忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
22 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

16 2005 / 10
運転手は両足首を肩に抱え ときおり喘ぎを漏らしながら わたくしの眼をみつめたままで深く抉りつづけるのです
いまだ身体にほの輝く白の長襦袢をまとい付けたまま彼に組み敷かれておりました
「あはぁ・・・あぁ・おお・き・ぃぃ」 軽く腰が浮くほどに身体を二つ折りにされたままの行為はより深く彼を受け入れることになってしまったのです
「いいのぉぉ・・・あん・・あぁぁ」 じゅぽっ・・・くちゅっ・・ちゅ・・ 抜き差しをくりかえすたびに花びらからははしたない音を立てて愛液が溢れていました
「あぁ・・・はぁぅうん・・」 彼の塊は確実にわたくしを淫らな愉悦に押し上げてゆきました 白い腕は彼を押し留めようと宙を舞うだけでした
純白の長襦袢には大きく張り出したかりが汲み出す白く濁った愛液が次々と吸い込まれていったのです 
「あぁ しまるっ 祥子様」 普段から素肌を晒すことのない脚は肌理の細かい柔らかな肌をしておりました 運転手の両手は僅かに身を離すことも許さないとばかりにその脚を捉えておりました 
「あふぅぁぁ・・・あん・・だめ・・はげし・い・の・・」 正常位のままに貫かれ彼の動きにGカップの乳房は たふ・・たふ・・たゆん・・・とはしたなく揺れ続けました 
 
「あはぁぁぁ・・・また・・・いっ・・く・・」 何度も押し上げられているのに熟した身体はまだ浅ましく快感を貪ろうとするのです わたくしは何度も達してしまう淫らな顔を見られたくなくて 唯一自由な両腕で目元を覆いました 
彼の腕が肩に上げられていた両足首を左右に大きく割り 布団に下ろしたのです
荒々しいまでの腰の動きを緩めて・・高まり極まろうとしていたわたくしの快感は宙に浮いたままに留め置かれました
「祥子さま だめです 手をどけて いく顔を見せてください」 彼の両手がわたくしの手首を掴み顔の左右に引きはがしました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]