忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

16 2005 / 10
「やぁっ・・だ・め・・ぇ」 わたくしの目元も肩先も悦びに紅く染まっておりました
「主のものではなくて 私でいく祥子様を見せてください もっと声を上げて」 運転手はわたくしの手首を掴んだまま上半身を倒し込み両手を布団に押し付けて また腰の動きを激しくするのです
「あぁああ・・・やめ・て・・ぇぇ」 彼の言葉で・・快感で忘れかけていた襖の向こうにいる男性の存在を・・思い出させられたのです 
それでももう火のついた身体は喘ぎを押さえることなど出来なくなっていました
「やぁぁぁ・・・みない・・で・・」 緩やかな動きに焦らされていた密壷は強い刺激に彼の塊を中程と奥の2カ所できつく締め付けて・・・より強い快感にわたくし自身を追い込んでしまうのです
彼は主である男性にわたくしの乱れる様を誇示するかのように容赦なく責めつづけるのです
「あぁ・・かん・・にん・・」 密壷を逞しい彼の塊で 両手を彼の腕で押さえ込まれたわたくしは 髪を乱すほどに首を振ることしかできませんでした
「はぁぁ・・ふ・・あぁぁ・・もち・・づ・き・・さぁ・・ん」 眉間を僅かに寄せ薄く涙を浮かべる目元 額にほつれかかる黒髪を彼は見つめておりました
「その声 その表情 あぁ 祥子様 いってください」 ひくつく腰をこらえながら彼は塊をわたくしの奥まで ずん・・ずぅん・・と突き入れ子宮口をこねる様にねじ込むのです
「かんに・ん・・ぇ・・もちづき・さぁぁん・・い・くぅ・・ぅぅ」 これ以上密着できないほどに深く彼の塊を胎内に飲み込みながらわたくしはまた絶頂を迎えてしまったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]