忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

17 2005 / 10
「祥子様 いい あぁ」 彼の腕は激しい腰の動きに少しずつずり上がってしまうわたくしの身体を留める様に頭に回され 頬を捉え 思いのままに彼が唇を貪れる形に留め置かれておりました
「もう・・あぁ・・かんにん・・また・・いってしま・・うぅ」 はしたなくまた上りつめようとしていることを・・・口にしなくてはならなくさせられてしまいました
「わかっています 祥子様 こんなにひくつかせて あぁ 私も限界です 一緒にいきましょう」 胎内で一段と太さを増した塊はわたくしを押し開き抜き差しのたびに敏感な真珠までを彼の茂みで嬲り・・・わたくしを押し上げるのです
「ちょうだぁい・・・もちづき・さぁ・・ん・・の・・精液で・・しょうこを・・まっしろに・・し・・て」 淫らなおねだりまでとうとう口にしてしまったのです
「しょうこ・・さ・ま・・しょうこ・ぉぉ・・・いくっ・」 純白の綾絹の長襦袢ごと抱きしめられ体奥まで逞しい塊に貫かれて・・・わたくしははじめて運転手の熱い迸りを子宮で受け止めたのです

 
ちち・・・ち・・

運転手とわたくしの激しい息づかいがおさまった頃 窓の外からは夜明けを告げる鳥の声が聞こえました
彼はゆっくりとわたくしから身体を離すと 長襦袢の袖をわたくしの両肩から抜きました
「あっ・・・だめ・・」 ふたりの身体の下敷きになっていた朝日に光る純白の絹で 彼の白い体液を溢れさせる花びらを・柔らかな狭間を拭ったのです
「いいのです これは私の宝物になるのですから」 そう言うとわたくしを抱き寄せて身体の下から長襦袢を引き出してしまいました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
残り香を感じる衣服はそれは愛おしいものです
でも・・・
その方に可愛がられて溢れさせたもので
汚してしまった高価な絹を人目にさらすことさえ
とてもとても恥ずかしいものです
望月さんは・・・あの長襦袢を柏木様がお書きになったようになさるのでしょうか
10月18日 7:55
祥子 URL 2006/08/15(Tue)13:09:45 編集
無題
服、というものは、かなり重要な意味をもつようですね。
女にとっても。男にとっても。
男の側からすると、寝室以外で目にする女の身体の大部分を包んでいるのが衣裳ですから、
視覚的に重要な位置を占めているのは確かです。
わたしもまえに、
いまは亡い不倫相手の身に着けていたワンピースを、人知れず抱き締める男の話を書いたことがあります・・・
10月18日 7:38
柏木 2006/08/15(Tue)13:09:22 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]