忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「祥子の口 祥子のアナル そしてもう一度祥子の花びらの奥まで犯してやる」 男性の手に力が籠ります わたくしの頭を抑え込むようにして唇から塊を抜き出しました 
「祥子 僕を見るんだ そう・・それでもう一度舐めてごらん 眼をそらさずに」 男性の手がわたくしの髪を後に引きます 男性を見上げるためにわたくしは揃えた脚の上に僅かに腰を落としました
「くぅふっ・・ぁふん・・」 ぺちゅ・・・ 喉奥まで突き上げた男性のイラマチオでわたくしの瞳にはうっすらと涙さえ滲んでいたのでしょう
「そうだ 祥子 その眼だこんな風に犯されているのに なお男をそそるその表情 何度も何度でも僕のものにしたくなる」 わたくしをここまで自由にしてまだ・・・足りないというの・・・ 欲情の滲む言葉でわたくしを嬲る男性と視線を合わせることができなくなって思わず瞳を伏せてしまいました

 
「だめだ 僕を見ていろと言ったろう祥子」 指に絡めた髪を掴む手を一段と強く引くのです
「あっ・・んん・・・ごめ・んなさ・・い」 ふたたび男性を見上げました 唇を塊に引きつけ舌先を出して首をかしげ・・・れろれろと塊の側面に舌を這わせます
「そうだ キスで僕の舌に絡めた様にそう そうだ ふふ いいぞ 祥子の男をそそる表情と性器のような口唇 鞭を浴びた様に赤い痕の残る白い背中と黒のガーターベルト その先の真っ白な尻まで いい眺めだ」 わたくしは気づきませんでした 男性の眼にわたくしの姿がそんな風に映っていたなんて
「もう我慢できないか 祥子 そんなに腰を振って」
「いやぁ・・・」 ストッキングのかかとの上に落とした腰を羞恥に満ちた言葉に嬲られて・・・無意識の内にもぞもぞと動かしていたのです

 
「僕も若くはないからな3度は無理だ だから祥子に選ばせてやる どこに出してほしい?」 仁王立ちになった男性はわたくしを見下ろして言うのです
「祥子のこの口か?」 ふる・ふる・・首を横に振ります 
「それともこの間と同じ締まりのいい祥子の蜜壷か?」 ふる・・ふる・・そんなこと選べません
「拡張したばかりのアナルがいいか?」 やぁ・・・
「どこも嫌なのか 祥子 せっかく選ばせてやろうと言っているのに ん?」 これ以上犯されるなんて・・・わたくしは首を横に振り続けました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
おかえりなさいませ
早速にコメントありがとうございました
男の方がこういうシーンで選択を口になさる時
それはわたくしがどうしても恥ずかしくて
選ぶ事すらできないことが多いのです
長谷川様の言葉責め好きは
蝉時雨の庭ではじめてお逢いした時から存じておりましたが
まさかこれほどとは・・・あまりの仕打ちでございましょう
12月6日 16:30
祥子 URL 2006/08/16(Wed)16:48:09 編集
無題
ターゲットを犯す相手に選ばせる。
無類の嬲りを覚えます。
絶対弱みをみせない役柄のはずが
俺は若くはないから・・・
と弱みを見せたように見せかけて、一転してこれ・・・なわけですね・・・
うなりました。
12月5日 22:16
柏木 2006/08/16(Wed)16:47:46 編集
economy様
いらっしゃいませ コメントありがとうございます
economy様のような方にわたくしの文章が参考になりましたでしょうか・・・光栄です
「物品」読ませていただいております
なかなかハードですわね またその感想は貴BBSかコメントでさせていただきます
タイトルは・・・恐れ入ります そうお考えいただいただけでも嬉しいですわ
12月5日 7:40
祥子 URL 2006/08/16(Wed)16:47:10 編集
無題
どうも、economyでございます。URL・・え~と、自サイトを出すのが面倒でまた、入れませんが。
クリスマス用の作文をしておりました。女性が全て「言葉」にするもの、を書いておりまして、以前書きましたように、少し参考に致したいと。

この作で(上のシーン)、私が興味深いのは「目を見ろ。」と言うシチュエーションです。「快楽」或いは「苦痛」の中で、「目を見ろ」は私も多用します。結構、興奮?するSM的行為?だと、思います。

 十分、参考になりました。また、伺わせて頂きます。

 「物品 Buppin」いかがでしょうか。かなり、「厳しい」でしょう。この作は、行き着くとこまで行かせます。

 私は「小さな作」を作る際、ほぼ「タイトル」を後回しにします。まぁ、少しは浮かべてはいますが。
 女性名或いは、「24日」と考えていましたが、前記の際、どっかの「祥子」にするかもしれません。(そうすると、全部、名前変えなきゃいけないなぁ。「貴子」で書いていました・・・。でも、それもあてになりませんが。)
 
12月4日 13:50
economy 2006/08/16(Wed)16:46:25 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]