忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

15 2005 / 10
しょうこ・・さ・・ま 運転手はそう言うとまた激しく舌を絡めてまいりました
ちゅ・・・っ・くちゅ・・・ 舌の根元までむさぼるような口づけは彼の熱情を伝えてまいりました
「ぁふっ・・・っく・・」 唇を重ねたまま彼の身体はわたくしに被いかぶさり 彼の手で掻き合わされた長襦袢を今度は乱暴にはだけました
わたくしの腰に跨がり膝立ちになった運転手は自らの帯に手をかけ浴衣まで脱ぎ捨てました
先ほどのようなフェラチオができるように彼は普通男性なら浴衣の下に着けている下着を着けてはおりませんでした
しなやかな筋肉に覆われた長身の肉体と猛々しいまでに反り返った塊をわたくしは下から見上げさせられたのです
「ずっと・・こんな風に?」 ささやく声で彼に尋ねました
「ええずっとです 祥子様と主がお庭に散歩にいかれてからずっと」 躙り上がり・・・彼はわたくしの肩先まで・・そしてわたくしの唇にまた熱い塊を突きつけるのです
「また してほしい もういちど祥子様の唇で」 彼の手は塊に添えられて・・・先端から滴った透明な液体をルージュを塗り込める様にわたくしの唇の上を往復するのです
「あ・・・はぁ・・・」 一度達したにも関わらずまだ濃い牡の薫りをたたえておりました
「祥子様 さぁ」 彼の粘液で濡れ光りかすかに開き舌先が誘う様に見え隠れるす唇に・・ぐいっ・・と上から塊を突き出しました
「んぐぅ・・・く・・ぽ・・」 枕と彼の腰にわたくしの頭は挟まれ動けませんでした その喉奥までずっと彼の太くて熱いものを押し込まれるのです
「んんんぁぁ・・んくぅぅ・・」 容赦なく・さらに激しく・さらに奥まで・さらに熱く 彼の腰はわたくしの胸の上で動きつづけました 
「あぁ 祥子様 いいです もっと」 彼の塊を唇で柔らかくしめつけ・・・舌を蝶が舞う様にひらひらと纏い付かせ・・・あまりの激しさに飲み込むこともできない唾液はなめらかなぬめりを加えていました
 
「あぁ もうだめです」 ふっ・・突き入れたのと同じだけの唐突さで彼は腰を引いたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]