忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11 2005 / 10
脚の力はとうに抜け落ちていました
腰にあてがわれている2つの枕がなくては男性に貫かれているはしたない姿勢を保つことすらできなかったでしょう
「っく すごい締め付けだ 僕もいってしまいそうですよ 祥子さん」 男性にも2度目の昂りが迫っていました 塊がいままでにない早さでわたくしを抉ってゆきます
「はぁ・・ん・・んん・・やぁぁ」 ようやく右脚を解放されたと思いました でもそれは左足指への新たな刺激でしかなかったのです
運転手は今度は親指から甘噛みを加えた口戯でわたくしを責めるのです
「おねがい・・・もう・・いかせ・ない・・で・・ゆる・し・て」 右足の愛撫の記憶と初めての刺激に敏感になった左足がアナルと胎内を耐えられないほどに淫らに変えてゆきます
「ああ いきそうだ 祥子さん」 まるでノーマルな性交のような激しさで男性はわたくしを犯すのです
「あああああ・・・いく・・ぅぅ・・ぅ」 左足の薬指を吸い上げられた瞬間にわたくしの性感は意識を白く飛ばすほどに高められ頂きに押し上げられてしまいました
「いくっ・・・あぁ」 短く喘ぎ声を上げた男性はわたくしの腰を引き寄せアナルの奥に熱い精液を何度も何度も叩き付けるように吹き上げました
熱い・・・内臓に直接注ぎ込まれた精液の感触だけを記憶に わたくしはまた意識を失っていたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
同じ刺激なのですが 微妙に違う右と左・・・
初めて受ける刺激には余計にそう感じてしまうのかもしれません
ちなみにわたくしは・・・左の方が敏感ですの
10月13日 11:34
祥子 URL 2006/08/15(Tue)12:34:55 編集
無題
右から左へ・・・
たんねんな愛撫、じぃんと感じてしまいますね・・・^^
さりげない箇所ですが、気に入りました。とても。
10月13日 8:09
柏木 2006/08/15(Tue)12:34:09 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]