忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

14 2005 / 10
「媚薬だなんて・・・あ・・・ぁはぁ・・ん・・」 さきほどまでお行儀良くしてきた右手が白い綾絹の長襦袢の上からわたくしの太ももをなであげたのです
「その声です」 左手はわたくしの首筋に差し入れられ柔らかな黒髪の生え際を刺激します
「ぁぁ・・んん・ん・・」 襖を隔てただけの隣室には彼の主である男性が眠っているのです 運転手の微妙な指使いに・・わたくしは声を押し殺そうと努めました
「もっと・・です」 長襦袢の上を這う手が予告もなく左の乳首をきつくつまみ上げました
「あぁぁぁ・・だめ・ぇ・」 一晩中の快感に立ち上がったままの先端は綾絹の刺激に疼きを高め 彼の指でわたくしの芯へ快感を送り込むのです
「その声です ほら祥子様おわかりでしょう 私は祥子様の声だけでもこんなになってしまんです」 わたくしの身体に押し付けられていた彼の塊はひくひくと震えておりました
フェラチオで達したあとの口戯でたしかに硬度を高めてはおりましたがこのひくつきは・・・彼がもっと欲情を高めたことを示しておりました
「はぁぁ・・ん」 彼の指先は長襦袢に陰を落とすほどに堅くしこっている先端を優しく嬲り続けるのです
「欲張りですね 祥子様にフェラチオをさせながらこの声が欲しかったんです」 喘ぐような吐息とともに軽く唇を重ねました
「でも 声まで聞いていたらもっと早くいってしまっていたかもしれません 申し訳ありませんでした 祥子様の口に出してしまったりして お許しください」 唇だけを触れ合わせるキスにわたくしは思わず舌先を差し出したくなってしまうのです
「いい・・の・・お口に・・欲しかった・か・・ら」 わたくしの声ははしたなく濡れていたに違いありません
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HAI様
HAIさん ありがとうございます
わたくしの声をそんなに気に入ってくださったなんて
嬉しいと同時に・・・恥ずかしくて
声だけは装うことができませんから
いつも・・・どんなときでもHAIさんのお心に
淫らに乱れたわたくしを思い出させてしまうのかもしれません
10月15日 0:56
祥子 URL 2006/08/15(Tue)12:57:07 編集
無題
その声です…えぇ、その声ですとも。
その声が‥魂を捉え、離さないのです…

そしてその肌色までも‥回線を越え、
眼の奥に書き込まれそうな。
10月14日 21:55
へっぽこゲーマーHAI 2006/08/15(Tue)12:56:36 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]