忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
23 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

15 2005 / 10
「なんて淫らな唇なんですか 二度もいきそうになってしまいましたよ」 彼の重みが肩先から外され・・・わたくしの足元に下がると純白の長襦袢に包まれた両脚を乱暴に開くのです
「・・や・・しないで・・望月さん・・・」 開かれた両脚を閉じる事ができないように彼は膝をすすめ 指で優しく・・でも躊躇なく柔らかい狭間を撫で上げたのです
「あん・・」 くちゅ・・・ 数十分前に温泉で清められた身体なはずなのに...はしたない淫らな水音を響かせました
「こんなにして フェラチオだけで濡れるんですね 祥子様は」 溢れる愛液は太ももを・・・会陰を伝わり・・・純白の長襦袢にはしたないシミをつけておりました
「この長襦袢は差し上げられませんね こんなにはしたないシミがついていたら」 花びらに留まっている露さえも滴り落とさせるような淫らな指使いでわたくしを嬲るのです
「いやぁ・・・」 彼の主である男性との戯れには気にしてはしたなく腰を浮かせる事までしたのに・・・彼との行為は高価な綾絹の価値を忘れさせるほどにわたくしを没頭させていたのです
「祥子様のためなら新しいものをいくらでもお作りいたします この長襦袢は私の宝物にいただいて帰ります。」 ぬめりを絡み付けた指先は大きくふくれあがった真珠までもをなでつけるのです
「あぅっ・・・やめ・・て・・あぁ・・もちづき・・さぁ・ん」 敏感な珠を執拗に往復する指づかいに わたくしはさらに蜜を溢れさせて達してしまったのです
 
「あぁ・・・祥子さま・・」 はしたなく快感に浮き上がるわたくしのたわわな胸元を確かめると彼は・・・塊を花びらに押しあて・・・奥深くまで・・はじめて塊を押し入れたのです
ぬりゅ・・・みし・・・ シーツまで濡らすほどに潤った蜜壷は彼の大きな塊を押し開かれる感覚と共に受け入れました
ちゅ・・くちゅ・・ちゅく・・ ゆっくりとでも奥まで・・子宮を確かめるような深さで塊を突き上げました
「祥子さま・・・これが・・あぁいい」 
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]