忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

17 2005 / 10
「さきほど私の名前を呼んでくださいましたね」 緩やかに腰が動きはじめます
ようやく彼を見上げ こくん・・・とわたくしは頷きました
「うれしかった いきながら祥子様に呼ばれるなんて どれほどあのままいってしまいたかったことか」 くちょ・・くちゅ・・ちゅ・・花びらからはまた淫らな水音が聞こえはじめました
「このまま 祥子様の中で いかせてください」 上体をわたくしに重ね唇を重ねながら彼の腰は答えを待つことなく・・また激しく動きだしたのです
「あぁ・・・あはぁぁ・・・んんぁぁ」 隣室の男性のことを忘れたわけではありません が、溢れるはしたない声をこれ以上押さえることはできなかったのです
 
「ここ ざらざらして これが数の子か いい」 浅く中程の上壁を抉る様に彼の先端が行き来するのです
「はぁぁん・・いいぃ・・のぉぉ」 中程から入り口までを押し広げる熱い塊を奥まで欲しくて・・わたくしは自ら腰を動かし始めてしまいました
「しまる なんで こんなに濡れてるのに あうっ」 塊を奥まで飲み込むように蜜壷はうごめいてしまうのです 
やんわりした女性の指で捕まえて奥へ送り込むような淫らな締め付けが運転手の快感を高めてゆきました
「あぁああ・・・もちづきさぁん・・わたくし・・もう・・だめぇ」 捉えられ愛撫されるような蜜壷の誘惑を振り切る様に彼は早く・強くわたくしを犯しつづけたのです
「かん・にん・・ぇ・・もち・づきさ・ぁぁん」 白い両腕は彼の広い背中に回されておりました こうしていれば少しでも激しさを押さえられる・・そんな呪文のようなつもりで

でも・・わたくしの腕の力は彼の欲望を押さえ切ることはできなかったようです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]