忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

13 2005 / 10
「ん・・んくっ・・・」 そのまま喉奥まで熱い先端を上顎にこすりつけるように飲み込んでゆきました
「うっ・・・」 運転手の手が無意識なのでしょう わたくしの頭を両手で押えるのです
ちゅ・・ぷ・・ 鼻先が彼の茂みに埋まるほど深く口腔に納めたところで 彼の裏側の中心線に舌先をあて・・くうぅぅっと頭を引くのです
「あぁ 祥子様」 くちゅ・・・ぺちょ・・・ すぼめた唇が張り切ったかりでそれ以上引けなくなったところで頭の動きを止めるのです
口腔はわたくしの唾液と彼の塊で満たされておりました 
っちょ・・・くちゅ・・・ 少しだけ頭を戻してから舌先は塊の下の合わせ目からかりの裏側をぐるりと回りまた合わせ目へ・・・そして唾液よりも粘度の高い液体を溢れさせている先端へと這わせたのです
「あっ だめです」 運転手の先端はまるで生き物のように 侵入してくるわたくしの舌先にやわやわとしたキスをくりかえします
くぽぉぉ・・・ちゅ・っ・・ 先端からは新たな粘液が湧きだします そのタイミングを待ってわたくしは深く浅く・・口唇での動きを伴った愛撫をはじめました
ちゅぽぉぉ・・・くちゅぅぅ・・じゅるっ・・・ちゅぅぅ・・・ 
「あぁああ・・・」 わたくしの頭に添えられていただけの両手が次第に力を増し やがて彼の思うがままに前後させられはじめたのです
「祥子様 なんて口なんですか こんな まるで あぁ」 キスをしながら突き入れられて・・・上顎は胎内と同じ数の子状だと言われたこともございます わたくしは快感を与える為の口内の動きだけに集中いたしました
じゅ・・・ぽ・・・ 彼の敏感な下側のすじを舌で不規則に刺激しながら先端が常に上顎をなぞるように・・・舌を隆起させるポイントを変えて撫で上げるのです
「いい 噂以上です あっ」 彼の塊が一段と逞しさを増したのです 
広がったかりが出し入れされるたびにわたくしの唾液は掻き出され赤い痕を散らした胸元をしとどに濡らすしました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]