さん、メリークリスマスです。
私も、鞭は大好きです。
その鞭で描かれた紅い絵は、ご主人様からの素敵なクリスマスプレゼントですね。
羨ましいです。
私は欲張りなので、この後、紅い蝋燭もおねだりしてしまいそうです。
12月24日 21:02
きーら 2006/08/16(Wed)18:12:08 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]