忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
22 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

男性はゆっくりと・・・ローションと精液にまみれた塊をわたくしから抜き取りました そして自らベッドサイドのティッシュで拭うと・・・足元にころがったローターを拾い上げ同じ様に拭ったのです
わたくしは上半身をベッドにもたせかけた俯せの姿のまま・・・喘いでおりました ベッドカバーを掴んでいた指さえも弛緩し顔の両脇にただ投げ出されていたのです
逝き疲れて・・・自ら身を起こし・・精液にまみれているはずの狭間を拭う気力さえなくしておりました
「祥子 大丈夫か?」 男性の冷たい指先で腰を掬われて・・・ようやくベッドの上に仰向けに横たえられたのです
脚元に回りガーターベルトの留め具を外すと、力の抜けた足先からするするとシーム入りの黒のストッキングを脱がしていったのです そのまま腰に手を回し背にあるガーターベルトのクリップを外して・・・胸縄だけの姿にしてしまったのです
わたくしの上半身をベッドに座った男性の膝に引き起こすと・・・ねっとりとした汗で額にはりついた黒髪をかきあげ・・・重ねた唇から冷たい水を口移しにくださいました
「・・んくっ・・んくぅ・・」 声を上げ続け・・芯から悦楽を引き出された身体はまだ微熱をもったように火照っておりました 少しひりつく喉に口移しのミネラルウォーターは甘露そのものだったのです

 

「さすがに疲れただろう ふふ あんなに強情を張るからだよ 祥子」 責めを終えた後の男性の言葉が・・・いつしか変わっていました
確かに紳士になり・・・優しく労る口調なのです でも彼はもうわたくしを<祥子さん>とは呼ばなくなっていたのです
「もっと奔放に快感を貪ればいいんだ 他の女達はもっと早くから淫らな言葉を自ら口にして快楽をねだるものだがな」 ふふ・・・含み笑いさえいままでとはなにか違うのです
「できません・・・そんな・こと・・」 上から見つめる男性の優しい表情が眩しくて・・わたくしは胸を覆う手に力を込め・・・太ももを一層強く寄せ合わせたのです
「そんなところが ふふ 一層そそるんだよ 隠語をあからさまに口にするような女達と違ってね」 男性の視線がわたくしの身体の表面を・・・這ってゆくのです
「アナルをあんな奥まで犯された後でさえ そんな風に羞恥の姿を見せるところもね 手で覆うと赤い縄が一層映えるよ また手を後に括ってやりたくなる」 
「お願いです・・手はくくらないで・・おねがい」 手首にはうっすらと最初の責めの縄痕が残っておりました また自由を奪われたまま・・・淫らな責めを与えられる恐怖に・・・男性を濡れた瞳で見つめ哀願の言葉を口にしてしまうのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
遅くなりました
コメントありがとうございます
お返事が遅くなってしまって申し訳ございません
なにせ・・・長谷川様が離してくださらなくて・・・

柏木様
わたくしはあまりこういういい方は好きではないのですが
<プレイ>の間はわたくしを呼び捨てにしていたのです
そのかわり昂ったひとときが過ぎるとその狭間の時間には
きちんと二人の間の距離を取り直すかの様に<祥子さん>と呼んでくださいました
今この時・・・彼の中のわたくしは<祥子さん>ではなく<祥子>になった
そのことが思った以上の意味があるのだとわたくしは気づかされるんです

HAI様
手に入らないものほど欲しくなる・・・男性の性なのでしょうか
わたくしよりも年上の彼がこれほどに何度も
求めてくださるなんて考えもしなかったのです
虜・・・なのでしょうか

economy様
貴BBSでご案内いただいていたにも関わらずメールも差し上げずに失礼いたしました
凡田様の世界・・・お知らせいただいてありがとうございます
絵と文のコラボレーション素敵ですね
まだゆっくり読ませていただけてなくて・・・
落ち着いて完読させていただいてから
詳しい感想はあらためてそちらに差し上げる様にいたします
12月20日 7:21
祥子 URL 2006/08/16(Wed)17:40:39 編集
無題
ごめんなさいね。またコメントではございません。

 凡田氏の作「サデイスティックパーク」等、初期のいくつかが、掲載(凡田氏の確認が取れました。)されているサイトがございます。

 http://members.at.infoseek.co.jp/e_bonda/novel.htm です。CG等不完全、且つ、彼は、作を何度も修正した方ですので、最終Verではないと思います。(なんか、メールはすぐ返信を頂きましたが内容が、世捨て人のようなメールで、もう少し若々しくせんかい、ですが、色々ありましたしねぇ。彼は、私より5つ上です。)
 というわけで、「凡田 英二」の世界をご堪能下さい。

                                economy
12月18日 0:48
economy 2006/08/16(Wed)17:31:08 編集
無題
殆どの力を抜かれて、
甦った記憶に瞳潤ませても
その奥に揺れている、
輝きを失わない気高き魂の焔。

これがまた…見るものを虜にさせ‥
彼も、その一人となったわけだ……
12月17日 23:21
へっぽこゲーマーHAI 2006/08/16(Wed)17:30:31 編集
無題
>でも彼はもうわたくしを<祥子さん>とは呼ばなくなっていたのです
中庭に連れ出したあたりから、呼び捨てになっているのですね。
彼が獣と化(な)る瞬間・・・だったのでしょうか。
12月17日 19:17
柏木 2006/08/16(Wed)17:30:01 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]